2006年04月20日 00:00 [Edit]

すべてを一度懐疑していく - 書評 - グーグル 既存のビジネスを破壊する

[2006.04.12掲載; 2006.04.16追補; 2006.04.20発売開始]

むしろGoogle論の本命は、本書だろう。「ウェブ進化論」の読者は、本書も必ず目を通しておくべきだ。


グーグル Google

既存のビジネスを破壊する
佐々木俊尚

ちなみに上記リンク、発売予定日にぎりぎり間に合ったようだ。本entry初掲載時点[2006.04.12]ではまだ有効ではなかった。16日に有効となり、予約受付が始まったと思ったら、2006.04.19現在、予約前に品切れとなったと思いきや、現在24時間以内発送中となっている。表紙画像もやっとアップロードされたようだ。まだお持ちでない方は満を持して←をクリック!

ちなみに文春新書のページではオンライン注文が可能のようであるが、出来ればこちらから(笑い)。

本Entryは、その点を含めて著者からの許諾を取った上で書いていることをはじめにお断りしておく。


「ウェブ進化論」が、「『あちら側』から『こちら側』へのメッセージ」であるならば、本書は「『あちら側』にも『こちら側』にも属さない一ジャーナリストによる、『あちら側』がもたらす『こちら側』の変革レポート」となっている。どちらが共感しやすいかといえば「ウェブ進化論」だが、どちらがレポートして信用に足りるかといえば、本書である。

本書は「ウェブ進化論」が明らかにしない、というより梅田氏が「ウェブ進化論」では割愛したGoogleの側面を過不足なく伝えている。「なぜGoogleはGoogle NewsやGmailといった、儲けが全くでないサービスを提供しつづけるのか?」「それでGoogleはどこで儲けを出しているのか?」「ロングテールって一般人な自分にはどう関係あるのか?」「Googleが陰はもたらさなかったのか?」「そしてGoogleは何になろうとしているのか?」....「ウェブ進化論」があえて避けて来た質問に本書はきちんと答えてくれる。

本書は2006年の今年に入ってから佐々木氏が一気書きしたとのことだが、しかし章立てを見ると、とてもそうとは思えぬぐらい整理されている。まるであたかもGooglebotが生成したかのように。

  1. すべてを破壊していく
  2. すべてを凌駕していく
  3. すべてを再生していく
  4. すべてを発信していく
  5. すべてを選別していく
  6. すべてを支配していく

各章のトビラにも、面白いしかけがしてある。是非自分で手に取って確認していただきたい。

著者の佐々木俊尚氏は、むしろWeb 1.0時代からWebとつきあいのある人には梅田氏よりも有名かもしれない、HotWiredの寄稿者でもある。本書のテーマを執筆するジャーナリストとしては、日本でももっともふさわしい人の一人だろう。その力量に、「一日も早く出版せねば」という「殺速感」と「対象が対象だけにディテールに手を抜けない」という「複速感」のせめぎあいが加わったとき、本書は必然的に傑作となった。書くべき人が、書くべきことを、書くべき時に書いたのが本書である。

もう一つ、「ウェブ進化論」との比較で面白いのは、著者だけではなく出版社である。「ウェブ進化論」はすでにアカデミックなちくま新書を代表する一冊になっているのに対し、ジャーナリスティックな文春新書は明らかに本書を今年の代表としようとしている。両者ともその対象がGoogleだという点で一致しているのは偶然ではあるまい。

ただし、こうしたWebを題材とした新書を書くにあたって、どちらも編集に難がある。一番大きいのは、URIの掲載法だ。「ウェブ進化論」では各章の終わりにならべて書いていて、本書では巻末に「参考文献および関連URL一覧」として掲載しているが、これは使いづらい。これらは脚注として記載するのが正しい。新書の幅というのは、脚注サイズでほとんどのURIがきれいに収まる幅でもある。まだどちらも「新書は読むべきもの」という、Web0.0の感覚から出ていない。「眺める新書」という作り方をこれからの新書は目指すべきだ。この点に関しては新興の新書出版社の方に一日の長があるように見受けられる。彼らとてそれでもWeb 1.0どまりなのだが。

これが販売戦略ともなると、さらに文春新書編集部はいただけない。冒頭に述べた、本書の奥付の第一刷発行日は2006年4月20日。通常その1ヶ月前には販売準備完了となっているのが通例なのに、4月12日現在でもAmazonをはじめとするオンライン書店にいまだに掲載がないというのは、昨今ではかなり痛いポカである。対して「ウェブ進化論」は梅田氏のblogでも販売前からかなり宣伝しており、順調なスタートダッシュを切る事ができた。本書はその遅れを挽回できるだろうか?人ごとながら少し心配である。

