2006年09月18日 09:00 [Edit]

グーグル・アマゾン化する社会

本書は柳の下のどぜうではなく、柳川鍋である。

ただし今までのどぜう料理の中では一番うまい。

もし手元に千円札が一枚しかなくて、現在のWebを取り巻く環境について一冊で俯瞰したかったら、今なら「ウェブ進化論」でもなく、「Google - 既存のビジネスを破壊する」でもなく、本書をすすめる。本書には今までのGoogle本のエッセンスに加え、これらの本では得られない知見が含まれているからだ。


まず、類書では「おまけ」としてしか扱われていないAmazonに関して、きちんと一章を費やして説明していること。実はGoogleにも一章を費やしているし、タイトルにもその名が入っているが、Google一辺倒でないところが大変よろしい。これだけでも本書の方が「Web考現学本」として他にすぐれている。

次に、技術に関する知識が類書の著者より優れていること。「ウェブ進化論」や「Google - 既存のビジネスを破壊する」より、本書は明らかに「理系的」である。検索エンジンのアルゴリズム一つ取っても、Page Rankだけではなく、それ以前の方法である TF (Term Frequency) や IDF (Inverted Document Frequency) にきちんと言及している。

そしてなんといっても、GoogleやAmazonに対する、梅田氏の言う「楽観主義」だけではすまない、「でもこれで本当にいいのだろうか」という違和感をきちんと言語化しているところがすごい。この「違和感」に関しては、私もしばしば本entryで言及してはいるが、ここまで系統だって言語化したところに著者である森氏の非凡さを感じる。

それが一体なんなのか、ということは本書をお読みいただくとして、その一旦はオビからも伺うことができる。

「グーグル・アマゾン化する社会」オビ
多様化、個人化、フラット化した世界で、なぜ一局集中が起きるのか?

実はそれへの答えは、本書だけではなく、本blogにもあるし、広いblogosphereの中にはすでにいくつもある。しかしそれらを丹念に探すのは検索エンジンを駆使しても至難の技だろう。本書を読む方が速いことは折紙をつけさせていただく。また「すでに知っている」という人も、改めて「答え合わせ」のつもりで本書に目を通すことをおすすめする。

一つ疑問なのは、ここまで鋭い視点と取材力を持つ著者の森氏が、なぜ本書を「ブログ本」の形でまとめなかったかだ。実は氏はすでにblogを開設してはいる。

The Blue Note-Books | 新刊案内『グーグル・アマゾン化する社会』

梅田望夫さんの『ウェブ進化論』や佐々木俊尚さんの『Google』のほか、いくつものGoogle関連の本がノウハウ本やビジネス本を中心に多く出ているので、二番煎じ、ないしは「またグーグル本かよ!」という声が聞こえてきそうですが、ちょっと毛色が違います。

その毛色の違いは本書をご覧いただくとして、何とこのentryの前のentryは4月7日。これではblogの力を活かせない。残念ながら氏のWeb上のプレゼンスは、梅田氏や佐々木氏と比べると貧弱だ。氏のblogのPage Rankはわずか2。梅田氏をはじめいわゆるアルファブロガーのPage Rankは5ぐらいある(ちなみに本blogも5)。佐々木氏は「自前」のblogこそ持っていないが、WiredやCNETといった、もともとWeb上のプレゼンスが高いメディアに場所を確保している。氏の考察力、取材力は上述の両氏に勝るとも劣らないだけに、この「自己セールス力」の弱さが惜しまれる。ましてや後発なのだから、「いい本を書く」だけでは不十分で、「上手に売って行く」工夫ももっと必要なのではないか。氏自身は「どうしたら売れるのか」実は熟知しているのは、本書を読めば明らかなのに。

その点は今後に期待すると同時に、本blogでも紹介した次第である。すでに「ウェブ進化論」や「Google - 既存のビジネスを破壊する」を読んだ人も、まだこれからの人も、是非一読のほどを。

