ff

DeNAのブランコが起死回生の一発を放った。

1点を追う九回1死一塁、阪神・呉昇桓の真ん中高めの直球を弾丸ライナーで左翼席に突き刺す逆転サヨナラ2ランを放った。

「ホームランを狙って打席に入った。実践できてよかったよ。高めの真っすぐを上からたたくイメージでスイングできた」と9月2発目のサヨナラ弾を喜んだ。




小躍りしながら主砲のホームインを待ち構えた中畑監督は、ブランコと熱い抱擁を交わし、そのまま軽やかにステップを踏んだ。負ければ自力でのCS進出の可能性が消滅する一戦。

「そういうところと背中合わせでいる中で、劇的な勝ち方。次への活力になる。野球は九回ゲームセットまで分からない。あす以降、頑張れる力が湧いてきたと思う」と興奮気味に話した。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140923-00000068-dal-base




高めをかなり強引にもっていって、
そのままライナーでスタンドに突き刺しちゃうのが恐ろしいですね。

DeNAは残り試合数が一番多いので、
とんでもない快進撃があればというところではありますが、
このところ打てない状態が続いているので、
何とか打線が奮起してくれる事に期待したいところです。