2006年05月23日 15:00 [Edit]

名前のスケーラビリティ

Slide0013

もう一つは、→。

404 Blog Not Found:弱いんじゃない、力がないだけだ
返信したい点が二つあるので、Entryを分けます。
CNET Japan Blog - 江島健太郎 / Kenn's Clairvoyance:匿名性は(いわゆる)弱者だけの特権ではない
そういえば、テクノラティCEOのDave Sifryが報告してたけど、もはや日本語圏のブログの投稿数は英語圏のそれを追い越してしまって世界一の座を占めているらしい。これには世界中のみんながびっくりしたよね。

これはなぜか、という考察。


しかも、これには2chなどの"anonymosphere"が入っていないのだ(我ながらいい造語だと思う)。

CNET Japan Blog - 江島健太郎 / Kenn's Clairvoyance
これは日本人がケータイから短いブログを細切れに投稿している場合が多いということもあるだろうけど、むしろ匿名の比率が高いおかげで自由に遠慮も容赦もなく日々のことを書いてるからっていうのもあるんだろう。

ここで留意して欲しいのは、blogでは実名は出さなくてもいいが、それは匿名でもないこと。blogosphere != anonymosphere というのは、重要な示唆を含んでいる。

私はこの、実名と匿名の狭間にある言語空間を"aliasphere"と勝手に命名している(これも悪くないと思う)。日本語のwebsphereにおける大躍進は、このaliasphereのインフレーションにある。

この"aliasphere"の存在に関しては、実は本blogでも何度かとりあげている。

404 Blog Not Found:筆名!=匿名
大事なのは、信頼度は名前に対して割り当てられる属性だということだ。名前は信頼の財布なのだ。バッグを使い分けるように名前を使い分けることはむしろ当然の事かも知れない。少なくとも現代人の多くは「職場」「家庭」そして「自分自身」という三つの財布を持つ事を強いられている。同じ財布を使い回す方がむしろ難しい。そしてblogはその財布の一つであっても構わない。
404 Blog Not Found:実名は振込口座?それとも振替口座?
実は発言そのものの価値は、実名と匿名でさほど変わることはないと思う。さすがに2chを私が巡回することはないが、ニャー速程度は時々眺めるし、Refererが2chの板ならとりあえず覗いてみることぐらいはする。彼らのほとんどが社会的にも知的にも劣る「厨房」だとはとても思えない。しかし臆病であるとは思う。そしてなぜ臆病になるのかを思い図ると、上記のような結論になるのだ。

実名では怖い。しかし匿名では物足りない。blogが英語圏より日本語圏でより大きく開花したのは、「筆名」という中間色が好きな日本人の文化にそれがしっくり来たからではないのか。

思えば、古来より日本では別名を複数持つことが、他の文化よりは普通だった。俳号、雅号、芸名....なんだかOSの上で別のOSを動かす、仮想OSのようではないか。この「仮名」への寛容が、今の日本のblogsphereの多様性の源のようにも思える。

CNET Japan Blog - 江島健太郎 / Kenn's Clairvoyance
さて、歴史的にはたとえば貨幣というメディアがそういうコンテキストの切断(匿名化)の役割を果たしてきていたけれど、ここにきてマネーが完全電子化することでふたたび情勢は顕名性(というかアカンタビリティ)へと揺り戻しつつあり、その極北の試みがスズケンのPICSYだったりすると。だよね?(ここはちと自信なし)

PICSYが極北かどうかはさておき、大づかみな理解では共通していると思う。私は数学オタクなのだが、数学の発展というのは、大まかに言ってしまえば、例えば自然数->実数->素数複素数といったような「拡張」と、整数->分数->代数的数(i.e.√2)といった、「二点の間に何かある」といった「細分」に分けられる。実名と匿名の間に、仮名があり、その仮名も何段階も設定できるという「中間名」が、日本の文化を解くキーワードなのだと思う。

そう考えると、私の可変署名というのも、ある意味「実名リンク付き仮名」と見なせなくはない。ソースコードをas-isでpasteする私も、替え歌を口ずさむ私もどちらも「弾」なのだが、すべての弾を見てくれるほど暇な人はさすがにいないだろう。私自身を含めて:)

小飼 弾 aka Dan the Man with Variable Signatures


この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
 我々は、法律もしくは契約によって求められない限り、戸籍上に登録された名前ではない別名を使う権利を持つ。  また、何らかの事情により戸籍上に登録された名前を秘すとき、歮..
ボクたちは匿名で議論する権利がある【blog.桜井@猫丸屋】at 2007年12月26日 00:01
 我々は、法律もしくは契約によって求められない限り、戸籍上に登録された名前ではない別名を使う権利を持つ。  また、何らかの事情により戸籍上に登録された名前を秘すとき、歮..
ボクたちは匿名で議論する権利がある【blog.桜井@猫丸屋】at 2007年12月25日 23:58
404 Blog Not Found:名前のスケーラビリティ 古来より「古来」が絡んだ主張には眉唾で臨めと言われているように(あるいは言われていないように)、それらを基点に展開されるとどうもうさんくさいと思ってしまう。似たようなものに民族性だとかお国柄だとか深層心理とか本能
こうさぎになりたい僕たち【君の発売日】at 2006年05月24日 01:54
外国のアジアンマーケットで見つけた変な日本語商品の数々。
変な日本語商品みっけ!【】at 2006年05月23日 19:12
この記事へのコメント
anonymous - anonymity と並べて pseudonym - pseudonimity という語が使われていることが英語圏では多い気がします。pseudonymosphere だと、語感はあまりよくないかも知れませんが。

