ss

西武が、来季の新体制を早ければ10月4日に発表する方針であることが14日、分かった。球団は潮崎哲也2軍監督(45)の新監督就任を前提に、コーチングスタッフの人選に着手。球団幹部は「シーズンが終わって、できれば速やかに(コーチ陣容を含めて)発表したい」と説明した。



1軍は10月3日の楽天戦(コボスタ)がレギュラーシーズン最終戦。2軍は10月6日から秋季教育リーグに入る。西武はシーズン終了まで監督、コーチ人事の発表を控える方針だが、教育リーグは新体制で臨ませたい考えで、急ピッチで組閣を進めていく。

来季の監督について、居郷球団社長は13日に「ここから十何連勝したら代えられない」と田辺監督代行昇格の選択肢も示しているが、チーム状況に大きな変化がない限りは潮崎2軍監督に就任要請する見込み。その場合、田辺監督代行は配置転換され、球団に残留する。CS進出を逃せば、レギュラーシーズン直後にも「潮崎西武」が誕生することになりそうだ。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140914-00000321-sph-base


順調にキャリアを積んで来ていますし、
妥当なところに落ち着く感じになるみたいですね。

周りを固めるコーチ陣に、
どんなサプライズ就任があるか気になるところですが、
現時点で全ては決まっていないようなので、
正式に発表されるのが楽しみですね。