それにしても、「ウェブ進化論」と本書を見ると、もう一冊足りないことも見えてくる。「あちら側からのアドヴォカシー」「どちら側にも属さぬ批判」はこれで揃ったが、「具体的にGoogle、とまでは言わぬまでもWeb2.0的サービスはどう作るのか」という工学的な一冊である。それがないと、Googleは未だに「魔法」の域を出ないのだ。梅田氏も佐々木氏もGoogleは決して魔法でないことを知っているが、しかし「どう作ればいいか」まではご存知ないだろう。これも出来れば新書で欲しいところであるが、これに対しては適切な器(vehicle)がまだ存在しない。技評に期待していたのは実はそれだったりしたのだが。

というわけで、まだまだGoogleという司祭の裾の下にはドジョウが何匹もいそうである。あなたもこのドジョウすくいに参加してみますか?

Dan the Reviewer

投稿後TB先


この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
読了第1章 世界を震撼させた「破壊戦略」第2章 小さな駐車場の「サーチエコノミー」第3章 一本の針を探す「キーワード広告」第4章 メッキ工場が見つけた「ロングテール」第5章 最大の価値基準となる「アテンション」第6章 ネット社会に出現した「巨大な権力」via:目次本書は
[本]グーグル Google 既存のビジネスを破壊する【Bugle Diary】at 2012年04月25日 00:11
著者より献本御礼。 2011年 新聞・テレビ消滅 佐々木俊尚 やっとAmazonにも登録されたので紹介。しかし書影も目次も未登録(ここの書影は文春より援用)。「グーグル 既存のビジネスを破壊する」の時と同じだ。これで「新聞・テレビ消滅」と言われたら、文藝春秋よ....
メディアにマスはいらない - 書評 - 2011年 新聞・テレビ消滅【404 Blog Not Found】at 2009年07月17日 16:33
「404 Blog Not Found:惰訳 - Yahoo!とインターネットの将来を書いたら言いたい事を言おう....と思っていたら、 Googleのすべてがわかる本 水野貴明 以下で言いたい事をほとんど言われてしまったorz。 TechCrunch Japanese アーカイブ - Googleは未だにMicroso...
これ以上は外からじゃわからない - 書評 - Googleの全てがわかる本【404 Blog Not Found】at 2008年02月05日 00:53
初掲載2007.04.20; イチオシにつき週明けまで更新掲載予定 先ほど到着。献本御礼。早速読了。ただし「使う」のはこれから。 ソーシャル・ウェブ入門 滑川海彦 これは、すごい。 本書はまさに「現代用語の基礎知識」ならぬ「現代Web2.0の基礎知識」だ。 「ウェ....
書評 - ソーシャル・ウェブ入門[BETA]【404 Blog Not Found】at 2007年04月20日 19:03
<てるや> 結論から。「社内ブログ」の導入である(笑 ここで納得できたらもう以下は読まなくていいですw 導入例を見てみよう。 社内ブログは素晴らしい! >二年くらい前から社内ブログを入れたいと思っていたのです
どんな企業でもWeb2.0化して利益を倍増させる、コロンブスの卵が発見された!!【あるSEとゲーマーの四方山話】at 2007年02月08日 22:09
予約注文してあった分が届いたその日に献本が。 次世代ウェブ グーグルの次のモデル 佐々木俊尚 ありがとうございます。が、献本はお早めに:-)
書評 - 次世代ウェブ【404 Blog Not Found】at 2007年01月22日 09:36
グーグル―Google 既存のビジネスを破壊する 文春新書 (501)佐々木 俊尚 文藝春秋 2006-04売り上げランキング : Amazonで詳しく見る by G-Tools 今年58冊目。おススメ度★★★★☆ 結論:「今が旬」な本。興味のある人はいつか、ではなく、今、読むべき。 今、国内...
グーグル―Google 既存のビジネスを破壊する 佐々木俊尚【成功者への道 Live with Passion!】at 2007年01月10日 23:29
[2006.12.09掲載;発売開始まで更新] 献本キター --> ネットvs.リアルの衝突 誰がウェブ2.0を制するか 佐々木俊尚 ちなみに本entry現在、Amazonのページはまだ存在せずというのは前回のグーグル Google - 既存のビジネスを破壊すると同じ。とりあえず文....
ネットvs.リアルの衝突【404 Blog Not Found】at 2006年12月09日 20:53
夕方にmtgもあるしそろそろ寝ようと思った矢先に。 ITmedia News:Google、YouTubeを16億5000万ドルで買収 米Googleは10月9日、米YouTubeを16億5000万ドルで買収すると発表した。買収は株式交換によって行われる。
Googlezonの足跡が聞こえた【404 Blog Not Found】at 2006年10月10日 07:43
本書は柳の下のどぜうではなく、柳川鍋である。 グーグル・アマゾン化する社会 森健 ただし今までのどぜうの中では一番うまい。 もし手元に千円札が一枚しかなくて、現在のWebを取り巻く環境について一冊で俯瞰したかったら、今なら「ウェブ進化論」でもな...
グーグル・アマゾン化する社会【404 Blog Not Found】at 2006年09月18日 09:04
番組の途中ですが、問題です。 検索エンジンがとびっきりの客を連れてきた! 佐々木俊尚 鯖寿司、毛筆、パソコンのサポート、金庫、屋形船、倉庫、弁当、味噌、江戸切子。次の九つに共通しているのは何でしょうか。
Web2.0=商売0.0【404 Blog Not Found】at 2006年08月06日 23:27
本日到着。ただちに読了。 Web2.0でビジネスが変わる 神田敏晶 これ、もっとふさわしかったタイトルは「Web 2.0であなたが変わる」ではないか。 「グーグル Google-既存のビジネスを破壊する」風に言えば、「すべてを試していく」のが神田氏のスタンスなのだから...
Web2.0であなたが変わる【404 Blog Not Found】at 2006年06月19日 00:13
非常にベタな本を、それも2冊も挙げてしまって全く恐縮なのですが。。。でも、本当に一昨日あたりに読み終えたので。 ISBN:4480062858:title/ISBN:4166605011:title この2冊さえ読んでおけば、Webの世界の門外漢の人も、今のWebの現状を把握するには本当にぴったりな本...
[はてな100冊]1・2/50 「ウェブ進化論」+「グーグル Google」【TRANS】at 2006年05月03日 20:07
