2006年03月21日 19:38 [Edit]

ヒト、モノ、カネより大切なもの

とは、居場所、なのではないだろうか。

その思いは最近特に強くなってきている。


先進国の若者(と、まだ不惑に達していない私が言うのも何だが)たちの「まったり」とした不満と不安というのは、ほとんどそれに由来するのではないかとすら思う。

確かに彼らは「不足なしに」育って来た。しかし彼らは薄々感づいているのである。

それが実は与えられたものではなく、未来の自分たちから奪われて来たものであることを。

H-Yamaguchi.net: 賃上げより前にやるべきこと
これまで若年層の雇用機会が極端に不足していたのは、企業が「既に雇われている人たち」の雇用維持を最優先にしたからだ。これは、必ずしも経済原則にしたがったものとはいえない。もちろん、新規に雇用するより既にいる従業員を使いまわすほうが暗黙知を生かすなどの点で有利だということはある。しかし、企業の現場を多少なりとも知る者としていわせてもらうと、実際のところは、そういった合理的な理由というよりも、現在既に雇われている人を厚く保護する労働法制の影響のほうが大きいような気がする。雇われているのは、より付加価値が高いからではなく、既に雇用されているからだ。つまり、労働市場において、市場万能主義が跋扈したことではなく、法制度のために市場メカニズムが働かなかったことこそが、雇用機会の世代間不均衡をもたらしたのではないか。
大竹文雄のブログ: 若者の所得格差拡大
第二は、既存労働者の既得権を過度に守らないようにすることである。解雇権濫用法理では、従業員の解雇を行うためには、新規採用を抑制して雇用維持努力 をしていることを一つの要件としてあげている。既存労働者の雇用保障の程度が高ければ高いほど、既存労働者は賃金切り下げに反対する。それは結果的に、若者のフリーターを増やし、所得格差を拡大することになる。
Espresso Diary@信州松本:「娘、息子の悲惨な職場」。
娘や息子たちが消費者として安さや便利さを追求してゆけばゆくほど、社会人である父親たちは、ますます生産性を上げ、在庫を圧縮し、ひいては若い労働者を厳しい条件で雇用することを求められる。これが「娘、息子の悲惨な職場」というタイトルの隠れた意味なのだと思います。日本の就職活動の厳しさは、たんに「今年は大変だ」とか「採用が増えた」という目先の話ではなく、それまで大切な「お客さま」として扱われたきた学生が、ある時期を境にして突如「売る側」の厳しさに直面するところにあるような気がします。

かといって、私は既得権益者たる、「居場所を得たもの」たちの心情もよく「わかる」。かつてこうした「居場所」というのは、時が経てば自分に「まわってきた」ものなのだ。少年は青年に、青年は壮年に、壮年は老年に、そして老年は死へ。引っ越しはまさに「神の見えざる手」によってなされてきた。

もちろん市場がオーバーシュートしたりアンダーシュートしたりするのと同様に、急な空きが出来たり逆にまだ引っ越し先の退去が終わっていなかったりといったことはどの時代にもある程度はあったものだ。しかし、これほど「上がつかえた」時代というのは、人類はいまだかつて経験していないのだ。

ともなると、とりえあず「今そこにいる者」は、「上が空くまで」引っ越しを留保するだろう。するとそこに引っ越す予定だったものも保留し、結果誰も身動きを取れなくなっているというのが、今の先進国を覆う空気のように思う。

「だから、未だ『居場所』を得ない若者のために場所をゆずりましょう」という意見はもっともだ。しかし数多の「まっとうな意見」と同様、そうはならないのは、居場所をゆずる側が何を得るかがはっきりしないという点も大きい。「立ち退くのは結構。しかし移転先はどちらへ?」と尋ねられても返す言葉、いや場所がないのだ。

それでも、私は軒先を貸す。たとえ母屋を取られても。

一つは、私には「場所はいつでも作れる」という根拠に乏しい、しかし無根拠ではない自信があるからだ。「自らの居場所を確保する能力」に対する自らへの期待を今まで私は裏切らずにすんできた。

私は実は世の中皆が恐れるほど狭くないということを、「皆」よりは少々知っている。いや、実はそれを知っている人がそれほど少なくない事まで知っている。人はそれを「大した者だ」とか「一人前」だとか呼ぶけれど、だから私はそのこと自身は大したことだと思っていない。もちろん取るに足りない事だと言うつもりもないけれど。

