横道鉱山の穴へもぐろう・・の前に第一目的の鉱山の穴にいってきました(・∀・)

 

その名はタイトル通り、「古宮鉱山」( ´∀`)つドゾー

 

・・・ほんとは更新する気なかったが、マフ巻がせかすのでやむなく(´-ω-`)

 

詳しくはマフ巻隧道の愛媛の鉱山癸横供

わたしゃ専門的なことわからないので、探訪記を( ̄▽ ̄)

マフ巻先生とちがった視点でお届けします( ̄ー ̄)ノ

 

横道鉱山の前に今回の目的である古宮鉱山へ、マフ巻君、ゴミムシ君と行ってきました。

車を置いて、長靴はいてリュック背負って出発だー!キャー!

 

さーどこに連れてってくれるのかと思いきや・・・

どうみても道ではない山肌を登るらしぃ( ̄▽ ̄)

「アルプさn大丈夫?」とか誰ちゃ聞いてくれん( ノ ー ̄)

鉱山があったのにこんな道なき道なんか( ゚Д゚)

DSCF5074

廃君先頭でたったか登って行きました。

おぅ!しょっぱなこんな道かい、わくわくするぜ( ̄ー ̄)

 

 

89990aec.jpg

おや、マフ巻君なにしてんだい?(゚Д゚ ;)ノコッチヨコッチー

「いや・・登れるかな思て」

んー(・ω・) そこ無理!こっちいらっしゃいー

 

 

1caeed86.jpg

おお!石垣あるやん(・∀・)

鉱山関係の建物か家があったのか、人がいたにおいがプンプン

・・・この石垣を・・・昇...........orz   

 

 

e82959de.jpg

おお!急斜面の防犯ジャリジャリや(・∀・)

ほんとずり落ちそうーーーーーーー

帰りは楽やったけどね(´∀`)

 

マフ巻君、ポッケの財布が危ないよー(・ω・)

滑り落ちてこんといてよ(゚Д゚;

 

DSCF5078

輝安鉱やーとうれしそうに鉱石を持ってくるマフ巻・・・

しかしそのへんにごろごろあったらしく、

「なんや、このへんいっぱいあるやん( ゚д゚)、」

と捨てる( ̄▽ ̄)

数少ないからこそ価値がある(・ω・)

 

 

人間の四脚を使って急坂を登ると・・・・・・・・・・

00b6367f.jpg

おおおおお

 

穴はつけん(σ ̄ー ̄)σ

 

 

ほんとにあっただなー(*´・д・)(・д・`*)ネー

 

ここに大金の財布が入ったリュックをおろし、探索だ。

 

 

そこから上を見ると・・・

 

ん?

9d66f8ec.jpg

なんと苔むした石垣が!(゜∀゜)

 

なんかあったんかな〜

行ってみよ〜〜〜ヘ(゚∀゚ヘ)

 

 

なんとか登ってみると、そこには・・・・・・・・・・・

 

c394916e.jpg

 

どでかいはつけん(σ・∀・)σ

 

なんじゃこりゃーーーーーーーーーーーーーー( ´゚д゚`)

こんな近くにこんな穴がふつーにあったとは・・・つゆ知らず・・・

 

下に大金の入ったry・・を置いたことなんて頭からぱーっと消えて

穴に入る・・・

 

 

0060a24c.jpg

  アルプ人生鉱山穴潜入(・∀・)どきどき

 

 

タラッター

 

マフ巻先生に川口浩探検隊みたいなライトをお借りし、穴に入る。ドキドキ

 

 

af9e052c.jpg

うおー真っ暗だ (・∀・)

 

こんな巨大な穴はマフラー巻きもびっくりだそうだ(゚∀゚)

 

 

48872643.jpg

あ、上から光が(´∀`)

 

これフラッシュたいてるけど、ほんとは真っ暗です。暗すぎます!

暗所恐怖症のあなたはむりでしょう!(誰

 

 

bc1fa38d.jpg

ワクテカのふたり・・・・どんどん進んで行きます。

 

だからマフ君お財布・・・・・・・・・Σ(´▼`;)

左ポッケは携帯かよΣ(・ε・;)

こんなとこで落としても見つけれんけんねーヽ(`Д´)ノ

 

わたしゃ穴の入口へん入って

「へーすごいねー(・o・)」

で帰るのだと思ってたら、奥の奥まで行くみたいや(;・∀・)

 

まさか最後の最後までいくとは・・・・・・・orz

地面がふかふかしてて、なーんだ、そう不気味じゃないやん(・∀・)

砂かな?と思ったら

 

マフ巻「いや、こうもりの糞よ」

 

 

 

 

●:・∵;(ノД`)ノ ヒイィィィーeーーー

 

こここここうもりの糞を踏んで歩いてるんですか・・・(|| ̄ー ̄)アリエン

 

1dd41c20.jpg

わお( ̄▽ ̄)

下に降りるのかい・・・

わたしが写真撮って遅れをとってると、ふたりともいつのまにか下に降りてたヽ(; ̄ー ̄)ノ

 

わたしゃ降りるつもりはなく、ここで待ってると、二人が右のほうへ行ってしまった( ̄□ ̄;)!!

