2006年01月17日 22:43 [Edit]

国民の罠

地検特捜部に関して知りたいと思い、両著を読み直してみた。


その結果言えるのは、彼らもまた一公務員であり、「世論」の強い影響を免れない、ということだ。極論してしまえば、世論が検察を動かすのだ、とも言える。

そうならざるを得ない理由の一つは、検察が小所帯であること。例えば「特捜検察」によると、東京地検特捜部は総勢110名。うち検事は35名。全てを調査立件するにはあまりに少ない数字であることは確かだ。よって検事たちは何に手をつけるか、常に厳選する必要に迫られている。いきおい社会的影響が大きそうな事件が多く取り上げられることとなるだろう。

問題は、その社会的影響の大小を何を持って推し量るか、だ。

そこに世論が登場する。「特捜検察」が取り上げている各事件を見ると、当初は特捜部が動くことで世論が動いたというケースが多い。特捜部が新事実を徐々に解明していくことで、世論もそれにそって形成されていくという感じだ。

これが大きく変わった節目が、金丸信の扱いだ。当初検察は彼を略式起訴することで決着をはかろうとしたのだが、それが世論の怒りを買った。

特捜検察 pp. 186
「巨悪を眠らせない」という特捜神話は崩壊の危機に直面した。

結局地検特捜部は主任検事を変え、脱税を立件することでこの危機を乗り切るのだが、彼らはこの時金丸には勝って世論に負けたのだとも言える。この時をきっかけに、特捜部は世論をリードするというより世論にリードされながら事件を選んで行くようになったように思える。

「国家の罠」の佐藤氏のケースでは、すでに田中眞紀子と鈴木宗男の確執は世間が広く知るところであり、そして世論は鈴木宗男バッシングにすでに入っていた。もし風が逆に吹いていたら、それでも特捜部が佐藤氏を起訴したのだろうか?少なくとも「国策調査」とはならなかったのではないか?

特捜神話は今も生きている。それが生きている限り、特捜部は世論を気にせざるを得ないだろう。それは司法の理念から行けば必ずしもよいことばかりではない。大の悪も小の悪もあくまで罰するのが司法の建前なのだから。しかし特捜神話を「忌むべき幻想」と一刀両断にしてしまうには、地検特捜部の持てる力はあまりに小さい。事件を選ばざるを得ない地検特捜部の現状には、不安と同時に同情もないことはない。

それはそういうものだとして(本当はこれとて問題なのだがそれをあえておいて)、21世紀も入ってしばらく経った今日では、今ひとつの問題もある。特捜部がどこを見て世論を判断するか、だ。

かつてそれはマスメディアであった。いや、今もそうだろう。特捜部が2chを見て捜査方針を決めていたとしたらそれはそれで恐ろしい笑い話だ。とはいえ、マスメディアの取材能力は明らかに落ちて来ており、そしてそれに伴って世論形成能力にも陰りが見え始めている。

ガ島通信 - 捜索前なのに「ライブドアを強制捜査」NHKは誤報と認めず
マスコミの本来の役割は、東京地検特捜部の露払いをすることではないはずですが、捜査を検証するマスコミがあるとうは到底思えない… 特捜部ににらまれれば、たとえどのような罪であろうとも、裁判を前にマスコミと世論によって裁かれてしまいます。

これに代表される懐疑的意見は、20世紀には考えがたいものであった。ある意味、特捜部は金丸事件の時以上の危機にあるのかも知れない。そしてそれがマスメディアの危機と時を同じくしているのは偶然とも言えないだろう。

そう遠くない将来、例えばはてブのホッテントリが特捜部の捜査方針形成に関与するようになるのだろうか?

最後に一つ。特捜神話は特捜部が作ったものではなく、我々が作ったのだという自覚は有権者であれば持つべきであろう。特捜神話を我々が持つ限り、特捜部は世論を気にし続けざるを得ず、そしてそれが本来の特捜部の役割を損なうという認識は持った方がよい。

