2006年01月09日 23:14 [Edit]

数式が愛した文学

うわわ、正三郎さんに咲子されている←「咲子」ってどうやって「する」んだ>ことえり。

ホットコーナーの舞台裏
小川洋子「博士の愛した数式」(新潮文庫) は、文学の美しさと数学の美しさが出会った滅多にない美しい結晶です。

うーん、正三郎さんをはじめとするファンにはちょっと申し訳ないのだけど、文学的な美しさに比べると、やはり数学的な美しさの部分が、これでもまだ「なめらかでない」と私は感じてしまった。

皮肉にも、それを一番感じさせるのが数式美コンテストをやれば一位を必ず争うはずの、e^iπ = -1 の扱い。「江夏の背番号」と比較して、唐突度が高いのだ。

やむないところはあると思う。e^iπ = -1 の美しさをきちんと「鑑賞」するには、「オイラーの贈り物」クラスの解説がいる。「博士の愛した数式」の数倍の厚さがある本だ。とても物語に収まらない。

「いや、証明しなくても美しいものをそのまま提示した事に意味があるじゃないか」という意見もあるだろう。しかし、それならば三角数や完全数だって充分美しいのだ。これらの美しさの提示に見事に成功しているのに、なぜ「友情出演」のごとく e^iπ = -1 を登場させる必要があるのだろう。しかも、作品では上の式ではなくその変形、 e^iπ + 1 = 0 の方を紹介している。これも e, π, i, 0, 1 の「5大スター」が揃うという意味では美しいかも知れないが、その大本である e^iθ = cosθ + i sin θ の「自然な発露」を損ねる。なおこの点に関しては「オイラーの贈り物」も同意見である。

主人公の息子のあだ名である√とこの公式を除けば、あとは本作品は全部整数で閉じている。それに徹底した方が美しかったのではないか。

とはいえ、日本でここまで文学に数学を織り込んだ作品は珍しいだろう。その意味で、美しいものを美しいといった著者は、皇帝の新しい服がゼロだったことを見抜いた子供に通じる功績があると思う。

ちなみに私はオイラーの公式までいわば自力で到達した後、不完全性定理に出逢った。世界を征服したつもりになったら、世界は征服できるほど狭くないんだよということを直後に思い知らされた。私にとってはどちらも「大人への階段」だったように思う。

「博士の愛した数式」は今のところ「数学文学」の日本一かも知れないが、世界の壁は高い。やはりContactなどと比べると見劣りするのだ。なんかこう、それこそ文理双方にまたがる教養の差をまざまざと見せつけられるというのか。

こうなると、やはり藤原正彦本人による文学を読んでみたくなる。やはり「国家の品格」で説教たれたからには、きちんと文学で返すというのが文学に対する礼儀だと思わずにいられないのだ。

Dan the Mathphilia


この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
「スゴ本」のこの記事を見て買ったのだけど.... 生き抜くための数学入門 新井紀子 わたしが知らないスゴ本は、きっとあなたが読んでいる: 数学ぎらいは幸せになれないか? 「生き抜くための数学入門」ちょうどいい本が、よりみちパンセから出ていた→「生き抜....
生き抜くって手を抜くことなんですか? - 書評 - 生き抜くための数学入門【404 Blog Not Found】at 2008年02月11日 08:07
 交通事故の後遺症で、天才数学者の博士(寺尾聰)は、記憶がたった80分しかもた...
博士の愛した数式【自宅でDVD三昧!??映画・ドラマどんと来い!】at 2007年10月24日 17:34
梅田さんのこのentryを読んで思い起こしたのが本書だった。 先生はえらい 内田樹 My Life Between Silicon Valley and Japan - UCバークレイの授業が無料でGoogle Videoに!!!でも高等教育のオープンアクセスという大きな流れに変化はなく、未来はきっと、世...
ネット時代にも先生は「えらい」ままでいられるか?【404 Blog Not Found】at 2006年09月29日 12:31
ま、変にここのところ毎日書いてしまっていてネタにつまったので、苦し紛れのタイトル
「博士の愛した数式」から耐震偽装に至る6次のつながり My Broken Love to Mathematics and Physics【HPO:個人的な意見 ココログ版】at 2006年03月08日 20:48
昨日、久しぶりに映画など観に行ってきました。 今現在、巷では「THE 有頂天ホテ...
博士の愛した数式 by kakiuchi【ringo+design】at 2006年01月23日 17:20
この記事へのコメント
>ACさん、
Thanx, fixed.

Dan the Man to Err
Posted by at 2006年01月10日 23:26
AAの題名が「動物のお医者さん」になってますよ。
Posted by AC at 2006年01月10日 23:16
コンタクトの小説版の終わり方が好きです。
Posted by ひでき at 2006年01月10日 21:54
どのような経緯でEulerの公式を自力で発見したのですか?
ちょっと驚異的です

まさか不完全性定理の方は自力じゃないですよね?
Posted by ka at 2006年01月10日 10:01