cc

オリックス金子千尋投手(31)が20日、宮崎キャンプ2度目のブルペン投球を行った。

杉本アシスタントスタッフを相手に、まず立ち投げで12球。座らせて以降は、途中の立ち投げ2球を含めてちょうど30球を投げた。カーブ、シンカー、チェンジアップと変化球も交えた。




昨年11月29日の内視鏡による右肘骨棘(こっきょく)除去手術後、17日に初めてとなるブルペン投球練習。その時は立ち投げでの23球から捕手を座らせて5球だったが、3日ぶりのブルペンは球数を増やした。ときおり笑顔も見せるなど、順調な回復ぶりをうかがわせた。投球後にコメントはしなかった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150220-00000031-nksports-base


まだまだ100%になるには時間が掛かりそうですけど、
復活に向けて順調に回復しているのは何よりですね。

優勝する為にはエース金子の力は絶対必要でしょうし、
無理に復帰して途中で離脱みたいな事になるよりは、
しっかり完璧に治してから復帰してもらいたいところです。