h

23日のドラフト会議で、阪神から1位指名を受けた新日鉄住金・横山雄哉投手と同2位・石崎剛投手が、鹿島市内の同社の施設内で阪神・佐野統括スカウトと担当の中尾スカウトから指名挨拶を受けた。



2人は和田監督から直筆のメッセージが入ったパスを受け取った。横山は「一夜明けて実感がわいてきた。新人でも開幕ローテに入れるように1年目からやっていきたい。先発という仕事を阪神さんが望んでくれているなら、個人的には2桁勝利が目標になってくる」と意気込んだ。

石崎も「これからも(横山と)ライバルとしてやっていきたい。数字よりチームの勝利に貢献したい」と笑顔で話した。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141024-00000033-dal-base


いきなり直筆のメッセージというところにも、
監督の期待の高さがうかがえますね。

横山本人も1年目から二桁勝利とかなり高い目標を設定しているみたいですし、
目標達成が出来るよう、キャンプからどんどんアピールをして、
ローテーション入りを目指してほしいところです。