2006年04月24日 02:00 [Edit]

はてなに入りたくても入れないみなさんへ#1

次は批判精神に対する批判、かな。

jkondoの日記 - はてなに入った技術者の皆さんへ
批判精神
人と違うこと、ユニークであることをはてなでは重視します。それぞれの技術者が独自で多様な視点を持ち、闊達な議論を行う中から新しい可能性が生まれると信じています。

批判精神で実は最も重要なのは、批判することではなく、自分に対して向けられた批判を受け止めることです。他を批判しつつ自に向けられた批判を抑圧したり黙殺したりするのことは、科学ではなく宗教の範疇となります。

自分に対して向けられた批判をきちんと受け止められる人は、はてなにおける職の数よりもさらに少ないと思われます。自らの心に沸き上がった疑念の心を抑え、口をつぐむのは自然なことです。王様が裸であることを指摘することは、子供には許されても大人には許されないのです。自分が感じたり考えた正直な気持ちを発言しないことで、あなたはもしかして未来の大きな可能性を失ったのかもしれません。しかし、それで救われた人々は確かに存在するのです。誰よりも、正直な人々がその恩恵を一番受けているのです。皆が正直に自分の心のゆくまま語り始めたら、それに対して耳を傾ける暇が、誰に残ると言うのでしょう。

だから、恥ずかしがり屋であること、引っ込み思案であることに罪悪感を感じないで下さい。発言というのは、何かを成す行為です。それは善だったり悪だったりします。あなたが口をつぐむことで、なされぬ善もあるかも知れませんが、それは少なくとも悪ではないのです。

人の耳は以外と轟音には強いそうです。さもなければ飛行機の中で眠れるわけがありませんもの。それと同じで、饒舌の泣き所は、人々がそれに慣れてしまう事です。最初は振り向いてくれても、慣れてくると「またあいつが変な事言ってるよ」(Here s/he goes again)となるわけです。君子豹変す、という言葉があります。いい人が急に悪い人になることではなくて、知恵者は態度を改める時には躊躇しない、という意味です。自分がいい損ねた言葉、伝え損ねた気持ちを貯めておきましょう。後でそれを一気に開放した方が、その場でいうより効果的かも知れませんよ。

その一方、こうした「正直な科学者」たちに対して陰口を叩くのはひかえておきましょう。自分がよりみじめになるだけです。敵の敵は味方とも言いますが、他人の不幸は自分の幸福ではありません。蜜の味がするですって?それは蜜ではなく毒です。その毒を気づかずに飲んで命取りになった人たちがどれほどいることか。

え、もう命なんていい?捨てる前に次のEntryをお待ち下さい。

Dan the Selfish Scientist


この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
404 Blog Not Found:はてなに入りたくても入れないみなさんへ#1
404 Blog Not Found:はてなに入りたくても入れないみなさんへ#1【】at 2012年01月25日 10:21
jkondoの日記 - 批判とか褒めるとか http://d.hatena.ne.jp/jkondo/20060318/1142637936 褒めながら批判すべき点をうまく伝えるのが一番難しい。 ▲まるボウズ日記@サイボウズ: 批判と提案 "改善する意志がないと、批判 改善する意志があれば、提案" http:.....
批判【パンデイロ惑星 (PukiWiki/TrackBack 0.3)】at 2006年10月29日 02:23
ここらへん。 http://app.blog.livedoor.jp/dankogai/tb.cgi/50467766 http://app.blog.livedoor.jp/dankogai/tb.cgi/50468000 http://app.blog.livedoor.jp/dankogai/tb.cgi/50468021 http://app.blog.livedoor.jp/dankogai/tb.cgi/50468211 http://app.blog.livedoor.jp/da...
素晴らしいEntry【ネリモノ】at 2006年05月07日 08:27
今更ですが、id:jkondo氏の技術者社員向けメッセージを読んで感じたことをコメント。自分はこういったバリバリとコードを書いてサービスをどんどん生み出していくような仕事ではないものの、一応IT業界の端くれとして思うところがあった。多分、業界は違えどそれぞれがおか...
[skill][think]技術者として仕事をするということ【日記/雑記/覚書/落書】at 2006年05月01日 00:44
副題:新人の方々へ。 社会的に影響が大きいアルファブロガーの小飼弾様が書いてらっ
「はてなに入りたくても入れないみなさんへ」批判(一部賛同)。【ごろーの日記】at 2006年04月24日 22:40
perl - even more best practices 「俺ならこう書く...
俺ならこう書く【maru.gs】at 2006年04月24日 03:01
この記事へのコメント
>けん

批判精神を自分に向けるものとかそういうこと言ってねーだろ。ちゃんとエントリ読めやクソボケが。大事なのは自分に向けられた批判を受け止めることって言ってるだろが。お前は論点がマジ全くずれてんだよ。他人を批判してるのは自分だし。マジお前の知性全否定ですわ。
Posted by ばば at 2007年12月05日 06:19
批判精神って自分に向けるものだってのは常識ですよ
自分の立場自分の思考の前提を疑って批判的に見なおす
それはすなわち常識を疑うことにもなるので
近藤さんの言ってることはそのとおりですよ

批判を他人に対するものだと思い込んでいるのは
あなたでは?
カントの「純粋理性批判」にいう「批判」とは
まず自己の立場の徹底的な吟味をいうわけですからね
Posted by けん at 2006年04月24日 19:38
まず第一に、「jkondoの日記 - はてなに入った技術者の皆さんへ」をネタとして拾う感受性がすばらしい。
第二に、そのネタをこういうふうに料理しようと発想するセンスがやはりすばらしい。
第三に、それについて掘り下げていこうとする思考や情動の態度・あり方がすばらしい。それは、生き方の姿勢とでも言うべきもので、普段、ぼーっとしているときに、自然とそういう思考になっていくほど身体化している精神の在り方。そうでない人が、こういう記事を書くと、簡単に化けの皮がはがれるので、記事を見ただけでそれと知れる。

それら、とくにこの精神や情動のホームポジションは、実は、この記事の内容自体より、はるかに重要なことで、記事内容自体に感心したり、くだらないと感じている場合じゃなく、学ぶ価値がある部分としては、その美点の方がずっと優先順位が高いと思ったりもした。
Posted by fromdusktildawn at 2006年04月24日 11:21