t

巨人の宮崎キャンプで8日、今季から兼任打撃コーチとなった高橋由が初ノックを披露。練習終了後には大勢の報道陣の取材を受け、「そんなに騒がれることなのかなあ」と困惑顔だった。

高橋由はチームのフリー打撃の途中、一塁を守っていた阿部の要請でノックバットを振った。本来は守備コーチの仕事だが、「他のコーチ(の体)が空いていなかった。コーチはコーチなので」と阿部。




主に一、二塁間へ打球を放ち、守備陣からは「いい回転の打球だった」(片岡)、「実戦に近い打球」(井端)とおおむね好評で、阿部も「ちゃんと打てるんだな」と感心した様子だった。

高橋由は「新鮮といえば新鮮だが、不思議な感じがあったし、半分は恥ずかしい」と苦笑い。兼任コーチの仕事については「自分の練習もしっかりしたいが、中途半端にならないようにしたい」と気を引き締めて臨むつもりだ。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150208-00000527-san-base


コーチがノックするのはごく普通の事なので、
本人が取材されまくって困惑するのも分かりますけど、
やっぱり由伸の初ノックとなるとちょっと特別ですよね。

こういった事をやりながら選手としての練習をこれまで通りこなすのは、
実際かなり大変なんじゃないかとは思いますが、選手としてもまだまだ必要な人なので、
上手く両立できるように頑張って欲しいですね。