特捜部もまた公僕である以上、彼らに選択の余地はあるようでない。選択の余地を持っているのは、実は我々なのだ。

Dan the Taxpayer


この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
妖怪がBlogosphereを徘徊している−嫌マスコミという妖怪が。例えば、最近の「週刊!木村剛」は妖怪のスクツになったかのような様相を呈している――。
ブロガーは野党なのか【佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン】at 2006年02月02日 00:36
えーなんだこれは!?とびっくりしたのは16日の夕方 『ライブドア強制捜査』 テレビのレポーターが早口でまくしたてていた。 そのときは忙しくてテレビの続きを見られなかったので情報が得られず、先ほど以下の記事などを読んで大体のことを把握しました。 <ライブ...
ライブドア強制捜査   23日ホリエモン逮捕【陶芸ブログ 炎と土にたわむれて】at 2006年01月25日 00:04
1月19日(木) 「次の世代」 ライブドアを巡る出来事は子供の教育に良いのか
「次の世代」【妄言の杜】at 2006年01月24日 00:30
先日(09-21)佐藤優さんの講演会に行ってきました。 佐藤優さんは同志社大学大学院神学研究科修了後、1986年に外務省入省、三等書記官を経て国際情報局分析第一課主任分析官(現在休職中)。衆議院議員鈴木宗男さん関連の事件で2002年5月背任容疑で逮捕され512日にわ...
佐藤優さん講演会(1)【喜八ログ】at 2006年01月23日 15:56
まず最初にlivedoorをかばうつもりで書いているわけではないということをいっておきます。 証券市場に大きな影響を与えたことは事実であるわけですから。 一番大きく思ったのは…。 なぜ1月16日、17日というタイミングで強制捜査が入ったのか?ということ。 すでに多く...
livedoor問題について思うこと【…】at 2006年01月21日 21:36
ライブドアって、ちょっと脇が甘い。フジテレビの時もそうだし、プロ野球の時もだし、ネットバンクとこじれたときもそうだけど、なんかこう、カチッとピースを嵌められない歯がゆさとかもどかしさが付きまとう。(そういうのが鼻について、以前は嫌いだった。今は、好きで...
以前からなんだけど【くぬぎのしっぽ 〜青山で働く社員の日記(笑)〜】at 2006年01月19日 08:23
マスメディアの取材能力は本当に落ちてきているのだろうか?むしろ、マスメディアの実...
平均値の罠【Jun Seita's Web】at 2006年01月18日 21:21
 末端の成員が正義感に熱いことを信じても、組織が どのような情報経路と基準によって意志決定をしているのか。 撃ち方の「初め」と「止め」を決しているのか。全く判らない。 これではどんなに「世論を反映している」と言われても、
不穏な4時のニュース・NHK、ライブドアのニュース【猫のあしおと】at 2006年01月18日 20:33
ホリエモンは みそぎを受けるには 若すぎます。まだ33歳です。 ほりえもんのキャラクターは 必ずや 何度でも立ち直る人だとは思います。が みそぎとは時間が大変かかるものであり 発展途上にある若い彼に この『みそぎ』を赤の他人が強要することは もったいないと...
引きずり下ろすなら猿でも出来るPart3【貞子ちゃんの連れ連れ日記】at 2006年01月18日 20:09
こういった幸運に恵まれなかった六本木ヒルズの若い経営者への頑張りを思いはかると  私は大変ヒルズ族へは敬意を表するのである。今こそ彼らの頑張りへ拍手喝采を送ります。 そして そういった幸運に恵まれることの無かったヒルズ族の苦しい思いへと想像をめぐらすと 私...
引きずりおろすことは猿でも出来る!Part2【貞子ちゃんの連れ連れ日記】at 2006年01月18日 20:08
おとといの夜から昨日まで ライブドアについて二人の専門家の話を聴いて歩いていた。 昨夜の私のブログ記事について 話が飛躍しているように受け止めた方もいらっしゃるようだ。 ネット上でのブログ記事について私が一番注目している内容は 磯崎氏のブログ記事。大変用心...
引きずり下ろすことは猿でもできる!Part1【貞子ちゃんの連れ連れ日記】at 2006年01月18日 20:07
ニッポン放送株の時と同じように、合法的なものまで批判を受けているライブドアだが、あの時と同じようにメディアはITを潰そうと躍起になっている。 今回も、不可解な微妙な表現が多々用いられながらも、誰がどうみても既にライブドアが犯罪を犯しているという前提で話を....
ライブドアは今後どうなる?【政治家・兄やんの一言モノ申すブログ】at 2006年01月18日 14:54
報道番組はいい加減に、こういうとき、何にも考えてなさそうなディレクターがやっつ
ライブドア強制捜査に思う---投資事業組合とか「ごめんね」とか【BigBang】at 2006年01月18日 12:28
報道番組はいい加減に、こういうとき、何にも考えてなさそうなディレクターがやっつ
ライブドア強制捜査に思う---投資事業組合とか「ごめんね」とか【BigBang】at 2006年01月18日 12:24
