se

キヨシにライバル出現!?DeNAランニングクラブの瀬古利彦総監督(58)が10日、1日臨時コーチでDeNAキャンプを訪問。中畑清監督(61)に負けず劣らず、歌でチームを盛り上げた。

まずは「トシヒコのひとり紅白」。中畑監督から紹介されると、瀬古氏は「歌ってもいいですか?」と突然の申し出。「走れ~走れ~中畑さん 本命穴馬かき分けて~」と、山本コウタローの「走れコウタロー」を替え歌で熱唱した。




瀬古氏は「オレも歌おうと思った。本命、穴馬をかき分けて優勝してもらおうということです」と説明。これには中畑監督も、「オレとキャラがかぶっちゃうんだよなぁ」と苦笑いだ。

練習前の円陣で、瀬古氏は「若いときに流さなかった汗は、老いて涙となって流れる」と熱い訓示。臨時コーチ業では、投手が短距離メニューのみで「私のテリトリー(長距離)ではないので…」と出番なしだったが、「今日は元気と情熱を伝えに来ましたから」と最後まで笑顔全開でチームに活力を与えた。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150211-00000026-dal-base


今年はすっかり歌ばっかり目立っちゃってますけど、
とうとう瀬古さんまで歌い出しちゃったみたいですね。

臨時コーチでもこうやって監督と一緒にチームを盛り上げようとしてくれる姿勢は、
チームの雰囲気に良い影響を与えそうな気がします。