本当にすごいのは、人に居場所を与えることなのだから。

それに比べたら、ヒト、モノ、カネをこさえるというのはままごとにも等しいとさえ思う。

その意味で、香山リカが呼ぶところの「貧乏クジ世代」を私はすごいと思う。私自身は、試行錯誤の末やっとこういう考えにたどり着いたが、彼らは実に自然に「居場所の融通」をやってのける。

「いや、それが出来る人と出来ない人の格差が広がっているんですよ」と言われればそうでもあるのだが、私にとって驚きなのは、それが自然と出来る人たちが存在するということなのである。電車男とかNDOメソッドというのは、かつてはほとんどありえなかったと思う。彼らは実に自然体に素直で、自然体にわからないことをわからないといい、そして自然体に与えている。彼らにおける虚勢の不在は驚きに値しないだろうか。

彼らの特徴は、平然と足りないものを要求しつつ、足りているものは鷹揚に与えていることにある。

ずうずうしいという言い方もあるかもしれない。身の程知らずという言い方もあるかも知れない。しかし私はこれを進化だと捉えている。かつては与えるという行為は、必要以上を得て始めて可能ではないかと理解されていたと思う。礼節は衣食が足りなければありえないはずだったのだから。

ところが、今では衣食が足りないということこそありえない。なのに礼節をいつまでたっても学ぼうとしない「上の世代」こそ「厨房」なのだと彼らの目には映っているのではないだろうか。

「今の若者」の不満が、かつてのように暴力的な動きにならない理由がそこにある。彼らは上の世代を「憎んで」はいない。彼らは軽蔑しているのだ。

「上の人たち」には、それがわからんのだろうか。

私としては、憎悪には耐えられても軽蔑には堪え難いのだが。「いや、今の居場所は軽蔑されようが手放さない」というのであれば私としては言う事はなにもないのだが。

しかし、寿命は伸びたのであってなくなったわけではないのだ。永遠の居場所など存在しないのだ。つかえていたところでいつかそこは空くのだ。

居場所は大事であるが故に、そこにしがみつくのはかっこわるい。

「上の人たち」を動かすのは、案外こういった感性に訴える方法やも知れない。「利系」な私には苦手なのだけど。

Dan the Rolling Stone


この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
では、何を規制すべきか。 失業が生み出すもの - FIFTH EDITION政府におかれましては、きちんと労働市場の問題について取り組んでください。また、この間みたいな、官製不況の原因になるような規制をつくらないでください。 「何も規制すべきでない」も含めて考えると、...
規制するなら労働時間を【404 Blog Not Found】at 2008年06月13日 18:22
今回はインド株の特集。 松原渓様が相当勉強されて来たようで、話の展開もスムーズ。
雑誌BUBKAの株研究所(かぶらぼ)記事を読んで(7)【ごろーの日記】at 2006年04月02日 16:21
昨日の日経経済教室で清家教授が 「新時代を迎えた労働組合 格差是正で指導力発揮を」というテーマで書かれていますが・・・難しいでしょう、「労組が」というのは。労組のあり方はだいぶ変わってきてい るのかもしれませんが・・・私はもう、労組のない会社での勤務が長く...
2006-03-29【stonco606の日記 “Tomorrow’s Gonna Be a Brighter Day ”】at 2006年03月29日 15:36
先日、また別な友人と話をした。 私「やっぱりさぁ、今の社会ってお年寄りにばっかり
誰のための今日なのか? Seize the Day【HPO:個人的な意見 ココログ版】at 2006年03月25日 18:58
『[http://www.mainichi-msn.co.jp/keizai/kinyu/ekabu/report/news/20060320org00m020029000c.html:title=私たちに未来はないのか 取り残された「超就職氷河期」世代]』 あいたー・・・・。 今、雇用状態が回復するにつれ、 氷河期でわりを食った世代をどうしてくれる...
[社会]貧乏クジついでにペイフォワードがいいと思う(自暴自棄)。【はてブついでに覚書。】at 2006年03月22日 14:00
皆さん、こんにちは。ふじたやすしです。  さて、きょうはアルファブロガーの小飼弾さんのエントリ「ヒト、モノ、カネより大切なもの」を読んで感じたことを書いてみます。  たしかに、お笑いケーザイ学士の私としては、言うまでもありませんが経済を構成する三要...
世代間のあつれき【転職父さん40歳が直面するマンション購入の壁】at 2006年03月22日 12:34
先に結論から言いましょう。「情報が人、物、金と等価である」ことを知っている世代なのです。 情報を得るためには、対価として何かを支払うことを知っている世代なんだと思います。 氏の言う電車男がどの当たりを指しているのか解りませんが、NDOメソッドなどは、情報を得る...
[論]ヒト、モノ、カネと等価なもの【泣き言メイン(琴子のセンス・オブ・ワンダーな日々)】at 2006年03月22日 10:33
[http://blog.livedoor.jp/dankogai/:title=404 Blog Not Found]の弾さんが、 ヒト、モノ、カネより大切なもの とは、居場所、なのではないだろうか。 と書いていた。確かに、そう思う反面、ちょっと違うんじゃないとも思う。 ヒト、モノ、カネより大切なものとは居場所で...
[Diary]何が大事かは年齢の問題もありとは思うのだけど。【TRANS】at 2006年03月22日 09:35
日曜日の政治番組をみているとポスト小泉が話題になっているようです、まあ未だに永田
ポスト小泉なんかどうでもいい【時事を考える】at 2006年03月22日 00:07
卒業式は私が一番ボロボロ泣いていましたw生徒達に「がんばれ」って言われる始末ww
じゃあね・・・【奈保美先生】at 2006年03月21日 20:32
この記事へのコメント
トラックバックをさせていただきました。
少なくとも私は「ああそういうことなのかな」と気づかせていただいた思いです。
ひょっとすると私の世代(私は40代前半ですが)などはある程度居場所を持ちながらも、それへの不安が大きいのだと思います。
私の世代でも、10年15年前ならそうではなかったかもしれません。でも今はそういう人がそれなりにいると思います。
若い人の気持ちが実際のところどうかはわかりませんけど、そういう思いに対し軽蔑に近い思いは持っていておかしくないかなと思います。
少なくとも私(転職暦1回、無職期間・フリータ期間なし)は居場所への不安は大きくて、今も居場所を探しています。
で、それは、10年後にしがみつきたくないから今模索しているというのが正直なところで若い人に譲るためではないですけど(^_^;)
Posted by stonco606 at 2006年03月30日 13:55
>彼らにおける虚勢の不在は驚きに値しないだろうか。

