2006年09月18日 22:15 [Edit]

3年ではなく3世代必要な議論

たつをくんに先を越されてしまった

むしろ若者ではなく、その上の世代にこそ読んで欲しい本であった。


本書「若者はなぜ3年で辞めるのか?」の主題は、むしろ副題の「年功序列が奪う日本の未来」の方にある。本書は「若者を3年で辞めさせないようにするためにはどうするべきか」という人事部に対する本でも「若者として3年以上勤めるにはどうするべきか」という本でもない。

本書は指南書ではない。「なぜ若者は3年でやめてしまうようになったのか」の理由を述べた告発本である。筆者はその理由として、年功序列を挙げる。いや、少し違う。年功序列が機能しなくなっているにも関わらず、それに代わる制度設計を怠った企業、政府、そして「上の世代」を挙げている。

著者の城氏は1973年生まれ。団塊ジュニアまっただなかに生まれ、富士通という(当時)年功序列型の企業の人事部に配属されたのち、2004年に退社してからその社内改革の失敗を「内側から見た富士通」で告発して注目を浴びる。ある意味「若者」を代表する告発者である。その筆致は冷静を装っているが、今の「若者」を取り巻く「閉塞感」に対する怒りと絶望がはっきりと行間から見て取れる。

ただ、「青いな」と思うのは、それを若者に語っていることにある。

pp.6
本書の目的は、彼らに「閉塞感の正体」を指し示すことだ。

確かにその目的は本書によって達せられた。その意味で本書は大いなる戦術的勝利である。本書を読んで何らかの憤りを感じぬ「若者」はいないだろう。それはもはや「若者」とは言い難い、一つ上の世代(1969年生)の私も共有することが出来た。

問題は、それが戦略的勝利につながっているか、ということである。

実は、年功序列の功罪というのは時代を超えた普遍性を持っている。著者はそれを正しく捉えている。ここではあえて著者ではなく、blogosphereから言葉を借りてこよう。

アンカテ(Uncategorizable Blog) - 技術大国日本を食い物にしたのは誰だ!
終戦直後の日本も、同じように「嘆いている場合ではなくて、どういう問題であれ解決しなければならない」という役割をプロジェクトX的に背負った人たちがいて、無名のそういうたくさんの人たちが、技術大国日本を築いたのだと思います。
上記に対するBarさんのコメント(本blogの常連コメンテーターのBarさんと同一人物?)
早い話、「技術大国日本」ってのがそもそもあったの? ってことなわけで。もともとなかったピザを「誰が食べたんだ!」って怒ってない?

なんとも厳しい切り返しだが、率直に言って「技術立国日本」は、家庭を食い物にしてそうなったところが多いにある。「プロジェクトX」は家庭に対する「X(ペケ)」でもあった。日本の少子化の原因のかなり大きな部分がこれであることは認めざるをえないだろう。同書114ページのグラフを見てもなお、「日本の家庭は犠牲を払っていない。それはあくまで個々の家庭の事情の積み重ね」と言える人がいるだろうか。

繰り返すが本書は告発書であり、指南書ではない。それでも結論じみたことは書いてあって、その一番の結論は、「若者よ、行動せよ」ということになる。しかし若者の行動だけで埒が開くほど「閉塞感」は弱いのだろうか。例えば投票行動一つとっても、仮に若者の投票率が高齢者なみになったところで、団塊ジュニアはさておき、さらにその下の世代はもう勝ち目がないのである。

私がむしろ恐れるのは、団塊ジュニアたちがその親たちが味わった絶望の末、その親達がとった選択--次世代へのつけまわし--を選んでしまうことにある。そしてその後の世代もまた絶望の末....ともなると、22世紀を見ずして日本は「お家断絶」となるだろう。

それだけに、戦略的勝利のためには、上の世代の説得が欠かせないはずなのだ。悔しいが、若者の意志と情熱だけで未来を動かすには、日本の人口は歳をとりすぎているのである。

