oo

楽天の銀次内野手(26)と岡島豪郎外野手(25)が19日、沖縄・金武でブルペンに入って投手の球を受け、二塁送球の練習も行った。

横山の球を受けた銀次は「5、6年ぶりかな。ミットは嶋さんから借りて、防具は裏方さんのです。試合になるともっと速くなりますからね。難しいけど、思ったよりは捕れました」と話した。




昨年は1試合捕手として出場したこともある、辛島の球を受けた岡島は「僕たちが出ることになったらダメですけど、もしものためです。楽しかった。道具はシーズン中も常に持っています」と話した。

大久保監督は「リスクマネジメントだね。捕手2人制の場合は、捕手ができる野手を作っておこくとが大事。2人とも元捕手だけど、ブランクを縮めておくことが必要。練習試合のうちに2人とも1回ずつは守ってもらいたい」と説明した。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150219-00000063-nksports-base


大体捕手は3人体制になっているものですけど、
捕手がサブポジの選手が多い楽天だからこそ、
2人体制でも何とかなりそうではありますね。

さすがに銀次が捕手で出るような事は余程の緊急事態じゃなきゃ無いと思いますが、
岡島は年に1、2回捕手としての出番が回ってきそうですし、
こういった準備は後々役に立ちそうです。