2006年03月08日 10:33 [Edit]

Professionals are those who dare

それはむしろ47thさんがプロとして「健全」な感覚の持主であることの証拠だと思います。

ふぉーりん・あとにーの憂鬱: 「法」への幻想 (intro)
法律家のくせに、「法」の意義を否定するかのような発言かと思うのかも知れませんが、法律家だからこそ、いつも「法」の限界が気になってしょうがないわけです。

法に限らず、どんな課題でも、ディテールを知れば知るほどその限界も見え、その結果安請け合いはしにくくなります。知れば知るほど無知を思い知らされ、力を出せば出すほど無力を思い知らされ、そして経験を積めば積むほど臆病になる。

そうして「逃げ」たくなった時、やるかやらないかが「プロ」と「評論家」の違いなのだと思います。どちらも知識は大いにあるので、「それが出来ない」理由ならいくらでも思いつきます。「空気より比重が大きな機械は空を飛べない」と言ったのは当時の物理学者でした。電話の発明を「取るに足りない」と言ったのは電報会社の役員でした。そして優生学をもって人種差別を「科学的」に支持したのは生理学者でした。

ここからは英語に切り替えます。どうしてもうまいこと日本語にならなかったので。

If you are an idiot, do it and screw it.
If you are a coward, run.
If you are a critic, give them a million reasons you can't.
If you are a genius, just do it.

If you a professional, dare do it.

Dan the Man Who Dare Say too Often, Dare Do too Rarely


この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
casino-slot【casino-slot】at 2006年05月26日 05:26
小飼 弾氏(プログラマ、jcode.pm開発者、元オン・ザ・エッヂCTO)のブログにとても興味深い記事があったので、そのまま引用します。
プロと評論家【nmtalks.com】at 2006年03月08日 16:54
404 Blog Not Foundの小飼弾さんが、プロと評論家の違いをについて核心をつくことを書いていらっしゃいます。 知れば知るほど無知を思い知らされ、力を出せば出すほど無力を思い知らされ、そして経験を積めば積むほど臆病になる。(略)そうして「逃げ」たくなった時、やる...
知れば知るほど分からないことが増える【大西 宏のマーケティング・エッセンス】at 2006年03月08日 13:37
この記事へのコメント
シンプルな言葉で世の真理を紡ぎ出すというのは、私には逆立ちしても得られない才能なので、本当に羨ましく思います。
仰るとおりで、solutionを持たない評論家は、プロフェッショナルの名には値しないと私自身も常々思っています。

その上で、私はまた、「法」の世界において限界を知るべきでありながら(あるいは知りながら)、あえてその限界を無視して、誰も法を執行できない狭間をつくり出すことに加担する者がいるかと思えば、法の執行というそれ自体権力の行使の影に生じる無辜の被害者を顧みなかった法の担い手があることを知るだけに、こうとも思います。
If you are a professional, dare not to do, if necessary.
Posted by 47th at 2006年03月09日 03:54
こういうとき、横文字の表現の正確さっての思い知るな・・・
それでも足りなくてフランス語併記だけど、国連とかじゃ

最後の一文は謙遜?
Posted by てっく at 2006年03月08日 10:40