2005年08月25日 17:01 [Edit]

YES but SNS?

趣旨には賛成だし、水を差す気はないのだけど....

YES! PROJECT
選挙に行こう
改革を進めよう
もっと発言しよう

でも、blogはとにかく、なんでSNSなんだ?


基本的に公開の場であるblogに対して、SNSはそうではない。

SNSの半閉鎖性は、SNSの魅力そのものでもある。blogと違ってSNSではいやな奴は明白に拒絶できる。自分のお気に入りの仲間とお気に入りの話題だけで盛り上がることができる。

まさにそのことが、民主主義に関してはマイナスに働く。自分の言論の自由に設定された担保は、他人の、多くの場合不快な、言論を受け入れることである。この「他人の言論」に対し、blogはオープンであるが、SNSはクローズドである。

私が見るに、SNSphereは日本においてより人気を博しているように見受けられる。SNSのはしりはOrkutだが、その「元祖SNS」より、今ではMixiの方が「本家」に見えなくもない。これはおそらく日本の社会のありようにSNSが似ているからだろう。「友達の友達は友達」。そこでは赤の他人から口喧嘩をふっかけられる機会はほとんどない。

それが悪いとは思わない。まだSNSは「商売」としては大したことはないが、SNSのリンクはある意味blogのlinkよりもずっと「良質」で「高精度」だ。blogよりよっぽど効果的なアフィリエイトが可能だ。また、閉鎖度をある意味自由に設定できるSNSは、商談などにも最適だ。SNSにはまだまだ大いなる可能性がたくさん残っている。私自身いくつかSNSに関する企画を持っている。

そのSNSが、おそらく一番「向かない」のが、政治活動なのではないか。厳密には、「民主主義世界における」という条件付きではあるが。

私自身、SNSはいくつも入ってはいるが、あまり活用しているとは言えないのは、口喧嘩を売られることがないからかも知れない。

Dan the (Taxpayer|Blogger|Occasional SNS User)


この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
(前期日前立会人のネタを書いたときに、Nikkyさんから20代に投票宣言をしてもらうプロジェクトをやってるというので、ちと協力。(9月10日記載)
選挙に行こう【ざわとーく新館】at 2005年09月10日 17:22
突然のトラックバックスすいません 皆さんどこの政党に投票しますか。 選挙に行きましょう!!...
選挙に行きましょう【実現不可能?それでもやってやるさ!!】at 2005年09月10日 10:49
弾さんのYES but SNS?は、「ああ、また小難しいIT用語のacronymか」とスルーしていたんだけど、YES!PROJECTに辿り着くと著しく萎えてしまった。
YES!PROJECTを野次ってみる【佐藤秀の徒然\{?。?`}/ワカリマシェ~ン】at 2005年08月28日 10:37
楽な方へ楽な方へと人は流れていく。肉体的にも感情的にも楽できるのであればそりゃあいい。私もそうだ。でもそれでどうなる?行き着く先は? 子供に苦労はさせたくないと親が代わりにやってしまうことが子供の学習機会を奪ってしまう。家事労働もなにもさせないから筋肉...
仲良しごっこ【あんなこと、こんなこと。どんなこと?】at 2005年08月27日 10:13
市民が政治に参加する意志と能力を持っていることは、実は民主主義の最低条件である。YES! PROJECTが素晴らしいのは、まさにこの点に自覚的であることだ。改革云々は置いておくとして、かつてこれほど明確に、歯切れよく政治参画を訴えた運動があっただろうか。僕自身は、ち
動き出した民主主義【yt's blog】at 2005年08月27日 06:18
啓蒙の弁証法―哲学的断想 "All animals are equal, but some animals are more equal than others".――George Orwell 映画「時計仕掛けのオレンジ」 これをハッピーエンドと見る人がいる。 最後に「完璧に治ったね」のメッセージ。 ふざけてもらっちゃあ困る。....
1984【the blog for job】at 2005年08月26日 17:28
確かにBlogとSNSを並列にしたことによって、趣旨がぼやけてしまっている。 Y...
YES! PROJECT【Jun Seita's Web】at 2005年08月26日 01:51
経済と政治は深い関係があるけれど、その間には大きな壁があったように感じる。国政選挙ではないが、大前研一氏が都知事選挙に出馬して落選したことに大きなショックを受けたことを覚えている。当時、「大前研一 敗戦記」も読んだけれど、この国は、資本主義や合理性とは縁遠...
日本を変えるきっかけの一つになぁれ!- YES!PROJECT【Entrepreneurshipを探る旅】at 2005年08月25日 23:54
賛同している YES! PROJECTのページが完成した。主にブログ形式で議論を行う形式だ。 議論する場がSNSにも作られている。しかし、このことに関して問題が二点提起されている。 一点目はSNSの閉鎖性によって議論が活発化されないのではという点。 参照:http://blog.li...
YES! PROJECTへの不協和音に対する解決策【ベンチャーキャピタルアナリストのブログ】at 2005年08月25日 23:13
YESプロジェクトにHPとSNSができました http://www.yesproject.com/index.html プロジェクトの趣旨には完全に賛同しますし、 とっても素晴らしいことと思います。 が 発起人の会社の投資先の会社に 会員登録させる仕組みには疑問を感じえません。 趣旨が...
続YESプロジェクト【ネットde穴リスト】at 2005年08月25日 18:02
この記事へのコメント
>Danさま。
ありがとう御座います。お手数をおかけしました。
余談ではありますが、DANさまのご批判は非常に尤もであると思います。この点に関していづれ記事を書く機会がありましたら、またTBさせて頂きますね。

では、失礼致します。
Posted by yt at 2005年08月27日 16:44
>ytさん
そのようにいたしました。
Dan
Posted by at 2005年08月27日 08:09
前略 手違いで複数のTBをお送りしてしまったことをお詫び致します。お手数ですが、一つを除いて削除して頂きたく、お願い致します。
Posted by yt at 2005年08月27日 06:29
ご指摘ありがとうございます。m(__)m

SNSの閉鎖性でもかなり良い議論はできています。よろしかったら覗いてみてください。

堀義人

Posted by 堀義人 at 2005年08月26日 01:26