グーグル明解検索術 別冊宝島編集部 Google論の双璧が「ウェブ進化論」と「グーグル-既存のビジネスを破壊する」なら、Google術の本命がこれ。
論の前に術あり【404 Blog Not Found】at 2006年05月01日 17:08
グーグル―Google 既存のビジネスを破壊する 6つの章それぞれがGoogl...
過不足がある『グーグル―Google 既存のビジネスを破壊する』を読む【Shoulder.jp】at 2006年04月29日 18:21
グーグル―Google 既存のビジネスを破壊する 6つの章それぞれがGoogl...
過不足がある『グーグル―Google 既存のビジネスを破壊する』を読む【Shoulder.jp】at 2006年04月29日 18:17
ブログ進化論 岡部敬史 書名からして、「ウェブ進化論」の下のどじょう狙いかと侮っていたら意外に当たりだったので。
野山獄にようこそ!【404 Blog Not Found】at 2006年04月27日 09:18
 「Google」を読みました。  ふと思ったのは、GoogleはIT革命(死語)における鉄道になったんだなぁと  いうことです。  もう少し正確に言えば、サーチエンジンは鉄道だということでしょうか。  そして、その鉄道に乗っかって、ロングテールという新しい商品...
Googleは鉄道【ひろのきまぐれ日記】at 2006年04月27日 00:06
去年10月にグーグルがサンとの提携を発表した時は、「ついに打倒マイクロソフトへ、Microsoft Officeに対抗するオフィスソフトの開発に着手か?」と心が躍ったものだ。私だけではないだろう。なにしろ、これまでグーグルが発表してきた製品はほぼすべて無料であったし、も....
グーグル―既存のビジネスを破壊する【おきなわ翻訳生活】at 2006年04月25日 12:13
以前のエントリでも書きましたが、この本が出版されて以降、様々な角度から論評が出されていますね。 中でも、Web進化論とは違った角度からアプローチをしているといっ...
続 『グーグル 既存のビジネスを破壊する』(佐々木俊尚)【群雄割拠】at 2006年04月23日 08:12
グーグル―既存のビジネスを破壊する 読了。グーグルのビジネスモデルを軸にインターネットビジネスの過去現在未来と見取り図がわかりやすく描かれている。自分が最近ITビジネスの行方について感じていたこと、考えていたことに整理がつけられた。  例えばlivedoorが....
佐々木俊尚『グーグル』(文春新書)【亀戸ママチャリ日記】at 2006年04月20日 18:27
大量写真閲覧システム「小二になって京都で遊ぼう」提供開始 [http://www.textpresso.biz/cgi-bin/maiko.cgi:title=小二目線] http://www.textpresso.biz/cgi-bin/maiko.cgi 本日、チーム佐々木一朗太は、小二になって京都で遊べるサービス、[http://www.textpresso.biz/cg...
チーム佐々木一朗太が、サムネールを中止にする写真閲覧システムを提供致します【アラこれは便利だ!】at 2006年04月20日 08:27
それで昨日「月刊文藝春秋」のGoogle関係取材を受けたのですが、なんか複数の記者であちこち取材かけてるみたいで、俺のコメントが最終的に載るかはわかりません。
【文春】Google暗黒特集【たけくまメモ】at 2006年04月20日 04:33
[http://blog.livedoor.jp/dankogai/archives/50452845.html:title=Danさん]、[http://shinta.tea-nifty.com/nikki/2006/04/google_sasaki_9242.html:title=R30さん]、[http://blogpal.seesaa.net/article/16617410.html:title=palさん]のところ既にアップされ、ブログ...
[本を読んだ]「グーグル Google 既存のビジネスを破壊する」佐々木俊尚【ガ島通信】at 2006年04月18日 22:55
 久しぶりに発売日に本を買う。 グーグルGoogle―既存のビジネスを破壊する  「ウェブ進化論」が想像していたより、ずっとおもしろく、会社に向う通勤電車内で読むことによって、随分、仕事に対するモチベーションが高まったので、この本も通勤内電車で読みたいと思....
『グーグルGoogle―既存のビジネスを破壊する』購入【状況が抉る部屋】at 2006年04月18日 20:47
ジャーナリストの佐々木俊尚さんが「グーグル Google??既存のビジネスを破壊す
世間様はグーグル、グーグルとうるさい^^が...【時事を考える】at 2006年04月17日 01:13
グーグル Google〜既存のビジネスを破壊する〜 さっそく、予約してしまいま...
グーグル Google〜既存のビジネスを破壊する〜「ウェブ進化論」の次に読むべき本【FIND-MARKING】at 2006年04月16日 09:51
 すでに小飼弾氏のブログおよびpal氏のブログで書評がアップされている佐々木俊尚氏の『グーグル 既存のビジネスを破壊する』を発売前に入手して読むことができた。月
書評:「グーグル 既存のビジネスを破壊する」【R30::マーケティング社会時評】at 2006年04月16日 02:52
それにしても、「ウェブ進化論」と本書を見ると、もう一冊足りないことも見えてくる。(略)「具体的にGoogle、とまでは言わぬまでもWeb2.0的サービスはどう作るのか」という工学的な一冊である。それがないと、 Googleは未だに「魔法」の域を出ないのだ。 [http://blog.l...
「Googleの作り方」を書くことの難しさ、そして期待【llameradaの日記】at 2006年04月12日 22:57
http://blog.livedoor.jp/dankogai/archives/50452845.html danさんとこ経由。 hotwiredでも連載してた佐々木さんが本出すらしい。 内容は読んでないんだけど、danさんが言っているように本を売る際に、 これが販売戦略ともなると、さらに文春新書編集部はいただけな....
「グーグル Google」 既存のビジネスを破壊する 佐々木俊尚著【FIFTH EDITION】at 2006年04月12日 19:49
この記事へのコメント
> 1. すべてを破壊していく
> 2. すべてを凌駕していく
> 3. すべてを再生していく
> 4. すべてを発信していく
> 5. すべてを選別していく
> 6. すべてを支配していく


