2005年06月16日 03:30 [Edit]

「負けた」教徒達へのまなざし

斉藤環には、香山リカのひらめきも和田秀樹の屈託のない自信もない。

だからこそ、もし私が治療を必要としたら、この人にお願いする。

もちろん今の私はなんとか世の中と「やりくり」をつけているし、他に彼を必要とする人たちはあまりに多いのだけど。


彼は、自分が精神科医としていかに無力かを全く隠そうとしない。それでいて、精神科医を諦めたりしない。

啓蒙的段階を過ぎ、私が引き続き「専門家」を自称し続けるならば、今後はひきこもりの「わからなさ」についてより多く語るべきなのかもしれない。「専門家」とは何にでも回答できる人のことではなく、「何がわからないか」を性格に知っている存在のことだから。それゆえ私は、必然的に精神分析に依拠することになる。常に「分析の不可能性」から出発し、必要十分な時間をかけて、乏しい情報からリアルな謎を想像する。そのための技術として、精神分析に勝るものはない。そこから脆弱な謎を秘めた他者へと向けて、届く言葉に工夫を凝らすことは、私たちの寛容性の最後のよりどころとなるだろう。[pp.86]

彼自身の無力感は、彼の「診療対象」たるひきこもり達と勝るとも劣らないだろう。おそらく彼の「患者」たちのほとんどは完治しない。いや、癒されてすらいないだろう。事実「ニッポンの未明」で彼はさかもと未明と対談しているのだが、「心の沼」に沈んでいく彼女に対して、彼は呆然と立ち尽くすしかなかった。そこには気休めの言葉も叱咤もない。

彼は知っているのだ。ひきこもり達に対して、「出てこい」と呼びかけたり、ましてや無理矢理引きずり出すのは「病状」を悪化させるだけの効果しかないのだろいうことを。しかし、彼らが沼からの脱出を決意し、誰かに助けを要求したら、最初にロープを持って駆けつけるのは彼だろう。

もちろん、中には叫ぶ前にそのまま沈みきってしまう「患者達」もいる。声を張り上げる間もなく餓死してしまうケースだって中にはある。それでも耳をすませて待っている。彼のような人が「外」にいるのだということは、ひきこもりにとって最大の救いかも知れない。

だから、最後にこれだけは言っておきたい。あなたに彼らを「愛する」自信がないのなら、どうかせめて無関心のままでいてはくれまいか。若者の非社会性などという似非論壇めいた問題意識は、どうか忘れてはくれまいか。それは、あなたに直接害を加えない他者への、最低限の礼儀というものなのだ。そして、「礼儀を取るか愛を取るか」こそは、まさに「公正さ」の入り口に横たわる問題なのである。[pp.21-22]

私はこれが同業他者へのメッセージに思えてならない。強いて言えば、「『愛する』自信」ではなく、「『愛する』力量」なのだろう。その表現の差に彼の自らの力量に対する告白が見て取れる。彼を持ってしても、現時点では礼儀を取って、愛が満ちるのを待つしかないのだ。

これも、立派な愛ではないのか。

Dan the Impatient Patient

P.S. それにしてもこの本、最新刊のはずなのにamazonでは現在最下位だった。一位はもう出版されて7年が経とうとしている「社会的ひきこもり」。「『愛国』問答」もそうだが、もう少しラクレはがんばってほしいなあ。出版社がひきこもっててどーする!。


この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
本書の編集者でもあられる、幻冬舎の小木田様より献本御礼。 思春期ポストモダン 斎藤環 404 Blog Not Found:「負けた」教徒達へのまなざしでも指摘した斉藤節の、優しさから来る歯切れの悪さと、それが故に得られる信頼感は本書でも相変わらずだった。
成熟なきあと - 書評 - 思春期ポストモダン【404 Blog Not Found】at 2007年12月06日 02:07
これ、かなり前に注文したのが本日到着。おかげで書評も遅れてしまった。 「性愛」格差論 斎藤環 + 酒井順子 ひとまずお休みだお( ^ω^) - 「モテ」や「萌え」は希望の源なんです! それはともかく、猫猫先生に八方美人だと嫉妬されていた斎藤環氏....
バカをバカにするな【404 Blog Not Found】at 2006年05月31日 17:15
小飼弾氏のBLOG404 Blog Not Found:「負けた」教徒達へのまな...
「負けた」教の信者たち - ニート・ひきこもり社会論【4*9=89】at 2005年06月16日 04:49
この記事へのコメント
うん。斎藤環には愛があるな。
自分でわからないものを「わからない」というだけの実力と自信がある。
コメンテーターには向かないが。
Posted by nervenarzt at 2005年06月16日 09:39
そうなんです、斉藤さんは誠実て゜知的なかたでした。だから「どうにかなる」とはいわないんでしょうね。実際私も、むどうにもなつてないし(笑)
Posted by さかもと未明 at 2005年06月16日 04:42
斉藤環さんは知的なひとでした。おっしゃるとおり、ごまかさないの。でも、本再開なんて寂しいなねよし、あした会に行こう! 私もそんなに本うれないので。ジツハ{売れそうもない本を買うのが隙です。売れてるなら、私が買わなくていいじやんつて思うの。
Posted by さかもと未明 at 2005年06月16日 04:40