2006年09月04日 02:00 [Edit]

コマネチ大学数学科19講+javascript

前回からだいぶ離れてしまった。実は録画を二講立て続けに見たコマネチ大学数学科。講師は中村先生。

まずは19講から。問題は以下のとおり。

ガスコン研究所: 第19回:ジャンケンゲーム理論
「グリコ・ジャンケン」と言っても、若い世代の人にはわからないかもしれない。要は、ジャンケンをして、グーで勝ったら「グリコ」と3歩進み、チョキで勝ったら「チョコレート」、パーで勝ったら「パイナップル」とそれぞれ6歩進む……これを繰り返し、できるだけ進んだほうが勝ちという単純なゲームだ。

戦況はガスコン研究所の報告のとおり。今回はじめてコマ大生がコマネチフィールズ賞を取ったのだが、いくら正解に一番近いからといってちょっと甘すぎると思う。

中村先生の解法は、「美しき数学の時間」で紹介していたジョン・ナッシュの混合戦略におけるナッシュ均衡を求めることに相当するのだけど、よく教科書に出てくるのは選択肢が二つのゲームで、今回のように選択肢三つというのはちょっと難しくなる。その意味でも今回はかなりの良問だったと思う。

ゲーム理論がらみの本は、もうAmazonで「ゲーム理論」と引くと955と微惑星の数ほど出てくるのだけど、コンパクトなものだと上記紹介の日経文庫のものがおすすめ。理論だけではなくナッシュも含めた論者のエピソードも結構載っているし、例題に解答が巻末にきちんとついているのもいい。

ところで、

ガスコン研究所: 第19回:ジャンケンゲーム理論
中村センセの戦法を組み込んだ「Flash」のジャンケンゲームを作ったので、遊んでみてほしい。

のFLASHが見当たらなかったので、ちょこっと自作。「わたし」、すなわち電脳側の戦略はフィールドの数字で選べるようになっている。いろいろ変えて遊んでみて欲しい。

わたし グー:チョキ:パー = : :
あなた

Dan the Auditor


この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
当該回のビデオ録画が、何故か失敗して「美しき数学の時間」の直前までしか見れませんでした。
残っていたら、「美しき数学の時間」のところだけでも、YouTubeにアップきぼんぬ。
Posted by ねね at 2006年09月04日 12:29
> FLASHが見当たらなかったので
IE5.5とIE6でしか、表示のチェックをしていませんでした。
これは困った;;
Posted by ガスコン at 2006年09月04日 03:05