livedoor ニュース 錬金術の崩壊 livedoor株売買一時停止 なんか、livedoor関係のニュースが騒がれてますね。 今度は本体の粉飾も発覚したとか…。 そして、私の友人はこの影響で大損したとか…。 確かにマザース、ヘラクレスともにかなり下がってるみたいですしね...
livedoorショック【…】at 2006年01月18日 12:09
ともすれば「陰謀史観」に陥りかねない状況に対する冷静な論考。自戒。 特捜神話は特捜部が作ったものではなく、我々が作ったのだという自覚は有権者であれば持つべきであろう。特捜神話を我々が持つ限り、特捜部は世論を気にし続けざるを得ず、そしてそれが本来の特捜部の...
[politics]「陰謀史観」の罠【gloomy blog @hatena】at 2006年01月18日 11:09
私は吉本新喜劇の定番のギャグである舞台でのズッコケをおもしろいと思わない。同様に、日常生活で誰かが躓いたのを見ても狂喜乱舞したりしないし、それを人間のアプリオリな笑いの源泉と捉えることを悪趣味だと思う。 ましてや、約1年前のできごとの仇をとったかのような一...
ホリエモンは社会悪なのか。【スポンタ通信。 …スポンタ中村です。】at 2006年01月18日 10:46
さっき、ニュース速報 ライブドアが証券取引法違反で東京地検に強制捜査 というニュースが飛び込んできましたが、まず、何でこのタイミングで強制捜査に入ったのか?ということを考える必要がある。 ライブドアが法律違反を犯したかどうかということも気になるところだが....
ライブドアが証券取引法違反で強制捜査?【政治家・兄やんの一言モノ申すブログ】at 2006年01月18日 05:31
生意気に地球の裏側から論評してみる。 まっそういうわけでライブドアに捜査の手が伸びたらしい。ブログ界は大騒ぎである。どう論評しているかと言うと、一応それらしいことは書きつつも、結論としては ざまあみろ のようである。もうさすが日本人、機を観るに敏で...
地球の裏側の猿芝居【ブラジリアン・ガールと不器用な俺の物語】at 2006年01月18日 03:59
先程ビデオを全部みました、今日わかったのは少なくとも安倍さんはグレーだろうなと言
今日わかったこと(人は誠実であるべし)【時事を考える】at 2006年01月18日 01:38
証券取引法違反容疑でライブドアが家宅捜索を受けました。しかし、2004年のことで何故今頃強制捜査を行うのか疑問が残ります。明らかに何らかの意図があるのだろうと感じました。
マスコミの風説の流布は許されるのか【ノーリーズン再び】at 2006年01月18日 00:35
ライブドア関連で気になったエントリーから 404BlogNotFoundの「[http://blog.livedoor.jp/dankogai/archives/50324797.html:title=国民の罠]」 最後に一つ。特捜神話は特捜部が作ったものではなく、我々が作ったのだという自覚は有権者であれば持つべきであろう。特捜神...
[ニュース・時事ネタ]マスコミ報道は国民の鏡【ガ島通信】at 2006年01月18日 00:29
ライブドア関連会社が企業買収を巡って虚偽の発表をしたとの疑いで会社ならびに堀江社長の自宅が一斉捜査された。 このブログもライブドアブログであるためにかなり心配ではあるが、運営には影響はないと堀江氏も述べており、今しばらく静観したいと思う。 この一斉捜査は....
ホリエモン 大丈夫?【ヤクルト狂の独り言】at 2006年01月18日 00:18
早朝の阪神淡路大震災被災者への黙祷から始まり、ストップ安のライブドア株、17年経
いろいろあった1日【時事を考える】at 2006年01月17日 23:14
この記事へのコメント
本エントリーを拝見していますと、検事が公務員・公僕であるからと、盛んに矮小化したい気分が濃厚に滲んでおりますが、傍からは苦しい論点ずらしにしか見えません。
特捜部は金丸問題で世論の強い非難を浴び、その後脱税容疑で捜査に乗り出していることも忘れない方がいいです。また、新書や一般書だけでなく、何故三権分立になっているか、司法の独立性とは何かというような、基礎的な本をひとつ読まれることを薦めます。
Posted by 黒崎 at 2006年01月19日 07:10
人生って皮肉なもので、第三回東京ブロガーカンファレンスの会場として、自慢のご自宅を公開した直後のライブドア事件でしたね。
ガ島こと藤代氏が「無罪推定」と盛んに言っていますが、これはもともと法律の世界の概念でして、一般社会の規範とは異なるものです。混同しない方がいいですよ、一般教養のありなしを試されます。
地検の強制捜査が入る、株価が暴落する、東証上場が取りやめになる可能性も出てくる。これは裁判の結果とはまた別の社会的な影響というものです。
地検・特捜部が世論の力だけを背景にしていると捉えるのはかなり浅薄な理解でしょう。
Posted by 黒崎 at 2006年01月19日 07:10
構造計算書偽造問題で指定確認検査機関の権威が失墜し、
ライブドア粉飾決算疑惑で監査法人の権威が失墜し、
世論だと思って流された東京地検特捜部の権威が失墜する。
やがて、すべてが幻想だったことに気づくのかもしれませんね。
Posted by イプログダイレクトの店長 at 2006年01月18日 22:44
初めてTBさせて頂きます。
大変参考になり、考えさせて頂いております。
Posted by mytaiki at 2006年01月18日 16:42