2005年12月10日 13:53 [Edit]

del.icio.usly acquired

なんで今頃みんな騒いでいるんだ?とおもったらFlickrでなくてdel.icio.usの方だったのかという勘違い。

しかしそれはそれで、むしろ「まだ買収されてなかったの?」という「驚かない」ことの方が驚きか。

ITmediaニュース:Yahoo!、ソーシャルブックマークサイト「del.icio.us」を買収
Webのお気に入り情報を共有できるソーシャルブックマークサイトのdel.icio.usをYahoo!が買収。先に買収した写真共有サービスのFlickrと密接に連携させる。

naoyaのはてなダイアリー - del.icio.us 買収に関してのつぶやき
一方で、警鐘でもあると思う。Bloglines、Flickr、del.icio.us のような、注目を集める新しい企業(サービス)のゴールが、やっぱり買収されるしかないんじゃないの? という見方に拍車がかかりそうだから。

「警鐘」って、なんか小さくても堅実にやって来た町工場が大企業に札束でひっぱたかれて身売りみたいな印象があるけど、少なくとも今回のそれは違うよ。だって、どうみても始めから大企業に売りつけるために作った会社だもん。

del.icio.us/about/info
The company is privately held and located in New York City, NY. It has received seed financing from Union Square Ventures, Amazon.com, BV Capital, Marc Andreessen, Esther Dyson, Seth Goldstein, Josh Koppelman, Howard Morgan, Tim O'Reilly, and Bob Young.

こういう投資家の元で、しかもサービスはとにかく営業キャッシュフロー(売り上げ)がほとんどない状態で、Exitといったら投資キャッシュフロー、すなわち売却しかないに決まってる。だから、

小さく単独で動いている頃は、明日にもキャッシュがなくなるかもしれないから、とにかくいろんなことを試して売り上げがたつように、あるいは資金を調達できるようにという力学で企業が動く。

なんていう「日本の典型的中小企業」的力学なんか始めから働いていない。いかにもハテナオヤ的見解で微笑ましくもあるんだけど、企業のありようとしてメンドリや乳牛ばかりではなく、ブロイラーというのもあるんよというのは知っとかないと、自分が乳牛を育てているつもりがすき焼きが好きな連中にドナドナされちゃうかとをじさん心配しちゃうぞ。

[R30]: 米Yahoo!、ソーシャルブックマーク「del.icio.us」を買収
そうだよなあ、自宅の一昔前野オンボロPCをサーバーにすればサービスインフラなんていくらだって作れるし、面白いサービスを作れたらお客が集まってアフィリエイトとアドセンスでお金が入ってきて、最後はYahoo!が買収しに来るか、Google・・・に税金取られるかだもんな?(笑)。ことネット業界に関しては、VCなんてもう要らないのかも。

そこまでノーテンキに、鯖からオフィスからいっさいがっさいガレージにおいたままGYMが買い付けに来てくれるっちゅうのはこれまた現場を知らない意見で微笑ましい。Proof of Concept程度であればこれでいいけど、実際GYMがよだれをたらすぐらいまで持って行くには、負荷分散が不可分になってきて、トラフィックとかを考えてもデータセンター(iDC)のラック一本(はてなクラスで一列だっけ?)ぐらいの鯖は必要。そしてべらぼうに安くなった端末回線と違って、iDCのはそれほど安くなっていないので、この費用を捻出するには小企業よりは中企業に近いキャッシュフローが必要。

イナゴぐらいではGYMは買ってくれない。せめてブロイラーぐらいないと。仔牛ぐらいがちょうどいい大きさか。むしろITバブルの時の方が、イナゴぐらいの大きさで仔牛なみの値段で売れたりしてずっといい時代だったかも知れない。今は Proof of Concept ぐらいでは買ってくれない。ちゃんと成獣になることが見えるぐらいの大きさまで育てないと。

しかもdel.icio.usの場合、見ればわかるけどアフィリエイトなんて入っていない。どこから営業キャッシュフローが入ってくるんだか見えない。つうかそもそも営業キャッシュフローなんてはなから期待していない。ブロイラーが卵や乳を産まないからって誰も文句は言わない。

ガレージまでだったら、日本でも簡単。上場も今ではそれほど難しくない。問題はいきなり中企業をこさえて、その肉を売るというモデルが日本ではまだ未成熟な点。さすが江戸時代まで肉食を禁止していた国だという皮肉はさておき、それでも兎を一羽と偽ってまで肉を食って来たのは事実。そろそろこういう「肥育モデル」も考えておいた方がいいのではないか。

Dan the Omnivore


この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
 GoogleやY!のように、卓越した集客力を他サイトに提供している会社の場合、なかなか善意に立脚した新規サービスは、そのままでは、成立しにくいだろう。GoogleBaseはそれを明らかにした。 たとえば、GoogleやYahoo!がwikipediaやSBMのようなサービスをはじめても、まず...
善意の人を集めにくいgoogleのサービス【胃痛!ガスター店】at 2005年12月14日 11:51
ヤフー、「del.icio.us」を買収--ウェブ検索は「人力対アルゴリズム」の勝負へ - CNET Japanを読んで。  ソーシャルブックマークの代表的存在だったdel.icio.usがヤフーに買収されましたね。
Web2.0企業の成功とは、Web1.0企業に買収されること?【ニュースコミュニティ - FPN】at 2005年12月13日 08:22
del.icio.us買収に関してのつぶやきを読んだ。はてなとかああいう小さな中で頑張ってる人が同じような会社の「あがり方」をみてのつぶやき。すげー良いエントリだと思った。今までの常識で言えば小さい会社の上がりとして一番簡単なのはでっかいところに売っぱらうことだ...
共感力をコアコンピタンスとする会社のゴールはどこか?【好むと好まざるとにかかわらずrakuten::plaza::catfrog】at 2005年12月10日 21:11
おお、そう来ましたか。最近メディアではそう聞くことは無くなって、diggがどうとかいう風な話が多くなってましたがさりげなく手を打ってましたね。 これでYahooはフリッカーも保有し、360を展開し、大
Yahooがdel.icio.usを買収!【SW's memo】at 2005年12月10日 19:24
弾さんからツッコミをもらったので、返答しておく。 「警鐘」って、なんか小さくても堅実にやって来た町工場が大企業に札束でひっぱたかれて身売りみたいな印象があるけど、少なくとも今回のそれは違うよ。だって、どうみても始めから大企業に売りつけるために作った会社だ...
del.icio.us に関するつぶやき - その2【naoyaのはてなダイアリー】at 2005年12月10日 14:20