2006年09月19日 14:20 [Edit]

SNSはWeb2.0ではないのか?

技術者としての私はこれに同意しそうになるのだが、開放系としての私は、この発言を技術バカだと思う。

logo void GraphicWizardsLair( void ); // ミクシィがCGM(ユーザーがコンテンツを作るメディア)だから「ウェブ2.0」というのであれば、2chも「ウェブ2.0」になるよね
だからCGMの要素が有るというだけで「ミクシィはウェブ2.0」「2chはCGMだけど古いからウェブ1.0」と言ってしまうのは、「私はバズワードに乗せられた馬鹿です」と大きな声で宣言しているようなもんだと。

そこには、「中生代」を「恐竜の時代」と言い切ってしまうような、「脊椎動物史観」ならぬ「技術者史観」を感じざるを得ないのだ。


「中生代」が、年代しか表していないのと同様、Web 2.0というのは実は「世代」しか表していないのではないか。中生代に恐竜が繁栄したのは事実だろうが、昆虫だって繁栄したのである。いや、繁栄の度合いからすれば、今に至る「勝ち」を手に入れたのは実は昆虫であって脊椎動物ではないとさえ言えるかもしれない。

確かに、SNSというのはある意味多くの技術者が抱く、「他のWebに依存し、他のWebに提供する」「共存型Web」の正反対にある。Web 2.0をそう狭義にとらえれば、SNSはさしずめWeb -2.0といったところだろう。

しかし、Web 2.0を、「Web 1.0の知見があってはじめて成立するWeb」と見るのであれば、SNSもまたWeb 1.0の子孫であることは疑いない。Web 1.0の大海の波があまりに荒かったからこそSNSが生まれたのであり、なぜその大海が荒かったか我々が知っているかといえば、そこにこぎ出してあぶない目にあってきたからだろう。さもなくば、SNSはWeb 1.0の時代に誕生していたに違いないのだ。

だから、私はSNSもWeb 2.0なのだと認定する。ただし、上で述べた通り、そのためにはWeb 2.0は技術を象徴する言葉ではなく、時代を象徴する言葉として受け止める必要がある。

だからそろそろ、技術を象徴する言葉を流行らせる必要も感じる。

ミクシィはCGMだからWeb2.0って言ったの誰だろう (yujisの日記)
なんかWeb2.0っていう言葉のせいで、物事の本質が見えにくくなっちゃってる気がするな。

というのも事実だ。Web 2.0というのはあまりに広いバスケットなので、あまり一緒に入れたくないものまで中で混ざってしまうという欠点がある。

私としての提案は、APIなどを駆使して、他のWebにサービスを提供する、自己非完結型のWebをextroweb、そしてSNSなど、通常のWebからある程度隔離された小世界Webをintrowebと呼んではどうかと思う。日本語ならそれぞれ「外向的Web」、「内向的Web」というわけだ。そしてそのどちらもWeb 2.0というわけである。

いかがだろうか。

Dan the Netsurfer 2.0


この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
もう今となってはティム・オライリーの言ったWeb2.0が一人歩き しすぎて、様々なWeb2.0の意味が出てきてますね。 とりあえず今回は、Web2.0についてチラッと考えてみましょう。
バズワード認定:Web2.0【Stomach Ache??人生是胃痛??】at 2006年09月24日 19:31
mixiなどのSNSで実現したすばらしい機能が一つある。1997年ごろからWebを使っている古いネットユーザーだったら、よく話題になって熱望していた機能なんだけど。それは「パスワード認証などで、知り合いだけが読めるWebサイトを簡単に作りたい」「でも自分の趣味と合う好まし...
mixiのシステムのうち「マイミク」をWeb2.0として再利用したいが、Web1.0らしく囲い込みされちゃってFOAFやOpenIDと融合する気配は無いだろうなぁ【void GraphicWizardsLair( void ); //】at 2006年09月21日 11:07
きょう飲んだくれて(飲めないけど)、いい感じなのでotsuneさんとdanさんに
mixiとWeb 2.0に共通する感覚的な何か【[mi]みたいもん!】at 2006年09月21日 03:21
Danさんは、技術者として、ブロガーとしてとても尊敬する方なのだが、このエントリーにはちょっとばかり異を唱えたい。 404 Blog Not Found:SNSはWeb2.0ではないのか?    確かに、SNSというのはある意味多くの技術者が抱く、「他のWebに依存し、他のWebに提供する」「...
Web2.0的な何かについて【Future is mild】at 2006年09月20日 00:51
http://blog.livedoor.jp/dankogai/archives/50634296.html 問題はシステムの話なのにマーケティングや人間の社会情勢をWebとくっつけている点にあると思う。 俺にとってCGMはWeb進化論と混ぜるのがおかしいと思っている。 GoogleがTVに変わるかどうかより
[web論考][web2.0]mixi(SNS)はWEB2.0か?【rynoath - mind log】at 2006年09月19日 18:26
はてブで自分のエントリが注目エントリーに入っててびっくりしました。。。 トラック...
Web2.0を見る3つの視点を持つ【yujisの日記】at 2006年09月19日 16:38
この記事へのコメント
内向的外向的というのは心理学において輸入された概念を訳した新語とされているので、「日本語なら」という宣言をふまえると違和感を覚えてしまいます。
屁理屈で恐縮ですが、Danさんによるさらに気の利いた「日本語での」呼称に期待してしまうのです。
Posted by 通りすがり at 2006年09月20日 14:11
もともとオライリーさんも「.com時代と今のWebではかなり性質が違ってきていて第二世代、2.0と言っていい。それらに見られる新しい特徴をまとめると...」と言っているわけですし、その特徴を聖典化してmixiを攻撃するのはナンセンスとは言いませんが本質的ではないでしょう。

.com崩壊後にブログなどオープン指向、協業指向のサービスが大進化したのは市場への流入資本が減少し、小資本の小グループ群が協力せざるを得なかったという要因が大きいという議論もありますし、生物の進化と同様に絶対的に優れている特徴などというものはありうるはずもなく、安易に3.0なんて言うと言葉遊びになってしまいますが、オライリーのWeb第二世代宣言からまたさらにWebが変わってきたぞ、という「新宣言」は近い将来必ず出てくるわけで、そこを目指して議論&実装していくことが本筋だと思っています。
Posted by monty5 at 2006年09月20日 00:02
narrow wide web とかどうでしょう?
Posted by 匿名にしとく at 2006年09月19日 17:01