2005年05月26日 14:24 [Edit]

正しくなければ、生きていけない。 - 書評 - 「おろかもの」の正義論

本書の最後の文である*0。なんて傲慢な言葉だろう、と思われたのではないか?

しかし、だまされたと思って読んでほしい。最初から最後まで読み通して、最後にもう一度この一文に出逢ってからもう一度この言葉の意味を噛みしめてほしい。


本書は、philosopher が書いたphilosophyの本である。あえて哲学とは言わない。かねてから「哲学」というのは誤訳とは言わないまでも、不適切や訳だと思っていた。「哲」の字がよろしくない。これでは「頭のカタイヘンクツヂヂイが、カビの生えた観念に固執している」というイメージがどうしても浮かんでしまう。本当にそういうセンセイも少なくないようだが、「哲学」は本来「凝り固まったアイディアから自由である」ことに「哲する」ものであるはずだ。

ギリシャ語の本来の意味は、「愛智」。地球博をやってる「愛知」に似ているが微妙に違う。ここで愛しているのはinformationではなくてintelligence。本書は、智を愛すことを通して人を愛すことを学ぶ本でもある。

この本のテーマは、正義、自由、規範、生vs死、文系vs理系、民主主義、国家、そして人類....朝生が好んで取り上げるような、逆に言うとワイドショーが敬遠しがちな、合コンでは絶対避けたい重い話題ばかりだ。

百戦錬磨のだめんずうぉーかー たちが裸足で逃げるような話題を、しかし著者はこう挑んでいる。

わたしがしようとしているのは、現状をありのままに見つめ、そこを出発点として前に進む道を探ることなのだ。居直らず、諦めず、居丈高にならず、ふて腐れず、半歩でも前に進むにはどうしたらよいかを考えることなのだ。[pp. 216]

本書はその希有な成功例だ。

著者には小林よしのりの迫力も、日垣隆のペーソスもない。もちろん知名度はずっと低い。下手すると私より。彼は言葉を荒立てる事もなく、彼が導きだす「とりあえずの結論」は、一見月並みだ。

それでも、ワイドショーとネットで情報の洪水にさらされ、疲れて荒んで本を読む気力も失せてしまった現代の日本人の多くに、今あえて一冊本を薦めるとしたら、私は本書を推す。

落ち着いた言葉の裏には、膨大かつ精密な知識があり、「月並み」な結論の裏には、大胆かつ緻密な思索がある。私は自分の浅学非才を改めて思い知らされて、壮快な気分を味わっている。

強いて難点を上げると、註が多すぎるのと*1私の好みより気持ちユーモアが少ないところか。でもその数少ないユーモアは秀逸だ。一つだけ引用させていただく。

バカに関して言うなら、「理系とハサミは使いよう。文系につける薬はない」[pp. 108]*3

強引かつ尾籠なたとえで申し訳ないが、さまざまな異性(人によっては同性も)とさまざまな体位で交わりまくった結果、一番いいセックスは配偶者やステディとの正常位だったという感じだ。読後感もそれに似ている。お互い気心も知れ、何度となく体を交わした相方と、久しぶりにまぐわった後の、安心感の混じった気怠さ。

著者の正式なタイトルは「法哲学者」。現在「 IT法学教育科研費プロジェクトに従事」とある。「 IT法学教育科研費プロジェクト」が何かを私は知らないし、この言葉でぐぐっても本書の紹介しか出てこない。しかし国費が投入されているプロジェクトであるらしいのはわかる。少しだけ、納税者であること*1を誇らしく思ったのと同時に、なるべく近い将来にこの人が、その教養と見識にふさわしい地位に就いてほしいと願った。「 IT法学教育科研費プロジェクト」を卑下するわけではないが、どう考えてもこの人には小さすぎる。私が選挙参謀であれば、この人を絶対スタッフに加える。

ちなみに、彼の公式サイトのURIはthinker.jp。こちらは彼にふさわしい。彼こそ日本で最もこのドメイン名が似合う男だ。

Dan the Philosopher@Large

  1. あとがきはもちろん、長めの補論と註がその後にも出てくるが、本編としては最後の言葉。
  2. Webだと気にならないのだけど、紙の本だとちょっとあだになる。
  3. 去年度は某社長より多額:) それでも彼の俸給にまわる分は一円にも満たない--と思ってきちんと計算してみると、どうやら一桁ぐらいにはなるようだ。私が払った印税分よりは依然少ないが。
  4. 正しくは以下のとおり。ご本人のWebより。 美人と哲学者のほめ方
    正しくは バカに関して言うなら、「理科とハサミは使いよう、文科につける薬はない」 なのだ。バカ、リカ、ブンカで脚韻を踏んでいるわけ。
    恐れ入りましたm(_._)m