「衣食が足りない」のを知らない(経験していない)からだけでは?とも考えられます。
それを「知」に当て嵌めるならば、もしかしたら知に対する「畏れ」(「分からない」ことに対する恐怖感のようなもの)がないから=感受性が鈍いだけかもしれないとも考えられる。"それがいいか悪いかは別にして"。

ただ、何でも「答え」は見つかる・問えば返って来るという思い込みは個人的には危険だとは思いますけれども。
自然体なんて、そう簡単に獲得できるもんじゃないです。
Posted by ncd108 at 2006年03月23日 10:46
今は私立校と公立校の授業内容、授業時間に随分差が生じてきていますよね。私立中学でも塾を推奨していない所の進学率も下がったようですし。ちなみに近所の公立校は…荒れまくってパトカーが昼夜問わずパトロールしていますよ。
Posted by nana at 2006年03月22日 20:01
>>九龍 さん

言われてみれば、ごもっとも。
・・・でも「利系」とは・・・
「利」・・・とし。するどい。都合がよい。きく。
利口系・利益系・・・どこか皮肉っぽい意味なのかもw
腕利き、のような意味だと当てはまりますね。
Posted by 情苦 at 2006年03月22日 19:59
確かに「上の人たち」を軽蔑しています
縮小されていくであろう業界にいて
先も見えないのに無闇に賃上げ要求とか意味がわからない
Posted by i(20代独身男性) at 2006年03月22日 15:43
>情苦 様
わざわざ「」で囲ってますし、この場合は
意図的じゃないですかね。

まぁ、弾氏の誤変換の多さには定評がありますが。
Posted by 九龍 at 2006年03月22日 11:46
尊敬できる人を見つけた方が速い。
生きている人の中にいないなら、死んだ人の中から。
ニホンにいないなら、外国から。
Posted by noneco at 2006年03月22日 09:18
軽蔑ですか
自分は憎しみの方が多いかも(汗
みんなでスクラム組んで大学にお泊まり会かぁ・・・
大学闘争ってうらやましいですな(嘘)


>>「利系」な私には苦手なのだけど。

「理系」では・・・意図的!?
Posted by 情苦 at 2006年03月22日 02:58
コメント失礼します!一応読ませていただいたのでっ・・・!でわまたw
Posted by ようChan at 2006年03月22日 02:12
>Doraさん

軽蔑って表現はけっこう当たっているところもあると思います。
みんながみんなそう思っているかどうかはわからないですけど(^^;
Posted by ひろ(30歳独身男性) at 2006年03月21日 22:00
>彼らは軽蔑しているのだ。

私感ですが、大人が推測して若者の気持ちをわかったつもりになるのは、大きな間違いだと思いますが。。

失礼しましたっ。

Posted by Dora at 2006年03月21日 20:29