2006年09月08日 05:45 [Edit]

ゴミなきところに知なし

知的生産って、そんなきれいごとだったのか?

[R30]: そろそろ
端的に言っちゃうと、要するに「もはや知的生産の道具としては役に立たなくなった」ということなんじゃないかと。パーソナライズドされた検索結果から機械的に知的生産に役立たないゴミクズを「見えなく」し、しかもゴミクズからの一切のアクセスを禁じるという技術が生まれないと、どうにもならない気が。でもそれって結局人でフィルタするしかないわけだし、つまりはSNSっつーことじゃないですか。じゃあブログでやる意味なんか、ないよね。

知的かどうかに関わらず、およそ生産というものは、ゴミの山から宝を掘り出すことではないか。

そして宝の比率が低ければ低いほど、その宝は貴重なのである。

金山というのは、普通の人にとってはゴミの山以外の何者でもない。なにしろ世界でも有数の高品位金山である菱刈鉱山でさえ、50gの金を得るのに1t、すなわち1,000,000gの土くれを掘る必要がある。南アフリカの平均は5グラムだそうだ。

これでもまだ「宝」は多い方で、まだ宝の単位はppm。これが生化学ともなるとこんなものではなくて、ppb(10億分の1単位)とかppt(1兆分の1単位)というのがざらだし、さらにニュートリノともなれば、宝は目方ではなく「個数」でカウントしている。小柴教授にノーベル賞をもたらしたのは、わずか11個のニュートリノだった。

20インチ径光電子増倍管(ホトマル)の開発、カミオカンデ、スーパーカミオカンデでの活躍
この時は、1平方センチメートル当たり、百億個のニュートリノが降り注ぎ、タンク全体には2×10の16乗個が降り注いだと推測されたが、その内、タンクを満たした水の電子と衝突現象を起こしチェレンコフ光を発したものは、わずかに11個であった。ともあれ、超新星ニュートリノの観測は世界で初めてであり、素粒子により宇宙を探る「ニュートリノ天文学」の幕開けを告げる暁鐘となった。

何と、10の15乗分の1、それも「宝/ゴミ」ではなく、「手に入れた宝/そこにあった宝」である。

知的、少なくとも理系の目から見た知的生産というのは、これくらいのS/N比がもはや常識なのである。

現在存在するWebページの数がどれだけあるのか、正確な数は誰にもわからないが、まだ1兆も行っていないだろう。その程度で「知的生産の道具としては役に立たなくなった」とはヘタレもいいところなのではないか。

とはいえ、たしかにゴミから宝を掘り出すのは大変だ。誰でも金山から金を得る事が出来ないように、誰もがWebから有用な知見を手に入れるというわけには行かないというのも確かだ。以前「404 Blog Not Found:Googleは広告会社か?」でも指摘したことだが、Googleがこれほどの時価総額を誇るのも、そのことの難しさの傍証となっているように思われる。

ゴミに埋もれたくないのはいい。ゴミ掘りに疲れてSNSに癒しを求めるのも自由だ。しかしゴミに手を出さず知的生産と言い張るのは、「知的」でも「生産的」でもないのは確かなのではないか。

Dan the Piece of Shit with Pride


この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
これでもまだ「宝」は多い方で、まだ宝の単位はppm。これが生化学ともなるとこんなものではなくて、ppb(10億分の1単位)とかppt(1兆分の1単位)というのがざらだし、さらにニュートリノともなれば、宝は目方ではなく「個数」でカウントしている。小柴教授にノーベル賞をもたら
2009-06-28【Yet Another But Open】at 2009年06月28日 16:28
Re: 論文サイトに対する皆の意見を聞いて - 坂東慶太のブログの続編みたいなものですが、視点を変えてオープンアーカイブ論インディーズ編。 論文サイトに対する皆の意見を聞いて - 坂東慶太のブログにて少々行き過ぎたコメントを記したことに対する友人からのメッセージが
[コラム]オープンアーカイブ論 〜インディーズ編〜【坂東慶太のブログ】at 2008年01月30日 06:21
さすが弾さん。僕の感じていた気持ち悪さをスッキリさせてくれました。 現在存在するWebページの数がどれだけあるのか、正確な数は誰にもわからないが、まだ1兆も行っていないだろう。その程度で「知的生産の道具としては役に立たなくなった」とはヘタレもいいところなので...
俳句の有限性と自己組織化するWeb【DESIGN IT! w/LOVE】at 2006年09月08日 14:30
この記事へのコメント
ゴミが多いから知的生産に役立たないというは間違っている。それは、その人のニーズには役立たないという事でしかない。本当の知性とは、その逆だ。

多様性が生み出す冗長性があらゆる状況に適応するのに最適であり、そして、その状態を維持し、尚且つ、最適条件を選びだすセンスの事を知性と言う。恐竜に対してほ乳類が台頭したように...

自ら最適条件を選びとるのではなく、それを他人に委ねている段階で、もはや知的とは言えない。単なるコピー(模倣)でしかないと言える。

つまり、広い視野を持つことが多様性が生み、その広い世界から、自分にあった最適な条件を選びだす事、それを知性と言う。
Posted by gari at 2006年09月15日 18:59
ほとまる…。名前がワイセツだ。
Posted by Bar at 2006年09月08日 13:05
この流れで光電子増倍管をamazonから紹介できればなぁ。
アフィリの品数もまだまだ、、、
Posted by hama at 2006年09月08日 13:01
ほんとのゴミの山で生活したことがない人はわからない。
そもそも、ゴミの山ができるのが異常。

また、ヒトの世は、ゴミでないものをゴミ扱いしていることのほうがずっと多い。

なので、立っている位置と見ている方向が、
R30氏と弾氏では違いすぎているから、
かみ合いようがないとおもわれる。
Posted by えっと at 2006年09月08日 10:00