o

ヤクルトが今年8月に国内フリーエージェント(FA)権を取得した日本ハム・大引啓次内野手(30)の獲得調査を行っていることが2日、分かった。大引がFA権を行使する場合を想定して準備を進めている。複数の球団関係者は調査していることを認め「守備力が高く、リーダーシップも魅力」と評価した。



大引は今季、主に遊撃手として132試合に出場し、打率・245、5本塁打、47打点。オリックスから移籍2年目で主将も任された。ただ、日本ハムの内野手は中島や、捕手からシーズン途中に三塁にコンバートされた近藤ら若手が台頭している。さらに、7月にレンジャーズからマイナー契約を解除された田中の獲得調査も本格化。二塁、遊撃、三塁をこなせる田中が12年以来の古巣復帰となれば、内野のレギュラー争いは激化する。

一方、ヤクルトは今季、遊撃手を固定できず、先発出場は森岡の68試合が最多だった。今季から就任した真中新監督は、守りを重視する方針を掲げており、就任会見では「投手補強はもちろんだが、センターラインを強化したい。ショートも課題」と話していた。先発投手では、FA権行使を表明したロッテ・成瀬の獲得に参戦。さらに2年連続最下位から抜け出すため、正遊撃手のFA補強にも乗り出した。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141103-00000000-spnannex-base


確かに大引はヤクルトっぽい雰囲気というか、
やたら似合いそうな感じはするんですけど、
稲葉、金子が引退した日ハムから大引まで抜けちゃったら、
チームのまとめ役を誰がやるんだって話になりそうです。

FA宣言をするとなれば全力で引き留め交渉をする事になるとは思いますが、
複数の球団から好条件のオファーがあったりしたら、
簡単には引き留められないかもしれないですね。