y

日本ハム・斎藤には不本意な紅白戦初登板となった。先発して2回を2安打1失点(自責0)。2―0の2回無死一、三塁から石川慎に2ボールと制球を乱し、カウントを取りにいった直球であっさり右犠飛を浴び「走者を出してから制球が悪い。きょうに関しては収穫はあまりなかった」と厳しい口調だった。



最速140キロの直球で打たせて取る投球を心掛けたが、味方の守備も3失策と足を引っ張り、リズムに乗れなかった。

栗山監督は「直球でストライクを取れるかが分岐点なので、そこは良かった」と及第点を与えたが、今季5年目を迎える右腕に先発のポジションはもちろん、1軍さえ確約されていない。次回登板は14日のDeNAとの練習試合(名護)が予定されている。斎藤は「直球もスライダーも精度を上げないといけない。全てを修正したい」と話した。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150209-00000009-spnannex-base


2イニングで3つもエラーがあったら、
誰が投げていても中々厳しいものがありますよね・・・。

一軍に残れるかどうかはまだ分からない段階ですけど、
監督は一定の評価をしているようですし、この二年間に比べると、
今年は出番が多くあるんじゃないかという気がします。