しかし、説得と妥協は違うし、ましてや妥協は日和見とは違う。著者もその点は充分承知している。

Doblog - Joe's Labo -
そして、若者自身にも議論に参加して欲しいというのが、二点目の狙いである。
普段、同じようなスタンスでいろんな雑誌に寄稿してはいても、中々彼らの耳にまでは
届かない。
そりゃそうだろう。
ビジネス誌の読者の平均年齢は40代以上だ(オピニオン誌なら50代だろう)。
そういう意味で、今回は手に取りやすい新書という形でお願いした。

その意味では、本書が新書というメディアを得たのは戦略的な第一歩である。それがどれほど大事かは、「ウェブ進化論」を見てもわかる。しかし、やはり梅田氏の方が一枚上だと思うのは、梅田氏は「上の世代」に届く言葉で書いているということである。本書を読んで共感しない若者がいないのと同様、本書を読んで反感しない「年寄」もいないだろう。

しかし、私個人としては、なまじ「年寄」の口あたりにあわせた本を書くより、率直に告発した城氏の姿勢を高く評価する。だから今度は「年寄」たちはどうするべきなのかを、彼らにこびるのではなく、彼らに通じる言葉で書いて欲しいと願っている。

もはや犯人探しすらする余裕を、我々は失いつつあるのだから。

Dan the Man in the Middle

追記:

私にしかできない仕事というのは組織では幻想 - ナレッジ!?情報共有・・・永遠の課題への挑戦 [ITmedia オルタナティブ・ブログ]
結論として「私にしかできない仕事」という答えでは環境を変えてもチャンスはあまり増えない。もうちょっと掘り下げて考えて欲しい。この答えしか出ないようであればまずは今の環境でもうちょっと知恵を使うなり工夫をするなりすることを薦めたい。

アドバイスはもういいから、あなたは彼らに対して何をするの?彼らの一番の不満はそこじゃないの?アドバイスはもう耳たこなんじゃない?


この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
若者はなぜ3年で辞めるのか? 年功序列が奪う日本の未来posted with amazlet城 繁幸 光文社Amazon.co.jp で詳細を見る 「若者はなぜ3年で辞めるのか? 」という若者にとっては自明の問いが、上の世代にとっては自明ではない。それは・・・・という本である。 若者にとっては自...
若者はなぜ3年で辞めるのか?【Shoulder.jp】at 2010年05月07日 17:03
もちろん、このイライラは著者にではないっす。
[本]イライラした、若者はなぜ3年で辞めるのか? 年功序列が奪う日本の未来【Bugle Diary】at 2009年05月30日 10:25
前回の「10年泥」に関連して書いたエントリーは、記者のバイアスがかかった記事を元に、揚げ足を取る形で、ちょっと悪乗りがすぎたかもしれない。続報記事を読んだり「10年泥」の部分の音声ファイルを聞いて、微妙なニュアンスも拾ってみた結果、ある程度常識的な会話を
残念なIT産業への檄文(前編)【起業ポルノ】at 2008年06月03日 02:35
かくかくしかじかということでRSSリーダってのを利用するとBlog社会の中心がわかると思うのさ! まあ、はてなの注目エントリー見てたら分かるかもだけど・・・ 情報は待ってるだけじゃ駄目なんだ! ということで、ちょっと個人的なメモがてら、読みたかった本、読み...
ここらへんがBlogの中心なのか?と個人的なメモ【ヲタク入門中】at 2008年03月23日 21:35
かくかくしかじかということでRSSリーダってのを利用するとBlog社会の中心がわかると思うのさ! まあ、はてなの注目エントリー見てたら分かるかもだけど・・・ 情報は待ってるだけじゃ駄目なんだ! ということで、ちょっと個人的なメモがてら、読みたかった本、読み...
ここらへんがBlogの中心なのか?と個人的なメモ【ヲタク入門中】at 2008年03月23日 21:35
愉快、痛快。若者はこうでなくっちゃ。 3年で辞めた若者はどこへ行ったのか アウトサイダーの時代 城繁幸 前著「若者はなぜ3年で辞めるのか?」への見事な回答が、ここにある。老若男女を問わず、辞めるものも辞めざる者も一読しておくべき快書だ。
Boys & Girls, Be Selfish - 3年で辞めた若者はどこへ行ったのか。【404 Blog Not Found】at 2008年03月23日 03:53
城 繁幸 / 『若者はなぜ3年で辞めるのか? 』 / 2006 / 光文社新書 / C タイトルへの著者の答えは「本質的にねずみ講である年功序列が破綻したせい」であり、対処法は「昭和的価値観を捨てる」「誰のために何のために働くのか、考え直す」というもの。 企業の人事部にコンサ...
城 繁幸 / 『若者はなぜ3年で辞めるのか? 』【bookmarks=本の栞】at 2006年11月06日 01:02
 若者はなぜ3年で辞めるのか? 年功序列が奪う日本の未来を読んだんである。  タイトルを一見すると、就職活動中の学生,会社に入って1年目か2年目の新入社員、はたまた人事部の??.
若者はなぜ3年で辞めるのか? 年功序列が奪う日本の未来【blog.桜井@猫丸屋】at 2006年10月14日 13:24
若者はなぜ3年で辞めるのか? 「若者はなぜ3年で辞めるのか? 」という若者に...
若者はなぜ3年で辞めるのか?【Shoulder.jp】at 2006年10月08日 07:30
前回頭痛のために途中でなげだしてしまったシミュレーターに手を入れた。シミュレーションの設定の性だとは想うのだが、個体が生きられるセルが限られているとすると、子を産める年齢に比べて寿命が長い方が長期的には絶滅の可能性が高くなるという結果になった。また、これ...
寿命が長くなると絶滅しやすくなる? Population Simulator II【HPO:個人的な意見 ココログ版】at 2006年09月19日 11:49
この記事へのコメント
あのぉ、自分の足りない頭で世代交代のシミュレーションを作ってみたのですが、やっぱり閉塞していると、一気に絶滅の道に向かってしまう可能性があるように感じました。詳しくはトラックバックさせていただいたのを見ていただけるとうれしいのですが、この辺を言葉だけの議論でおわらせず、また私のような大雑把なものでなく、シミュレーションできると面白いと私は思っているのですが、いかがでしょうか?
Posted by ひでき at 2006年09月19日 11:51
「人生は勝ち逃げ」とか言ってしまう
あがっちゃった人達にとって
日本の未来なんてどうでもいいのでは。
子供のため?
ウルトラマン的な慈悲?