一点だけ注意。史実に関しては事実誤認箇所が結構ある。たとえばブラウザの由来など。このあたりはやはりちょっと気になる。このあたりはerrataのページが欲しいところ。

Dan the Reviewer

See Also:

この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
初掲載2007.04.20; イチオシにつき週明けまで更新掲載予定 先ほど到着。献本御礼。早速読了。ただし「使う」のはこれから。 ソーシャル・ウェブ入門 滑川海彦 これは、すごい。 本書はまさに「現代用語の基礎知識」ならぬ「現代Web2.0の基礎知識」だ。 「ウェ....
書評 - ソーシャル・ウェブ入門[BETA]【404 Blog Not Found】at 2007年04月20日 19:03
mixiに登録したのは2004年3月頃だったと思うので、登録してからそろそろ2年半が経とうとしているが、その間ほとんどmixiのサービスを使えていない。 ※たまに友達の日記にコメントしたり、少しずつマイミクは増えていっているが…。 なぜ使わない(使えない)のか? 今...
mixiの違和感と集団分極化、沈黙の螺旋【self memo】at 2006年09月25日 01:34
グーグル・アマゾン化する社会光文社(2006-09-15)(著)森 健光文社新品...
グーグル・アマゾン化する社会。【SaikyoLine.jp】at 2006年09月21日 00:49
この記事へのコメント
もっともこのギフト券方式はネットでだからこそ
非常にうまく行くと言えるかもしれない。
逆にリアルではポイントの方が効果はあるかも。

個人的にはネットはギフト・何も無し
(ポイント程じゃなくても最初から
ポイントの半分程度惹かれている方がいい)
リアルは何も無し
(ポイント程じゃなくても最初から
ポイントの半分程度惹かれている方がいい)
が魅力を感じる。
Posted by うーむ at 2006年09月19日 07:38


ポイント嫌悪
クレカなど必要最低限を許容

ポイント好き
彼らでさえ、ネットマイルや
Gポイントなど一元管理しやすい方法を
好むように感じる。

単一ポイントの場合、
移行ができるか
本当によく利用する人か
愛着がある
などがないと厳しいように思う。

大衆ショッピングにおいてポイントなどの
脅迫観念によって買わすのは基本軸であるが
ポイントの場合、脅迫観念の持続が長いため
精神的に消耗してしまいやすい。
逆にアマゾンギフトなどの場合、実際は
ポイント以上に脅迫観念を有効に使っていて
常にリセットさせ、少し休ませた後、
ギフトで脅迫観念を利用してくる。
この方が利用者にとっては遥かに気楽なのだ。
多くの企業側としてもポイント制度より
期限切れも早いし悪くないと思うのだけど。
Posted by うーむ at 2006年09月19日 07:33
グーグルを利用する理由 便利 そこに尽きる
アマゾンを利用する理由 便利 行動パターン慣れ シンプル の複合
アマゾンは決して安くないのに常に利用する
ギフトプレゼントやその場で価格を引くだけで
ポイント制じゃないのもプラス
(JALと提携したけど、アマ自体のポイントじゃないので許容範囲)
ポイント制にはウンザリしてる。
送料無料の基準が低いのも重要(まあ、これは競合の
多くも似た感じになりつつあるが)
これを組み合わせて1500円以上は無料なものの
5000円以上でギフト券のために買わせる感覚もうまい。

デルとも一部通じる部分がある。
Posted by うーむ at 2006年09月19日 07:14
私はアフィリエイトサイトを運営しています。
宜しければこちらのサイトで当アフィリエイトに参加してみませんか?
報酬は1登録¥1000、1クリック¥1からです。
ご興味があれば是非サイトをご覧下さいませ。

 ↓詳細は↓
http://s2.muryo-de.etowns.net./~hukusyunyu/?laha
Posted by ASPのご紹介 at 2006年09月18日 21:27
ヒント:カーニヴァル化

Posted by cyberbob:-) at 2006年09月18日 14:10