2006年07月21日 16:00 [Edit]

copyでないright、著作でない権利

中島氏らしい素晴らしい目の付けどころなのだけど、コンテントプロバイダーの権益保護の仕組みとして、既存の著作権(ならびに特許)という考えの援用のままでwork--うまく行く--のだろうか?

CNET Japan Blog - 中島聡・ネット時代のデジタルライフスタイル:YouTubeを使ったテレビ番組の『引用』の合法性に関する一考察
新聞のコラムニストやブロガーが、他人のブログやコラムからテキストの一部を『引用』してそれに関する議論を展開することは、既にごく一般的にされていることである。そこで私が問いたいのは、「YouTubeは今までテキストでしか可能でなかった『引用』を単にビデオにまで広げたもの」と考えることは出来ないだろうか、という質問である。

現在は、その端境期にあるように思えてならない。

現行法を何とか手直ししてだましだまし使うべきか、それとも現行法を理念まで遡って変えてしまうのかの。

例えば借りに「画像の引用OK」となったとする。しかしそれは「YouTubeはOK」であることを全く意味しない。なぜなら、各サイトにあるのは「引用」ではなく「覗き穴」に過ぎないからだ。

Life is beautiful: YouTubeを使ったテレビ番組の「一部引用」の合法性に関する意見募集
サンプルとして、CNetの記事でも引用した「スプー事件」のYouTubeビデオを上に貼り付けておくので、これも参照していただきたい

そこに「張ってある」のはこれだ。

しかし、実際に引用元サイトにあるのは、これだけである。

<object width="425" height="350">
<param name="movie" value="http://www.youtube.com/v/1nVlMg4TYLU"></param>
<embed src="http://www.youtube.com/v/1nVlMg4TYLU"
 type="application/x-shockwave-flash" width="425" height="350"></embed>
</object>

画像そのものはどこにもない。

むしろ、<img><object><embed>といったタグでなされている、一見あたかも「引用」されたコンテントというのは、実はそこに「覗き穴」が開いている、という理解が技術的に正しい。あたかも分厚い百科事典を開くと、原典がそのままくりぬいていれてあるようなものだ。

しかし、実際の紙ベースの本と違い、Webページでは、いくらでも大きな覗き穴を開けて、それをあたかも引用物のように見せることができる。

極端な話、紙における「引用」をそのまま電子的に適用すると、全ページをPDFなりFlashなり、とにかくそのページのコンテキストを成立させるコンテントが全部入っている様式でないと駄目、ということになってしまう。これではWebのよい特性を活かすことは出来ない。

Webの凄さというのは、copyすることなし引用することができることではないか。

だとしたら、copyを前提としたright、すなわちcopyrightのモデルでは絶対齟齬が出る。

だから、もう一度原点、すなわち「なぜcopyrightなる概念を我々は成立させ、受け入れたのか」というあたりまで遡る必要があるのではないか。

それを何と呼ぶのだろう。referring right, 「参照権」だろうか?

Dan the Quot(ed|ing) Man


この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
これは、おかしい。 画像を他サイトから簡単に引用できる『ImgRed』 | 100SHIKI.COMもちろんホットリンク(元ネタサイトの画像URLを直接指定)も技術的には可能だが、なんとなくモラル的に避けている人も多いだろう。
To hot-link or not to hot-link, that is NOT the question【404 Blog Not Found】at 2007年04月08日 15:21
先日の期末考査、情報のテストで次のような問題が出題された。 「海外の著作物を利用...
期末考査と著作権とYouTube。【BYB】at 2006年07月21日 22:16
テキスト、画像、音声、動画とインターネットは徐々にそのハンドルできるコンテンツを広げてきました。いや、むしろコンテンツという意味では比較的黎明期から技術的に可能だったことですが、ブロードバンドの普及や、クライアントPCのスペックの向上、そして何よりユーザへ...
YouTube訴訟とネットにおけるコンテンツの著作権【kosukekato.com : the idea espresso.】at 2006年07月21日 16:16
この記事へのコメント
著作権に関する法令は、
一度そっくり見直す必要があると思います。
ただ、一国の対処では意味がなく、国際的に網を
かけなくてはならないのが、問題を困難にしていますね。

ついでながら、
『例えば借りに「画像の引用』  は
『例えば仮に「画像の引用』  でしょうか。
小姑みたいですみません・・・。
Posted by ポラロイド at 2006年07月22日 13:02