2006年07月17日 01:00 [Edit]

導きの星、小川一水

コメント欄で複数指摘のあった谷甲州の新作をAmazonで探しているときに、「俺を買え」オーラを強く感じたので買ってみたところ大当たり!

David Brinの「知性化モノ」なんか目じゃないゾ。


と、切り出したように、本作品も「宇宙文明による別宇宙文明の育成」というのが主題ではあるのだけど、Brinのノーテンキな「人類トクベツ」「人類マンセー」と比べてると、本シリーズの方がずっと説得力がある。それでいてきちんとハッピーエンドになっているのもすごい。

長さが適切なのもうれしい。全四巻、1000ページを超える大作ではあるのだけど、最近のいわゆる「ラノベ」の多くがジャンプの連載じゃあるまいしだらだらと続ければいいってもんじゃないでしょ、ARIELって何巻あるの?20巻ですかそうですか、というキレのワルさがないのがいい。この点は、確実に「師匠」笹本 祐一を超えている。

本作には、いい作品に必須な「ベタ、オタ、ネタ、メタ」が全て揃っている。だいたい第一巻から四巻までの配分もこの順番になっているのも適切な順番だと思う。第一巻のはじめがベタな「宇宙文明育てゲースラップスティック」になっているかと思いきや、それがきちんと最後の第四巻のメタな伏線になっていて、その間にオタとネタが惜しげもなく投じられているというも、上質の交響曲のようでいい。ちなみに本書のあとがきによると、

P.S. NHKがなんと言おうと、導きの星のBGMはアディエマス「世紀を超えて」、です。

とのこと。うん、ぴったし。

とりあえず手元には他に「第六惑星」と「老ヴォールの惑星」があるのだけど、これらは後日また書評するとして、小川一水が現代日本SFにおける導きの星だというのは確かなのではないか。なんといっても1975年生まれ。今Webを引っ張っていっている世代と同世代というのもなんだか暗示的だ。なにより自分より若い人がちゃんと頑張っているというのが素晴らしい。とはいえ、17歳でデビューとのことなので、もう15年も「現役」なのだけど。

そしてつい数日前までそのことを知らなかったことにちょっと愕然とする。確かに20世紀の終わりから21世紀の初めというのは、私自身多忙で、最もフィクションを読んでいなかった時期だけど、それにしてもこんな大器を全く知らなかったとは。

それだけに、一つ心配ごとがある。

今のペースで彼、に限らず作家たちに執筆させるのが本当にいいのか、ということ。

小川遊水池@blog: そういうわけで星雲賞
こんにちは、小川一水です。本日は欠席してすみません。締め切りまであと一週間なので、ちょっと顔を出せません。

星雲賞の授賞式に多忙で欠席しなければならないほど書かないと、食べていけないのだろうか?

これはSFに限ったことではなく、どう見ても欧米の作家より日本の作家は執筆点数が多い。英語と日本語の読者人口の差と言ってしまえばそれまでだけど、もう少し何とかならないものだろうか?

それにしても、「導きの星」は日本語でしか読めないのが惜しい作品だ、誰か英語に訳してBrinの鼻をあかそうという人はいないだろうか。

Dan the Newbie Fan Thereof


この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
昨日読んだもう一冊が、こちら。 時砂の王 小川一水 だれだ、「SFは死んだ」なんて行った奴は。
SF、死んでません - 書評 - 時砂の王【404 Blog Not Found】at 2008年04月23日 01:27
むしろWikipediaの定義をこちらに差し替えたいほど秀逸な定義。 CNET Japan Blog - ギートステイト制作日誌:ITと未来と青い空と SFにはサイバーパンクというジャンルがあります。誤解を恐れずものすごく端折って言うと、「宇宙に行かない人類の未来を描いた小説」のこと...
宇宙は遠くになりにけり【404 Blog Not Found】at 2006年10月31日 15:25
今年は同窓会でLLに行けないことが確定したのですが、LLでも名物な、空気も発言権も関係なく喋り出す小飼弾氏んとこで、小川一水氏をベタボメなのを発見しました。ここ数年は、技術書か教養本ばっかり読んでいて、小説は横山秀夫をちょっと読むぐらいで、ARIELもグインサーガ...
ジュブナイル【blog-mnagaku's BLOG-IGDA Japan chapter】at 2006年07月20日 13:36
この記事へのコメント
はじめまして。
このエントリーを読んで、ブリンの知性化モノを最近読んで好きになった者としては、悔しかったり、激しく興味を持ったりで、なんとも言えない精神状態になりました。
このままでは落ち着かないので、明日にでも本屋に行って探してみます。
Posted by yyy at 2006年10月31日 22:50
今週読むならこれですよ.「日本列島は沈没するか?」
http://www.hayakawa-online.co.jp/product/books/115226.html
西村さんは海洋科学技術センター(JAMSTEC)の方です
Posted by k.daiba at 2006年07月17日 14:56
あ、なんか重複してしまったので最初のを除いて(これも含む)、削除しておいてください。すみません。
Posted by 中津宗一郎 at 2006年07月17日 11:56
中津さん、
うわ、そうだったのですか。世の中狭いですねえ。
宇宙も以外とこんな広さだった、というネタでも一本いけそう:)
Dan the Newbie Fan Thereof
Posted by at 2006年07月17日 11:50
shy_adさん、
あれ?ほんとだ。なぜ月が土星に(苦笑)、直しました。
Dan the Typo Generator
Posted by at 2006年07月17日 11:47
どうも東京ブロガー第一回でお会いした乙木一史こと角川春樹事務所で、「導きの星」を担当編集した中津宗一郎です。弾さんに誉めてもらって嬉しいなぁ。本作で実力が伸び知名度があがったのは間違いないですから。
Brinは本作を読んでないと思いますが、あの「シヴィライゼーション」のデザイナーであるシド・マイヤーは、日本語で「導きの星」も読んでいたりします(笑) シド曰く「日本の若手SF作家No.1だ」とかなんとか。
Posted by 中津宗一郎 at 2006年07月17日 11:46
どうも東京ブロガー第一回でお会いした「導きの星」を担当編集した中津宗一郎です。弾さんに誉めてもらって嬉しいです。Brinは本作を読んでないですが、「シヴィライゼーション」のデザイナーであるシド・マイヤーは、日本語で「導きの星」も読んでいたりします(笑) シド曰く「日本の若手SF作家No.1だ」とかなんとか。
Posted by 中津宗一郎 at 2006年07月17日 11:43
東京ブロガーでお会いした「導きの星」を担当の中津宗一郎です。Brinは本作を読んでないですが、「シヴィライゼーション」のデザイナーであるシド・マイヤーは、日本語で「導きの星」も読んでいたりします(笑) シド曰く「日本の若手SF作家No.1だ」とかなんとか。
Posted by 中津宗一郎 at 2006年07月17日 11:43
×第六惑星
○第六大陸

『老ヴォールの惑星』は最後にどうぞ。
Posted by shy_ad at 2006年07月17日 02:42