2006年06月18日 00:00 [Edit]

コマネチ大学数学科第9講

やっとこさ録画で確認したコマネチ大学数学科。

今回は「美術館定理」。講師は中村先生。


問題そのものは、以下のリンクを参照のこと。

空洞美術館定理
http://web2.incl.ne.jp/yaoki/kudou.htm
Art Gallery Theorem
http://mathworld.wolfram.com/ArtGalleryTheorem.html

↑の「不変量とはなにか」に、この問題が取り上げられていたように思ったのだが、今調べたらそれは私の勘違い。だけれども良著でもあるし、この問題も一種の不変量問題でもあるので取り上げた次第。

番組では、定理の導出まではやらず、具体的な美術館の図を示して、そこにカメラが何台あればよいか、という設問であった。

今回は「与作は木を切る〜平方根」なコマ大生も女子東大生チームもマス北野も、具体例の正解にはたどりついていたが、定理導出までは至っていなかった。コマネチフィールズ賞は全員に送られたが、今回の場合、「ナシ」でもよかったように思える。

確かに、そろそろ具体例だけではなく、定理導出の問題も出してはどうか。過去にさかのぼるのでもいいから。例えば例の二次方程式の解

を導出せよ、とか。公式そのものは覚えさせられても、公式を導くところまで覚えている人は意外と少ないのではないか。ピタゴラスの定理だって、大人にぱっと聞いてみたら、すぐに答えられる人はどれくらいいるのだろう。

Dan the Auditor Thereof


この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
というわけで放映回数二桁目に入ったコマネチ大学。 今回は、とっても深夜番組だった。よからぬ意味で。
コマネチ大学数学科第10講【404 Blog Not Found】at 2006年06月23日 16:56
この記事へのコメント
むしろ
公式の導出をさせずに公式の信用度をいかにして
調査するかという能力のほうがおもしろいだろう。


"小飼弾が言ってるから正しい"とか
"金持ちが言ってるからとりあえず採用"とか
そいつの価値観がうかがえて楽しいとおもう。
Posted by 公害談 at 2006年06月18日 17:14
二次方程式の解の式がぱっと出てくる人は、大抵自分で解の導出をやったことのある人だと思うのですが。
三平方の定理なら3通り以上の方法で証明しろとか少しシバリを入れないと面白くないでしょう。マス北野なら5通りは持ちネタがありそう。
Posted by 北斗柄 at 2006年06月18日 01:13
hanahiさん、
ありがとうございます。直しました。
それにしても、渡し以外のbloggerのみなさんは以外と娯変換はないのだろうか。
Dan the Typo Generator
Posted by at 2006年06月18日 00:53
渡し→私 ?
以外と→意外と
Posted by hanahi at 2006年06月18日 00:43