 

ちょと!!こんなとこひとりにせんでやヽ(`Д´)ノ

え・・・行ってしまったんやろか(゚Д゚;≡;゚д゚) ←降りる気は全くない。

 

 

しばらくして戻ってきて、

「はよ下りんと ( ゚д゚)ノ」

 

 

・・・・( ̄▽ ̄;) いけと?

 

足つかんし、お尻ついたら蝙蝠の糞がつくけんいやヽ(`Д´)ノ

でもこっからひとりで帰れんし、残されてくのも無理。。。

究極の選択をせまられた!

 

「どーやっておりるんよーーーーーーーーヽ(`Д´)ノ」

 

 

「飛ぶんよ」

 

 

 

飛び降りて手やお尻なんか付きたくないよーーーーーーー((( ;゚Д゚)))

 

決死の覚悟で飛び降りた( ̄ー ̄)

 

 

あぁ・・また強くなったね、アルプ(。・ω・)ノ゙ (ノд‐。)スンッスンッ

 

さぁ奥へ

5d472467.jpg

なんと、鉱石を運ぶレールが残されていました!!

しかも木製なのは珍しいということで、マフラー巻き氏はかなりの興奮(*゚∀゚)=3

 

ここは横道と違って、普通に腰をのばして歩けるので楽だ(´∀`)

 

けっこう長くって、ずんずんと歩いて行く。

7555f344.jpg

ん?ありゃにゃんだ?

 

 

 

こうもりはつけん(σ´Д`)σ

 

 

ほー、やっぱ洞窟にはおるんか( ゚Д゚)

こうもりはあんま怖くないよ〜飛ばんかったら( ̄▽ ̄)

 

4d5615d0.jpg

ゴ、ゴ、ゴ、ゴミムシ君・・・・

 

「こうもりが手から離れんなった」

 

なんて言いながら。。。。。。。

 

 

 

こうもり駄目な人見ないでね(・∀・)↓

 

 

 

8f8f3666.jpg

連れて歩いてます((( ;゚Д゚)))

 

 

うっきゃーーーーーーー ヽ(`д´;)/ 

それはむり!

羽ひろげとるやんかーーーーーーーーーー(((;-д- )=3

 

しかし写真は撮れた( ̄▽ ̄)

 

DSCF5100

 

せーんろはつづくーよー

どーこまーでもーーー

 

 

 

 

 

DSCF5090

ライトで穴肌を観察するマフ巻先生。

とてもうれしそうな恍惚とした顔をしています(ノ´∀`*)

ほんとに穴好きなんだなー(・ω・)

 

さすが調査は本格的( `・ω・)ノ

真剣な表情で・・・・・・・・・

DSCF5104

コウモリ撮ってます( ̄▽ ̄)そうなのかい

 

 

 

DSCF5108

奥の奥まで行くと・・・・出口が(゜∀゜)

 

行き止まりじゃないんだ〜〜〜ヽ(゚∀゚)ノ

外の空気が吸いたいщ(゚▽゚щ)

 

 

DSCF5109

やっと外に出られた( ´Д`)

空気がおいしい・・・・・

毒ガス島の人が「酸素がおいしい」と言ってたフレーズを思い出す。

酸素かぁ・・・・日常意識せんよね。

ほんと酸素がうまいわぁ〜スー(*´Д`)ハァー

 

しかしここから帰るわけじゃない。。また穴に戻るΣ(_∪ __;)

 

DSCF5112

こんな頑丈な岩からも細い根っこが出てきてる!!!

すっごいねーーーーーーーーーーー( ゚Д゚)

 

 

DSCF5113

また真っ暗な道を歩いて行く・・・・・

じっとしてると・・・

 

無音

 

時間の経過がわからない・・

 

 

多少中腰になるとこもあり、腰がしんどい(;´д`)

 

こうもりに当たったらいかんけん頭を下げて歩く・・・・

DSCF5115

うきょーーーーーーーーーー ヽ(`д´;)/ 

 

おまいら起きとん?寝よん?

 

・・・寝よってよ・・・((( ;゚Д゚)))

 

バタバタ飛び回りだしたりせんといてよ・・・・(((;-д- )=3

 

 

 

し     か      し   ・ ・ ・

 

 

中腰で歩いててもしんどく、頭上をぶつけてしまった。

 

 

 

 

( ̄□ ̄;)!!

 

 

 

 

頭上・・・・・・・・?

 

 

 

●:・∵;(ノД`)ノ ヒイィィィ

 

 

 

 

これ

(食事中の人見ないでね(・∀・)

 

 

 

.......................しかし前の記事とのギャップあり過ぎ.....orz