2006年09月22日 16:00 [Edit]

国歌と社歌の違い

私はこの判決を「ゆるく」支持する。

The Flag of Japan livedoor ニュース - [国旗国歌]学校強制に違憲判決 教職員401人が全面勝訴
卒業式や入学式などで、日の丸に向かって起立し、君が代を斉唱するよう義務付けた東京都教委の通達は違憲違法だとして、都立学校の教職員ら401人が義務がないことの確認などを求めた訴訟で、東京地裁は21日、原告全面勝訴の判決を言い渡した。

しかし、それは「通達や都教委の指導は、思想・良心の自由を保障した憲法に違反する」からではない。


もしそれを理由とすると、社歌を歌わない社員を懲戒することもまた思想・良心の自由を保障した憲法に違反することになる。まあ今時社歌を歌わせる会社もないと思うが、業務命令に反した行動を取る従業員を制裁することは、たとえその従業員が思想・良心の自由に従ってそうしたのだとしても認められている。思想・良心の自由ほどには、それに従って行動する自由というのはない。

「サラリーマン」であれば、東京都の教員というのは「日本国株式会社東京部教育課」の「社員」なのだから、その業務命令に従うのは当然、と思うのではないだろうか。

にも関わらず、私がこの判決を支持するのは、やはり会社と国家には決定的な違いがあるからだ。

それは、「属する組織を選択する自由」だ。

社是にそぐわぬ従業員を罰する権利が会社にあるのと同様、自分の思想・良心の自由にそぐわぬ会社を辞する権利が従業員にはある。いや、この権利の行使には、思想・良心の必要さえない。理由を明かす必要すらない。「一身上の都合」で辞職する権利もまた、憲法第22条で保証された権利である。これは公選された人とて同様で、いくらふざけるんじゃねえと言った所で、それはごまめの歯ぎしりというものである。私自身、株主の選任されて就任した役員を、まさに「一身上の都合」で辞したことが何度もある。

このように、自分の思想・良心の自由の社会における行使というのは、組織への入会と脱会の自由という形で行使される。気に入る組織がなければ、新たに組織を作ることもまた自由である。それが今のところ、他人の思想・良心の自由をなるべく侵害せずして自分の思想・良心を行使する最良の方法のようなのである。

翻って、「国民」というものはどうであろうか?

「社員」ほど簡単に入脱できないことは明らかだ。それは不可能ではない。しかしその行使は現在においても命がけに近い。しかもそれすら「どの国の国民になるか」という選択であり、「どの国にも属さない」や、「今ある国家に気に入ったものがないので新しく作る」という選択肢は事実上存在しない。

ハコフグマン: 愛国心
今は国が強くなることがイコール個人の利益にはならないのである。沈みゆく泥船の船長のすべきことは愛国心の強制ではない。まずはその泥船を何とかすることだ。

国家は洋上の船だ。気に入らないからといって簡単に下船できない。問題があれば、まさに「その場」で解決するしかない。「その場を離れる」という選択肢は、不可能ではないにしろあまりにコストが高いのだから。

一旦日本国民になったら、思想・良心の自由に従ってそれを辞めるということは出来ないのだ。その点において、国民と社員は多いに異なる。

だから、「国民」を「育てる」立場にあるものは、思想と自由に関わる事案に関しては、会社の業務命令とは同列に扱ってはならないのだ。

それを踏まえて上で、それでもやはり娑婆から見ると、今回の経緯が「手段の目的化」にしか見えない。仮に都の主張が通ったとしたら、日の丸と君が代を嫌う子どもはますます増えるだろう。およそ義務教育でおしきせられたシンボルや歌を子どもが気に入ることはない。小中学校で歌わされた唱歌をカラオケで歌っている人がどれくらいいるのか?

これがブラジルの国歌だの、日本なら「信濃の国」だの、練習しなければとても覚えられないものならまだしも、日の丸は世界で一番簡単な国旗の一つだし、君が代は世界で一番簡単な国歌の一つだ。わざわざ教室で教えるのは時間の無駄もいいところではないか。

Dan the Man on the Ship Called Nippon

追記:

裁判だけではなく裁判官にも注目しておこう。

踊る新聞屋−。: こんな判決を書いた裁判長の今後が気になる
それはさておき、あまり指摘されないので気になるのだが、難波判事、もう辞める覚悟なのだろうか? ドサ回りを覚悟したのだろうか。 [中略; 詳細はLink先にて]
 裁判官の独立なぞ、絵空事なようだ。
 難波判事が人事で不利益を被らないよう、裁判所人事を注目しているぞ、とせめてアピールしておこう。
時事を考える: 大馬鹿 vs 小馬鹿@国旗国歌裁判
これって国旗国歌を強制する石原爺という大馬鹿者と、それを裁判にまで持ち込む教師(←もしかして日教組?)という小馬鹿どもとの争いのような気がする

大馬鹿者ものに知事の椅子を与え、小馬鹿者を放置してきた有権者は何馬鹿なのだろうか....