この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
  小飼弾 さんが何度もイチ押し本として紹介している 小林和之 先生の 『「おろかもの」の正義論』(ちくま新書) を読んでみました。    本書の紹介に入る前に、小飼弾さんにお礼を言っておきたいと思います。いつもは書評にケチをつけてばかりいますが(...
「正しさ」について考え抜くために――小林和之『「おろかもの」の正義論』を読む1【平岡公彦のボードレール翻訳日記】at 2010年06月06日 22:05
早川書房富川様より献本御礼。 これからの「正義」の話をしよう Michael Sandel / 鬼澤忍訳 [原著:Justice: What's the Right Thing to Do?] これは美味い。そして苦い。この苦みは、この美味さと不可分のものだ。 その苦さゆえ、ほとんどの人は敬遠するのか...
理の不安 - 書評 - これから「正義」の話をしよう【404 Blog Not Found】at 2010年05月22日 05:31
PHP石井様より献本御礼。 理系バカと文系バカ 竹内薫 404 Blog Not Found:正しくなければ、生きていけない。 - 書評 - 「おろかもの」の正義論 バカに関して言うなら、「理系とハサミは使いよう。文系につける薬はない」 という名言を、新書一冊分に展開する....
理系バカよりには訳がある - 書評 - 理系バカと文系バカ【404 Blog Not Found】at 2009年04月24日 18:47
こういう反論をお待ちしておりました。 iTakahiro's D - 文系だって、先人の業績の上で仕事をしているのです。「全順序」について理解してないんで、誤解してるのかもしれないけど、何かこの物言いには反発したくなる。 歴史をやってたものからすると、歴史学は先人の業績....
文肩と理肩【404 Blog Not Found】at 2006年10月23日 21:03
私自身も「理系」に分類されるようだけど、だからこそ理系の危険も指摘しておかずにはいられない。 レジデント初期研修用資料: 文系亡国 何もかも文系が悪い。 技術系はみんな頑張ってる。文系は余計な足を引っ張って、 全てを台無しにする。 アンカテ(Uncategorizab...
亡国系【404 Blog Not Found】at 2006年09月01日 02:21
光文社新書、次にあげるのはこちら。 「私」のための現代思想 高田明典 これはもう、「『おろかもの』の正義論」とあわせて読むしかない。
正しくなければ、死んではいけない【404 Blog Not Found】at 2006年05月19日 00:58
「『人間』?「ブンケー」のことでしょ」というつぶやきが「リケー」から聞こえてきそうだ。 内田樹の研究室: 現代中国論打ち上げ人間というのは「そういうもの」だと申し上げているだけである。
The Kings of Wishful Thinking【404 Blog Not Found】at 2006年01月12日 22:20
小林先生、お久しぶりです。 「おろかもの」の正義論 小林 和之 シンクラブ:あれから一年 さて、拙著が出版されてからきょうで1年目。 残念ながら、依然としてあまり手応えがない。 重版されないまま、書店でも見かけなくなった。 アマゾンの売り上げランキ...
売れてくれなきゃ、食って行けない【404 Blog Not Found】at 2005年12月09日 03:51
土屋恵一郎です。 サブタイトルは「寛容の時代へ」。いいタイトルですね。
正義論・自由論【巻き毛のBlog】at 2005年11月05日 22:23
わたしは、今ほど「正しさ」について語ることが重要な時代はないと思う。 というのは、拙著『「おろかもの」の正義論』(ちくま新書)のあとがきで書いたことだ。こう書いた者として、わたし自身「正しさ」について語る責任を感じている。それを果たす一つの手段として、こ
「正しさ」の実験室【シンクラブ】at 2005年06月23日 06:54
「おろかもの」の正義論 私の欠点のひとつに本を読むスピードが遅いというのがあります。速く読みたくても理解出来なければ仕方ないのですが、もし速く読めれば限られた人生でたくさんの本が読めるのに、と思ってしまいます。 小林和之氏の著作、『「おろかもの」の正義.
「おろかもの」の正義論【ムルログ】at 2005年06月19日 23:00
■正しくなければ、生きていけない。 情報元:404 Blog Not Found 『「おろかもの」の正義論』(小林 和之著)に関する書籍解説記事。 最近使われる"正義"という言葉は偽善の意味合いが大きくて、本来持つ意味が失われている。そのことで、"正義"という存在そのものも同
【日記】正義とハラカミレイについて。【HIGH TECNIQUE DIARY】at 2005年05月27日 01:43
 5/20付「ブログ時評」さんによれば、なんとライブドアから、「ブログ時評を当社で展開するBlogニュース(仮)の対象にさせて欲しい」てな申し入れがあったらしい。びっくらこきまくりですなぁ。あんな騒動があったのに(笑)。なんか礼節とかモラルとか規範とか、飛んでけ
ライブドアPJ vs ブログ時評、血戦ふたたび?【すちゃらかな日常 松岡美樹】at 2005年05月26日 17:55
東京の都議会議員選挙は、日本のブログが最初に出会う大きな選挙です。アメリカの大統領選では、ハワード・ディーン候補がブログを効果的に使って旋風を起こしました。韓国のノ・ムヒョン政権の誕生には、オーマイ・ニュースの影響力が大きかったと言われている。したがって
東京都議会議員選挙 2005【Espresso Diary@信州松本】at 2005年05月26日 17:13
この記事へのコメント
はじめまして。
こういう本を探していました。管理人さんの紹介が良いのかもしれませんが…

そして、これからの企業は正しくなければ、生きていけないのだと考えます。みんなを騙すということは不可能になりつつありますから。

ただ、管理人さんの例えはいただけませんね。

ちなみに、こういう議論をするような相手であれば、私は喜んで合コンに参加しましたよ。
Posted by さなえ at 2005年05月28日 08:58
こんばんは。
非常に良いサイト紹介嬉しいです。(本はまだ買ってません)。
ネットって凄いですね。(僕はネット素人です)。
また、良い本あったら紹介してください。

ではでは。
Posted by susumu at 2005年05月26日 22:03