Posted by anon at 2006年05月26日 00:27
こんにちわぁ^−^
面白いブログ探してたらここにきました〜☆
えみはこのサイトで遊んでるからよかったらきてね♪
Posted by えみ at 2006年05月24日 17:54
> 弾さんは、北斗柄がいってる集合はどれも可算だと考えたんじゃないでしょうか。

今から16年前、京都の宝ヶ池で「対角線論法の誤り」という題の「論文」を配っていた日本人のおじさんを思い出します。5秒で誤りに気づいたのですが、私は黙っていた。周りのだれもまた、黙っていた。あのおじさんの真剣な顔を見て、親切心は残酷であることを誰もが悟った。今でもあの「論文」を世に出すことに人生を賭けているのかもしれない。それを思うと、あれで良かったのかと今でもときどき悔やむことがある。
Posted by 通りすがりの者 at 2006年05月24日 02:44
> 手厳しいですね.弾さんは本当に分かってないのかしらん?

ここだけ見ればそう言われるのはごもっともですが、今までいろいろとありまして。

私もついつい「コマネチ大学数学科云々」なるこちらのエントリーでやむを得ず反応してしまったところ、何だかおかしな方向に行ってしまい。。。
私は数学の話をしたかっただけなんですが。
よろしければ、助けてください。
どなたか知りませんが、etaleと名乗ってp進の話が好きと来れば大体どっちの分野の人か分かりますので。(笑)

ところで、

> それと友人にするんだったらAbelの方がいいな.;-)

やはり、カインより?
Posted by 通りすがりの者 at 2006年05月23日 23:25
通りすがりの者さん
弾さんは、北斗柄がいってる集合はどれも可算だと考えたんじゃないでしょうか。
Posted by 北斗柄 at 2006年05月23日 23:22
etaleさん、
orz.TypoがTypoを呼ぶ....
しかし、コメント欄だとさらにfontが小さくてtypoがわかりづらい。こないだの「薮」vs「藪」の例もあるし。CSS変えようかなあ....
Dan the Typo Generator
Posted by at 2006年05月23日 23:14
orz

galoisだけフランス語にしてしまった.並べるんならgaloisianでした.
でも英語でgaloisianなんてほとんど見たことないな.
Posted by etale at 2006年05月23日 22:26
通りすがりの者さん,
手厳しいですね.弾さんは本当に分かってないのかしらん?

弾さん,
Adaleって何者ですか?Abelの間違い?
形容詞の普及レベル的にはabelianはgaloisienに圧勝です.
それと友人にするんだったらAbelの方がいいな.;-)

adelicですが

\prod_v |x|_v = 1 (vは全部のpと∞を動く)

とか簡単だけどすごい示唆的で数学オタクじゃない人には新鮮だと思います.
Posted by etale at 2006年05月23日 22:23
せこくタイポ(というか誤解。たぶん)の指摘なんですが、
i.e.→id est→すなわち
e.g.→exempli gratia→たとえば
英語母国語の人もしょっちゅう間違ってますけどね。
Posted by つきっつ at 2006年05月23日 19:10
止めておけばよいのに。
だから言ったこっちゃないですよ。

小飼さんは勝手に「数学オタク」を名乗っていても、
北斗柄さんの話もetaleさんの話も全く理解できす、

> どうしてAdaleよりGaloisの方が有名なんだろ?

なんて寝ぼけたこと言っているんだから。
Posted by 通りすがりの者 at 2006年05月23日 18:56
Adelicで思い出したけど、どうしてAdaleよりGaloisの方が有名なんだろ?
Dan the Fan of Both
Posted by at 2006年05月23日 18:48
etaleさん、
PrimeならぬPrimitiveなtypoでしたね。今回は<strike>で直してます。ありがとうございます。
うーん、adelic。確かにちょっと惹かれます。どう惹かれるかは以下。
http://en.wikipedia.org/wiki/Adelic
ただこれだと(anonymou|alia)sphereみたいなpunにはなりませんねえ。
Dan the Continuous Typo Generator
Posted by at 2006年05月23日 18:47
素数じゃなくて複素数ですよねというtypoの指摘はともかく,
数学オタク的にはメタファーがかっこよくないです.

拡張には拡大(extension 小さいほうが大きいほうの部分)と細分(refinement 小さいほうが大きいほうの商)があって,
各(観)点pごとにp進のaliasがあるadelicsphereの方が広々としていい感じじゃないですか.

各identityはrationalな存在として本来のアデールな世界ではdiscreteに屹立しているんだけどrealに落としちゃうとベタベタとdenseに密着しちゃうんですよね.
Posted by etale at 2006年05月23日 18:38
つまり、弾さんは実名集合(濃度アレフ0に相当)と匿名集合(濃度アレフ1に相当)の中間の濃度を持つエイリアス集合を見つけたということでしょうか。人間社会においては連続体仮説は成立していないのかもしれませんね。
Posted by 北斗柄 at 2006年05月23日 16:40