2005年11月06日 15:34 [Edit]

Googlezon vs. Amazoogle

ついに始まったか。

livedoor ニュース - 米アマゾン、本のページ売りサービスを来年から開始=本のデジタル化で
【ライブドア・ニュース 11月04日】− CBS MarketWatchによると、オンライン書籍販売大手アマゾン・ドットコムは3日、インターネット利用者が、本を1冊丸ごとではなく、ページ、または章(チャプター)単位で、必要な部分だけ購入できるサービス「アマゾン・ページズ」を来年から開始すると発表した。

紙の本のWeb化というのは、古くて新しいアイディアだ。Project Gutenberg青空文庫は、これらの企業よりも歴史があるし、O'ReillyもSafariをはじめて久しい。GoogleもまたGoogle Printを始めてすでに1年になる。

しかしご存知のとおり、Googleの方は米出版業界団体(AAP:Association of American Publishers)からものいいが着いている。技術的には素晴らしいGmailやGoogle Newsもなかなかβを抜け出せないでいる。

GoogleがDo No Evilに固執するあまりDo You Goodという視点があまりに欠落しているからではないか。「機械がやるからEvilではない」、そうかもしれない。しかしGoogleに入る莫大な金を、Googleがどのように還元しているかを見ると、率直に言って「みみっちい」の印象を受けざるを得ない。

DejanewsやWikipediaを引き受けるというのはどちらかというと「経営戦略」(Strategy)というより「社会貢献」(Philantholopy)の範疇だし、主力の利益還元ツールであるAdSenseも、どういう基準でアフィリエイトを選んでいるのか説明責任を果たしているとはとても言えない。

今回のAmazonのなか見!検索は、おそらくGoogle Printほど物議をかもすことはないだろう。こちらははじめから出版社の利益のことを考慮しているからだ。

実際、還元率で比較すると、Amazonの「気前よさ」とは好対照だ。見てのとおり私のサイトではAdsenseもAmazon Associateも両方やっているが、Amazonの方がはるかに「儲かって」いる。その差10:1以上だ。コンテントプロバイダーがどちらに対して好意的になるかは一目瞭然だ。

EPIC2014やEPIC2015にはGooglezonというGoogleとAmazonが合併した超巨大企業が出てくるが、これらのFlashの内容はどちらかというとGoogle寄り、すなわち「Webの自動化」というところに焦点があてられているようだが、ユーザーはむしろAmazon寄りの統合、すなわち「Webによる利益還元」の方に軍配を上げるのではないか。

Googlezonではなく、Amazoogleなのだ。今のところは。

Dan the Man with a Long Tail


この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
前回エントリ「印刷媒体は10年以内に死んでいるだろう - 坂東慶太のブログ」はスティーブ・バルマーの言葉を借りたものの少々過激なタイトルだった故、反応にドキドキしていましたが、沢山☆を頂いた上に、さすがは本好きな皆さまから思い思いのコメントをお寄せ頂きました
[コラム]で、結局本をどうするか…【坂東慶太のブログ】at 2008年07月05日 04:47
夕方にmtgもあるしそろそろ寝ようと思った矢先に。 ITmedia News:Google、YouTubeを16億5000万ドルで買収 米Googleは10月9日、米YouTubeを16億5000万ドルで買収すると発表した。買収は株式交換によって行われる。
Googlezonの足跡が聞こえた【404 Blog Not Found】at 2006年10月10日 07:43
結局一言でまとめれば、タイトルの通りとなる。 Life is beautiful: Amazon AffiliateがGoogle AdSenseに勝てる理由「win-winの構図が作れないビジネスモデルは長続きしない」というビジネスの大原則を適用すれば、Amazon Affiliateは「末永く今の形で続かせることが可能....
人を制するのは人【404 Blog Not Found】at 2006年06月20日 14:07
 Google AdSenceは、決済リミットの100$に達しそうになると解約される!?   <グーグル、10の黄金水責め><搾取を容易にする環境を作り出せ。す
誰がためにAdSenceる???googlezon、最良の、そして最悪の時代??【踊る新聞屋??。】at 2005年12月07日 00:51
なんとも真性引き篭もりの真骨頂たる穿ち(杉)方だ。 真性引き篭もり/entry即ち、アフィリエイトを「アサマシ」と呼び変えている奴らは自らの権益の為にそれを行っているのであり、それはちょうどお小遣いサイトの運営者や情報商材の販売者が自らの利益の為に「アフィリエイ....
アサマシsense【404 Blog Not Found】at 2005年11月29日 20:24
[晴れ] 体調が優れない…。夕方頃ピークを向かえる。結局1日中ヤバい。 Gree内のサワさんのBlogで紹介していたのだけれども、良く当たるという占いをしてみた。いろんな占いを一度に出来るサイトっぽい...
体調が悪い日曜日【Cazperのつれづれ日記】at 2005年11月21日 18:22
 はてなダイアリーなんて、有料オプションを使ってもAdSenseの半分ははてなにもってかれちゃうもんね。それがはてなの収益にどのくらい貢献してるのか分からないけれど((財務諸表も公開されてないからね……。))。 Googlezon vs. Amazoogle: しかしGoogleに入る莫大な金...
[ネット] ネット系の会社は微妙に「みみっちい」トコが多いように感じる【浅倉卓司@blog風味?】at 2005年11月11日 00:49
はてなのnaoya氏のエントリ「日経ビジネスのAmazon/Googleの記事の感想」にこうある。先日AmazonのIR発表で、日本におけるAmazonの売上高、つまりはAmazon.co.jpの売上高がAmazon全体の10%以上あると発表されました。それを受けての分析がなされてる記事で、単純計算でもA...
amazonと楽天の違い〜ID:naoya氏へのツッコミ?〜【好むと好まざるとにかかわらず】at 2005年11月10日 09:20
Amazonがやっちゃいましたね。 本のページのばら売り&デジタル化です。 いきなり、一冊まるごと全部デジタル化して売らないところが、なんとももったいつけてます。
本をページ単位でばら売り【花ノ下ニテ...。】at 2005年11月06日 22:51
 ナゼ読めない…「アマゾン」で1年超も品切れの本  関連 EPIC2014:http://blog.digi-squad.com/archives/000726
googlezon、最良の、そして最悪の時代【踊る新聞屋??。】at 2005年11月06日 21:51
アマゾン、マイクロソフトもデジタル書籍で新サービス計画【WSJ】とのこと、先にサ
デジタル書籍サービス(肝は電子ペーパー)【時事を考える】at 2005年11月06日 21:15
ここ数日マンデリンとハワイコナが売れているのは、テレビの影響だったんですね。『発掘!あるある大辞典??』が『ヤセるってホント?コーヒーの秘密』というテーマを扱い、これらのコーヒー豆を薦めたようです。うーむ。言われてみれば、私はコーヒー業界で肥満の人に会った....
Google Video も凄い。【Espresso Diary@信州松本】at 2005年11月06日 19:32