2005年11月10日 00:45 [Edit]

図書感は図書館で磨かれる

気持ちはわからぬでもない。

mtchiba world:図書館有料化はいかが?
ダ・ヴィンチ・コードは上下本ともに予約者が279人です。 これではいつになっても読めそうにありませんが、市立図書館は人気のある本を何冊も持っています。ダ・ヴィンチ・コードは上が45冊、下が44冊あります。

しかし、ここで責められるべきは図書館利用者の「せこさ」と、何よりも司書たちの視野の狭さではないのか?


最近図書館は盛況のようである。少なくとも近所の月島図書館はそうだ。高齢化やデフレの影響もあるのかも知れない。本中毒*0としてはうれしい一方、このような話を聞くとほとんどの人にとってまだ図書館は「無料マンガ喫茶」の延長なのだな、と残念に思う。

なにより残念なのは、日本ではまだ図書館の司書の地位も能力も低いこと。申し訳ないけどほとんどの司書*1、レンタルビデオ屋のアルバイト程度のことしかしないし、出来ないようなのである。具体的な書名を挙げて、それが現在どういう状態になっているかを調べることは出来ても(これは今やネットでだって出来る)、漠然と「こういうことを調べたいのですが」と言って適切な本を案内してくれるレベルの司書にはほとんど巡り会えない。

もっとも中坊の時にも半分しか学校に行かなかった私も、往時図書館に入り浸っていた。その時の司書のみなさんには感謝している。明らかに登校時間中に平気で入り浸っている私に「学校に逝け」などという説教臭い事は一切言わず、リクエストした書籍を何百冊と買ってくれ(何千冊かもしれない)、そして帰るころには家族名義も目一杯使って借りた段ボール箱一杯の本とともに帰宅するのが私の日課だった。当時の図書館がなければ、今の私はなかったことだけは断言できる。

これが合州国だと一転する。かの国のLibrarianはまさにエリートだ。"The Cockoo's Egg"の中に、Cliff Stoll*2が司書の世話になるシーンが出てくるが、あれと似た経験を私も何度もした。「困ったら司書に聞け」というぐらいその地位も能力も高いのだ。

典型的なアメリカ人の家には以外と本が少ない。それだけ見て「アメリカ人は本を読まない」という人もいるが、それはとんでもない勘違い。図書館が充実していて、より使いやすいので日本より本を買う必要が少ないだけだ。雑誌とペーパーバックを除くと、日本と比べて本が割高ということもその一因でもあるのだが。

休館日もほとんどなく、夜遅くまで空いていて(大学のそれだと24時間空いているところも結構ある)、ずっと気前よく本を貸してくれる合州国の図書館は、言葉の次に差を感じたところだ。私が貧乏学生だった当時、日本はバブルのまっただ中で、アメリカはここ10年の日本のような雰囲気だったが、図書館、特に大学のそれに関しては「かなわねぇ」と下を巻いた。なにせ日本の本まで日本の普通の図書館より充実していたぐらいだ*3。これは人民狂和国での話だが、HarvardとMITに立ち寄った際には、両校の共通図書館システムへの登録を、赤の他人である私も薦められたのには驚いた。その時借りても返却できないのでその場は遠慮したが、ほんと、借りたい奴には誰にも貸すのである。

ちなみにこのHarvard-MITの図書館(群)は、蔵書量で全米で二番目*4、教育機関では最大であり、日本の国会図書館の倍を超す蔵書を誇るが、敷居の低さに至っては比べるのもあほらしい。ちなみに人民狂和国のそれは教育機関では2位。ここも国会図書館より蔵書が多い。

その意味で、今の日本の図書館はさんざん世話になっておりながらケチをつけるのも何だが、もっと工夫が欲しいといつも思う。エアコンの設定温度はさておき、図書館を巡る状況は、中坊の私が入り浸っている頃とは相当変わっているはずだ。不況による予算削減、マンガ喫茶の対等、ネットの出現....図書館の代替手段は増えている。ダ・ヴィンチ・コードなんぞAmazonやBook Offにまかせておけばいいのだびんち。それよりも禁帯出にしてもいいから本の種類を充実させ、開館時間を延長し、そして何より司書の能力を高めた方がずっと世のため人のためというものだ。

あと、これは異論も多そうだが、図書館をもっと「にぎやかな」ところにしてもいいのではないか。これはまだアメリカの図書館もやっていない。大声を張り上げるのは慎むべきだが、子供の笑い声ぐらい聞こえてもいいではないか。子供用のスペースのない図書館はない一方、あの静寂さが親が図書館から子供を遠ざけている一因でもあるのは確かだ。もちろん静寂を必要とする人のために、読書室を用意した上のことでもあるのだが。

図書館こそ、米百俵の最初の一俵のなのではないか?

