トップページ団塊世代の趣味思考定年退職後の生甲斐/団塊世代が今後の人生を考える

団塊世代の趣味思考

職場から開放されて自分の自由な時間が出来た時、高学歴で無い人のほうが活動的になるそうです。

先日、新聞記事で読んだのですが退職後海外でボランティア活動をしたり、自転車で日本一周を目指したり、さらにはパソコンソフトを次々に開発している人たちは皆さん高校卒や中学卒の人達だ。

こんな内容の記事が出ていました。

この新聞記事によると、サラリーマン時代は素朴な上昇志向があり、マイホームを建てたい、あるいは子供を育て上げなければいけないという思いで自分を駆り立てるバネが誰にでもある。

しかし、定年というゴールに到達すると高学歴者はそのバネが弛んでしまうのかもしれない。

ところが中学卒や高校卒の人たちは在職中には学歴社会の中で不当な仕事を押し付けられたり、昇進昇格の面でも報われなかったりもして不満を持っていた。

それが退職して学歴社会の枠から脱した今からが自分を正当に判断してもらえると考えたり自分自身で人生を仕切れるという喜びを感じる人が多いのではないかと書いていました。

確かにそんなところは有るかもしれませんね。

私も2年程前になりますが母の墓参りに行った時、中学時代の同級生にばったり出くわしたのですが、自分で言うのもおかしな話ですが私よりずっと老けて見えました。

聞けば大手の銀行に勤めていたのですが今ではその子会社で更に窓際だよと笑っていました。

私などは自営業ですからまだまだ働かなくてはなりません。

老け込んでなんかいられません。

その気持ちの違いが顔にも出てきていたのかもしれませんね。

定年退職をゴールと思ってしまう人、そうではなくて定年退職をした後に更に自分の道を見つける人、この差は人生80年といた場合の残り20年に大きな影響を及ぼすのではないでしょうか。

定年退職をされた方、あるいはもう直ぐの方、退職後の生甲斐持っていますか?


トラックバックURL
この記事へのトラックバック
1. だいだいだ~い好き馬券様  [ だいだいだ~い好き馬券様 ]   2007年02月07日 20:54
らくらく購入マイホーム
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
プロフィール
団塊世代の退職問題がいよいよ始まります。私は自営業なので目の前に退職が迫っている訳では有りませんが、長引く影響で仕事も苦戦の連続、今後ゆとりのある生活を築くため頑張り続けます。



チェッカーズに登録
livedoor Readerに登録
livedoor Blog(ブログ)
livedoor (ライブドア)
Syndicate this site