2005年09月27日 21:52 [Edit]

備忘録-日本の個人金融資産1979-2004

検証すべく情報を集めてみた。

株高、債券高、年齢高-齋藤マスターのコメント
「なぜ預金は減らないのでしょう?」と書かれていますが、郵貯はピーク時から2割ぐらい減っています。確認してませんが、銀行の定期預金の残高も減っていると思います。そして銀行の窓口で売られている投資信託は増えている。いまや投信全体の50%以上が証券会社ではなく、銀行の窓口での販売です。

元のデータは日銀の資金循環CSVデータから抜粋。巻末に表も添付したので、より詳しく分析したい方は表計算にコピペするなり上記リンクから生データを手に入れるなりして欲しい。

グラフはLivedoor PICSにアップロードしてみた。まあflickrクローンである。flickrを使った事がある人なら違和感なく使えるだろう。どうせなら、blogに連携する機能をつければいいのに。

確かにグラフを見ると、現金、預金は2003年度をピークにわずかに落ちているが、まだまだはっきりとしたトレンドとなって現れたとは言いがたい。投資信託の残高は、「株式以外の証券」に含まれるが、これも回復して来てはいるもののバブルの時には及ばない。これは株券にしても同様で、情けないことにそのピークは1988年。リスクに対する姿勢という点では日本は退化してしまったと言えなくもない。最近の株高でこの辺はどう変わったのだろう。

Dan the Number Cruncher

日本の個人金融資産推移 1979-2004 (単位:億円)
現金・預金株式以外の証券株式・出資金金融派生商品保険・年金準備金預け金未収・未払金対外証券投資その他合計
1979FY1,948,234242,722452,2410432,124110,71082,0087,2372,4893,277,765
1980FY2,174,447288,165492,2080499,327112,128105,9597,2033,3493,682,786
1981FY2,416,292334,403479,9060579,077108,308115,5437,7033,2164,044,448
1982FY2,627,648421,591528,3060668,918111,449125,5956,0984,1014,493,706
1983FY2,827,925531,158716,1610767,412111,207151,1775,3454,5585,114,943
1984FY3,054,117595,207767,2900882,297112,985170,1447,7165,2235,594,979
1985FY3,294,078667,2391,004,08901,020,857112,128183,95414,6414,0316,301,017
1986FY3,545,346761,4681,397,07301,208,116114,366215,82728,8175,1077,276,120
1987FY3,818,660863,7751,837,84801,418,681119,563235,59748,6146,7278,349,465
1988FY4,100,172925,4232,165,53201,663,884124,178254,03361,1478,2649,302,633
1989FY4,479,416984,2072,032,11401,918,591121,556281,37838,90213,9969,870,160
1990FY4,818,2261,077,0391,721,85102,116,160125,205326,46838,38615,07410,238,409
1991FY5,171,5661,093,5271,256,95402,289,595125,235343,20236,55112,96810,329,598
1992FY5,404,6331,156,5431,188,16302,514,169127,713407,33427,22110,74810,836,524
1993FY5,669,5721,185,5181,232,91802,747,022137,953422,35816,01411,34911,422,704
1994FY6,007,0851,147,0871,184,76602,947,169138,400411,80115,17311,29011,862,771
1995FY6,296,3601,166,1421,439,81503,185,969140,031393,92323,3354,75312,650,328
1996FY6,583,8751,110,3451,177,09303,356,732143,650413,90143,29212,53512,841,423
1997FY6,940,141998,1971,217,4211353,480,154141,010425,26145,80415,58513,263,708
1998FY7,237,920925,2571,015,2801593,589,076141,930422,53944,88816,02613,393,075
1999FY7,447,390921,6071,522,809513,698,712142,837411,58240,42014,59214,200,000
2000FY7,514,280905,7741,301,4781603,776,240138,403386,74560,02076,37714,159,477
2001FY7,654,300790,2971,035,2762353,790,429124,771381,96674,35072,74113,924,365
2002FY7,755,143684,510782,9145723,769,795122,941368,88069,76766,36713,620,889
2003FY7,799,718692,7281,187,1564533,777,293121,986353,80968,181108,98114,110,305
2004FY7,763,389773,1991,229,0062403,826,049121,897327,21669,984111,43814,222,418

佐藤さんのために追伸:ご明察。1988年当時は出資金が半分以上を占めていました。以下、そこだけ抜き出した経年推移の表。

株式+出資金うち株式株式比率
1979FY452,241212,31046.95%
1980FY492,208242,14349.20%
1981FY479,906242,32250.49%
1982FY528,306280,80153.15%
1983FY716,161382,85053.46%
1984FY767,290425,52455.46%
1985FY1,004,089531,97552.98%
1986FY1,397,073721,15551.62%
1987FY1,837,848890,65948.46%
1988FY2,165,5321,045,51948.28%
1989FY2,032,1141,076,30552.96%
1990FY1,721,851960,83555.80%
1991FY1,256,954702,52055.89%
1992FY1,188,163715,66260.23%
1993FY1,232,918787,50463.87%
1994FY1,184,766662,83755.95%
1995FY1,439,815819,28256.90%
1996FY1,177,093699,66959.44%
1997FY1,217,421622,43251.13%
1998FY1,015,280672,60766.25%
1999FY1,522,809924,68360.72%
2000FY1,301,478732,43556.28%
2001FY1,035,276650,57362.84%
2002FY782,914515,61165.86%
2003FY1,187,156808,33768.09%
2004FY1,229,006838,55368.23%

この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
これの「横列・縦列をハイライト」をDHTMLで。 Learn Cool Microsoft Excel Conditional Formatting Tricks - Be a Rock star (Tips | How tos - Save time, impress everyone) | Pointy Haired Dilbert - Chandoo.org エクセルのデータを見やすくする5つの簡単なテクニ....
javascript - tableを見やすくする【404 Blog Not Found】at 2008年03月18日 06:46
私は必ずlivedoor社長日記(堀江さんのブログ)を必ず抜いて1位なる 2005年9月24日にこのブログで堂々と公言した。 その時は人気ブログランキング史上最短の5日で第1位になった日だ。 見たことの無い上がり方をしているブログランキングを確認! 一方、ラ....
堀江社長をロックオン!【Roys-Ceo-Blog】at 2005年09月28日 13:13
三井トラストのデータによると、1965年に45%もあった個人投資家の株式保有割合がバブル期に一番低下しており、その後も20-25%の範囲に収まっている
個人投資家はバブル期も増えてなかった【佐藤秀の徒然\{?。?`}/ワカリマシェ~ン】at 2005年09月28日 12:02
この記事へのコメント
あ すこぶる懐かしい統計月報です。(^^
日銀統計月報から作った資金循環ですね♪

私は ブログに図表をくっ付ける方法が未だに分からなくて困っているのですが・・・・手の空いた時間に追いえていただいたらとても幸いです。
Posted by 貞子ちゃん at 2005年09月28日 21:34
あ、そそっかしいのはこっちだった。だけどこの数字おかしい。1988年の純粋個人株式はこんなに多くないはず。ほとんどは出資金だったと思う。あの当時、株式の個人の占める比率は史上最低だった記憶がある。
Posted by 佐藤秀 at 2005年09月27日 22:45
>これは株券にしても同様で、情けないことにそのピークは1988年。リスクに対する姿勢という点では日本は退化してしまったと言えなくもない。

なんとまあ、そそっかしい人だ。株式は比率ベースで1988年はわずか2.3%、2004年は8.6%。約4倍にも増えておるぞ。
Posted by 佐藤秀 at 2005年09月27日 22:36