Dan the Bibliomania


  1. 「活字中毒」としないのは、漫画中毒でもあるから。
  2. ここでは資格名ではなく、「図書館勤務の人」という意味で使っている
  3. ちなみに彼とはBMUGで面識があった。今どうしているだろう。
  4. なぜか遠藤周作氏が大量の小説本を寄贈してくれていて、おかげでほとんど日本の本に飢える機会がなかった。
  5. 3番目かも知れない。NYCのとどっちが多かったけ?もちろん一位はLibrary of Congress。

この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
用事と用事の間にちょっと時間が空いたので、久々に本屋に行ってみる。いや、半年ぶりくらいじゃないだろうか。なんせ、大学の図書館、生協ルネ、Amazon、この3つで事足りるので、普通の本屋さんに行くことはほとんどなくなっている。買うまでもない本は、図書館で借りる(
[thought] 本屋にて思う【shingoy’s Blog 2.0】at 2007年05月04日 18:38
これを見て入手。 図書館に訊け! 井上真琴 わたしが知らないスゴ本は、きっとあなたが読んでいる: 「図書館に訊け!」は盗みがいがあるぞ「検索」ならぬ、情報「探索」の方法が盗める。しかも、調べ物のプロフェッショナル、図書館員の技が惜しげもなく開陳されて...
書評 - 図書館に訊け!【404 Blog Not Found】at 2007年03月31日 00:04
404 Blog Not Found:図書感は図書館で磨かれる
404 Blog Not Found:図書感は図書館で磨かれる【oryzaの環境備忘録】at 2007年01月09日 12:50
図書館に関しては、以前「404 Blog Not Found:図書感は図書館で磨かれる」でも書いたのだが、最近また議論が活発になって来たようなので改めて。
図書館の費用対効果【404 Blog Not Found】at 2007年01月09日 07:54
図書館の機能を問い直す  本書は、週刊経済誌記者である著者が提起する「図書館利用のコツ」と「図書館のあり方」の実践的説明の書である。前半部は、資料そのものにアプローチする技法が主になり、後半部は全国に存在する図書館の特色と紹介、それに合わせた利用術が効...
【実践】『図書館を使い倒す!!―ネットではできない資料探しの「技」と「コツ」』 / 千野信浩【Augustrait】at 2006年01月02日 20:53
この記事へのコメント
s/下を巻いた/舌を巻いた/;
s/マンガ喫茶の対等/マンガ喫茶の台頭/;
Posted by itousai at 2010年02月22日 09:33
いつも紹介されている本を図書館で借りております。京都の図書館はネットで検索、予約が出来るのでコピペでサクッと。他府県でもそうなんでしょうかね?少し疑問なんですか図書館のデータベースは個人の貸し出し記録って取っているのですかね。保持するのならどれくらいなのかな。アマゾンみたいにレコメンド機能を実装するというのはなかなか興味深くないですか?さらにコメント機能もつければアマゾンみたくサクラもいなくなって使いやすいくなるのになぁ。
Posted by nitian at 2007年01月10日 21:31
> 読みたい本があるケースが少ないし、静か過ぎて耳が痛くなるし肩凝るし…

読みたい本が近所の図書館になくても、提携図書館の相互貸し出し制度を利用すると
(多少時間はかかったとしても)借りられるできる場合があります。
そんなの都心とかだろ、と思うかもしれませんが、それ以外の地域でも
潜在蔵書数がかなりの数になる場合があると思います。

本文中で触れられている司書さんのリファレンス機能については、
彼らの能力は実は高いのではないかと、私は思っています。
まあ、そう思った根拠は下記のページとかなんですが…。
http://www.library.metro.tokyo.jp/16/16510.html
司書さんもググるんだと、一人笑っていました。
http://metro.tokyo.opac.jp/tml/tref/cgi-bin/detail.cgi?Kbseqid=6402&Sryparam=001&Backpage=/tml/tref/resprint_d/2007/1/9/7974_001_001.html&Srhfname=/resprint_d/2007/1/9/7974&Rp_kind=1&Displmt=100
Posted by 通りすがり at 2007年01月09日 20:57
8月に田舎(紋別市)で何日か過ごした折、図書館に何度か足を運びました。
場所も変わり新しい建物になっていましたが相変わらず目新しいものはありませんでした。

試しにPCを持って行きましたが机の周りにネットに接続する口がありませんし、自由に使えるPCも二台だけ(586機!)。
活字人間を取り込む業界の窓口のようにさえ思えます。
大きな施設なのに休日でも人はまばらで職員達(同じ建物に教育委員会も入っている)にとっては居心地は良さそうでした。

少しばかり意識改革が必要かも。
Posted by panics at 2005年11月11日 04:51
図書館って利用した事無いなぁ…

読みたい本があるケースが少ないし、静か過ぎて耳が痛くなるし肩凝るし…
Posted by 滑稽本 at 2005年11月10日 14:13
こんにちは!毎朝興味深く拝見しております。

> それよりも禁帯出にしてもいいから本の種類を充実させ、開館時間を延長し、・・・

おっしゃるとおりだと思います。いわゆる人気本を図書館として多数用意すべきなのかについては、東京の町田図書館のサイトでもテレビ取材がらみで扱われているようです。
http://www.city.machida.tokyo.jp/shisetsu/cul/cul08library/announce/announce03/index.html

今後とも楽しみにしております!
Posted by dragon85 at 2005年11月10日 07:27