Posted by モロボシ・ダン at 2006年09月19日 06:27
すいません2つにわけます。で、何が言いたいかというと、今のえらい人たちは給料もらい逃げってだけでなく、面白い仕事とか技術とかももらい逃げってことです。ものを創る(あえて「創」をつかいますけど)人間は、給料はもらえるに越したことはないけど、それと同じくらい(人によってはそれ以上に)面白い仕事を担当することを欲しているってことです。自分たちは手を動かして担当していた仕事を、値段の安さに抗えず海外のエンジニアに出してしまって。これじゃ転職するためのスキルを身につけることすらできやしない。

体力があって(独身で)時間の融通が利くのは若いうちなんだから、その時期に面白い仕事をもらえないと、熱中したくてもできません。

あ、書き忘れましたけど、私は(なんちゃって)技術者です。
Posted by とくめーきぼー at 2006年09月19日 02:42
この本、著者はひとつ見逃している(あるいは論点を絞るためにわざと省いた)ことがあります。日本企業向けに実働部隊としてたくさん働いている海外エンジニアです。

それまで実働部隊担当だった若い正社員は、非正社員(日本人、外国人問わず)の管理役をやっています。マネージャとしてではなく、マネージャの雑務みたいなものをです。本来仕事を通して技術的、社会的スキルを身につけられるはずの時期に、そんなことばっかりやらされていたら、若者も腐ってしまいます。著者が次回に本を出すときは、ぜひそこら辺の実情も調べていただきたいです。

どうせ外国人を登用するなら、実働部隊だけでなく、課長部長役員社長まで、もっと上の役職まで外国人を雇えばいいと思っています。給料を倍払っても、成果を今の3倍出してもらえれば、役職が上の場合ほどペイするでしょうから。
Posted by とくめーきぼー at 2006年09月19日 02:20
で、弾さんは何をするの?
ぼくらの一番の不満はそこなんだけど。
アドバイスはもう耳タコなんだけど。
Posted by あ at 2006年09月19日 01:54