ゾクゾクと惹かれる。

買います。読みます。
Posted by 松枝宏嵩 at 2006年04月13日 15:57
>あなたもこのドジョウすくいに参加してみますか?

弾さんに参加して欲しい!
Posted by ひろ at 2006年04月13日 01:22
>masaki

5章が特に読みたいっす(w
Posted by k.daiba at 2006年04月12日 20:15
>masaki
ひ、ひどい・・・。

http://www.bunshun.co.jp/book_db/html/6/60/50/4166605011.shtml
なんだ、ネタなのかと思ったら実在するのかー。
Posted by tawawajap at 2006年04月12日 18:01
たとえば

小飼弾著『Googleの作り方 -半年と1千万円で起業するチープ革命手順-』
序章:オープンソース環境の進化と容易さ&既存のシステムがいかに高コストか
第1章:1万アクセス枚のハードウェアコスト、開発コストはいくらか
第2章:さあ、みんなで考えよう(アイディア・調査編)
第3章:起業に必要な手順(法務編:こんな税理士・弁護士と相談しよう)
第4章:起業に必要な手順(ソフト編:rails?Ajax?やっぱりperl?)
第5章:起業に必要な手順(ハード編:データセンターこうやって作れます)
第6章:テスト運用これも作戦(まずはベータ版でこっそりと)
第7章:さあ、スタートだ(宣伝にはブロガーを使え)
終章:買収か上場か、それが問題だ(倒産もあるけど)

とか?
Posted by masaki at 2006年04月12日 17:48