2006年05月18日 14:00 [Edit]

"Hello, world!"から始めたくない人は - 書評 - Perl Cookbook

この答えもまたPerlらしく、"More than One Book to Read"なのだが、すでに他のLightweight Languagesをある程度知っているという人ならこちらだろう。

F's Garage:Perlを勉強する順番
Perl の学習コストを大幅に軽減するスゴイ方法に書いてある、以下の本から、まずはこれは読んでおけというオススメの本があったら教えてくださいってのと、読む順番がよくわからんので教えてください。

以前にも何度か紹介したのだが、単体での紹介がまだなので。

Perlで飯を食うようになるなら、いづれはラクダ本と「ロングテール本」(Perl Best Practicesのこと。たった今命名)は手に入れるべきだが、「とりあえずまかない飯ぐらい自分で作りたい。料理そのものはしたことがある。道具がわからん」という人なら、いきなりコレから初めてもいいと思う。

本書のウリは、なんと行っても豊富な実例。「これしたいんだけどPerlならどうやるの?」という例がこれでもかこれでもか、と載っている。実は私が一番多く参照するのも、ラクダでもロングテールでもなく実はこちら。自分が得意な料理だけではなく、不得意な料理まできちんとレシピが載っているところが素晴らしい。

分厚い本だし原著でも5000円近い価格、邦訳だと分冊されて両方そろえると一万円というのは確かに高いように見える。しかし、この本一章だけで他の本なら一冊成り立つ実例が、20章以上載っているのである。本を20冊買う事を考えたら、こちらの方がずっと安上がりだ。

逆に、プログラミングそのものの初心者で、最初から体系的な知識を身につけたい人は、←リャマ本とその続編、アルパカ本がいいと思う。この続編、改訂を重ねたため、タイトルもいくつか存在するが、最新はこの"Intermediate Perl"となっている。Perl固有の問題もさることながら、プログラミング一般の全体の流れをつかむことができる。

あと、オライリー本全体に言える事は、「高いけどそれなりの価値はある」、ということ。プロが使っているのはだてじゃない。本題ぐらいはすぐ仕事で元が取れる。これまた以前書いた事だが、「原典ほどやさしい入門書はない」のであり、そしてオライリー本はほとんど原典扱いなのだ。

ただ、あの版形だけはちょっとムカつく。本棚へのおさまりがすごい悪いのだ。A版にしてほしい。

Dan the Man with Too Many Books to Read


この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
オライリー矢野様より献本御礼。いつもありがとうございます。 JavaScript & DHTMLクックブック 第2版 Danny Goodman / 村上列訳 [原著:Javascript & Dhtml Cookbook (2nd Ed.)] 初出2008.06.17; 販売開始まで更新 JavaScriptのクックブックとしては結...
怠惰が足りないが短気旺盛 - 書評 - JavaScript & DHTMLクックブック 第2版【404 Blog Not Found】at 2008年06月17日 17:17
さすがに出典が日経Linux 2003年7月号だけあって、少しトウがたってはいるけど、現在でもわずかな修正で使える記事。さすが川合さんといったところか。 第1回 Perlの文法の基本:ITpro というわけで、この記事の「現代化」Patchを。
perl - 勝手に添削 - Perl入門#1@ITPro【404 Blog Not Found】at 2008年06月03日 05:57
著者より献本御礼。 例解Unixプログラミング教室 冨永和人 / 権藤克彦 内容が「Unix/Linuxプログラミング 理論と実践」のだけど、こちらはこちらで良著。「Unix/Linuxプログラミング 理論と実践」がクックブック的なら、こちらは「リャマ本」的な一冊となってい....
教科書として書かれた一冊- 書評 - 例解Unixプログラミング教室【404 Blog Not Found】at 2008年05月18日 11:10
1 404 Blog Not Found:The Pursuit of Happiness 左記より引用 しかしこの本の本当の魅力は、最初の20ページに満たない「序文」にある。”Perl”が単なる電脳言語の枠を超えて、ポストモダニズムのシンボルになった理由が、すべてそこに凝縮されている。実はAmazon本家では...
死ぬまでに、原典にできれば原著であたりたい一冊はなんですか?【どんなジレンマ】at 2008年03月15日 09:12
技術評論社書籍編集部池本さんより献本御礼。 入門正規表現 岩谷宏 初出2008.03.05;販売開始まで掲載 404 Blog Not Found:書評x3 - SQL本三大対決言語内言語としてこれだけ使われるようになったSQL。そうするともう一つの言語内言語、正規表現が気になる。しかし...
get($one) if $you =~ /regexp user/;# - 書評 - 入門正規表現【404 Blog Not Found】at 2008年03月05日 22:57
今書いている本の資料として両書とも購入したのだけど、よせばいいのに二つとも一気読みしてしまった。 Python Cookbook (2nd Ed.) Ruby Cookbook コンデンスミルクを二缶いっきのみしたような感じ。うぐぐ...
There's more than one language to cook your problems【404 Blog Not Found】at 2006年11月21日 13:38
この記事へのコメント
「perl5デスクトップリファレンス」(perl pocket reference)とperldocだけでも、ある程度使いこなせるところまではなんとか到達できたと思っています。もちろん、CやLispを含む他の言語の知識が前提ですが。

XSを使った拡張や、OOPを使ったモジュールを書いたりといったあたりはまだまだ遠い道のりで、最近クックブック(日本語版)を読んでみて、勉強になることしきりという状況ではあります。

「デスクトップリファレンス」はいつでもバッグの中に入れておけるので重宝しているのですが、いつの間にか日本語版が絶版になっていて少しびっくりしています。5.8対応の第4版の翻訳待ちかなとも思いますが、近刊情報にもありません。(ページの編集方針を別にして、原著で十分といえば十分なんですが、英語を読むのに壁のあるひとには薦めにくい。)
Posted by ym at 2006年05月20日 11:46
レスありがとうございました。
とりあえず、Cookbookの日本語版の方を注文しました。

Perlはオライリーの中でも、とびきり冊数が多いだけに本屋で圧倒されてるのは僕だけじゃないと思うので、道筋が整理されるととてもありがたいです。
Posted by f-shin at 2006年05月19日 00:43