この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
東京都教育委員会が都立高校の教員に対して、卒業式・入学式等での「国旗への起立や国歌斉唱」を強制していたことが、思想・信条の自由を保障した憲法に反するという違憲判決が出た。これは画期的な判決だが、よく考えてみればごく当たり前のことを述べているようにも見える....
国旗・国歌に対する「強要の論理」と「拒否の論理」【数学屋のメガネ】at 2006年09月24日 16:35
国旗国歌:学校強制に違憲判決 教職員401人が全面勝訴とのこと、これって国旗国歌
大馬鹿 vs 小馬鹿@国旗国歌裁判【時事を考える】at 2006年09月23日 02:10
livedoor ニュース:稀にみる反国家的な不当判決!国歌斉唱訴訟 これはねえ、憲法改正への布石としての世論誘導判決とも読める。
国歌斉唱違憲判決⇒安倍政権へのご祝儀【佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン】at 2006年09月22日 20:32
こういう論調をなぜかやや投げやりに展開しているのを良く見かけるが、俺はそうは思わない。 404 Blog Not Found:国歌と社歌の違い もしそれを理由とすると、社歌を歌わない社員を懲戒することもまた思想・良心の自由を保障した憲法に違反することになる。まあ今時社歌を歌
[仕事]これなんて北朝鮮?「国の指針に従えないなら公務員は辞めるべきだ」【練習帳】at 2006年09月22日 18:54
 東京都教委の国旗・国歌の通達・指導に対し、東京地裁は原告の教職員らに全面勝訴
愛国心【ハコフグマン】at 2006年09月22日 17:31
この記事へのコメント
すごい詭弁記事だなぁ。
国民と国家公務員は違うでしょ。。
一般国民に国旗国歌を強制してるわけじゃないんだから。。。。
Posted by とおりすがり at 2009年11月21日 22:27
教師達は、汚れた国旗、国家が嫌いなら、汚れた子供達も嫌いなのかな?
Posted by ヨゴレ役 at 2006年09月25日 01:31

まあ、「教室」からでていくと理念どころじゃなくなって
「おれの正義を聞いてもらうためにはまず金が要る」
っていう共食い人種になっちゃうからねえ。
そういう人、教師以上に醜いでしょ。

Posted by 奇麗事を言える職業につきたいわあ at 2006年09月24日 19:20
そんなに抗議すべき主張なら
国や地方行政から補助金が出ているあらゆる学校、法人に属さず
私設で塾なり寺子屋でもひらいてそこで学問を伝えながら
自分の思想を伝えるべきだと思います。
そこまでの覚悟でやっておられる人・集団であって聞くべき主張であれば
自分も聞く耳を持とうと思うけど、
上記のような義務を放置して権利ばかり主張されては
どんなに綺麗で高邁な主義主張をされても、しらけた目で
「でも、貴方が行ってる行動は・・・なんでしょ」としか感じません。

(PAGE 3/3)
Posted by 通りすがり at 2006年09月24日 12:03
もっと言えば、この職員たちは絶対に解雇にならない安全地帯から
国や地方行政を金蔓にしながら日の丸反対運動してるわけですよ。
会社員でいえば会社の方針が気に食わないから従いませんというもので
それこそ解雇を覚悟しての主張だし、
自営業であれば客とはそりが合わないから仕事しませんと主張して
せっかくの仕事をフイにする覚悟での主張なとこに。

どこの国民で生まれてくることかは選べませんけど
公務員/職員になることと
会社員になること
自営業になることは
個人の能力と雇用の機会の範囲内で、選択の自由があったはずです。

給料はしっかりもらっときながら平日から児童/生徒/学生へ教育を教える
義務を放置して自分の主義主張を展開しにいってるわけなんですよ。
義務を放置して安全地帯から権利ばかり主張されても説得力を感じません。
(PAGE 2/3)
Posted by 通りすがり at 2006年09月24日 12:02
強制されてあんな国歌歌う気になれない。
もっとカラオケで選曲したくなるような気分になれる国歌にしてくれとは思う。
そして裁判所は裁判所の仕事の範囲での判断はあってるし、
判決の内容も正しいと思う。

でも、この401人の教職員はすんごく嫌だ!
入学式や卒業式で自分の受け持ちのクラスの生徒には
起立・斉唱させない強制、または雰囲気を作って実質的にそうさせている。
政治感覚をもたない、または自分で確立して判断できない
児童/生徒/学生(生徒/学生くらいまでくればあるか?)を巻き込んでいる時点で
一部の危険な宗教の洗脳と同じだと感じる。

(PAGE 1/3)
Posted by 通りすがり at 2006年09月24日 12:01
 君か代なんて、大多数の子供にとっては、「退屈な式典のときに歌わされる、意味不明な歌詞の退屈なメロディーの歌」にしか過ぎないわけで、何百回歌ったところで愛国心が涵養されるわけもない。 実際、私の育った地域では、君が代日の丸当たり前だったが、所詮は儀式の歌に過ぎず、それで愛国なんて、露ほど感じなかった。
 だから、強制的に歌わせたところで、「害はない」わけです。むしろ、嫌いになる可能性のほうが高い。(儀式が好きな子供なんていない。)日教組の教師たちは、儀式に限らず毎日の朝礼時にも歌わせて、むしろ先頭にたって君が代を子供たちに「押し付け」て、君が代・日の丸嫌いを増やすほうが得策なのでは?
Posted by 寿命 at 2006年09月24日 09:47
そもそも天皇陛下自身が園遊会かなにかである将棋指しに強制ではないほうが望ましいと発言なさっているわけですけど都知事はこのことをどう考えているんでしょうね。
Posted by よしぼう at 2006年09月24日 09:04
不思議に思うのは、国旗掲揚に起立しない・国家斉唱をしない教師は、自分の行動をどのように生徒たちに説明するのだろう?ということ。
Posted by そふ at 2006年09月24日 00:56
>社是にそぐわぬ従業員を罰する権利が会社にあるのと同様、自分の思想・良心の自由にそぐわぬ会社を辞する権利が従業員にはある。

同様に、公務員を辞する権利が公務員にはある。と思うのですがいかがでしょう。
本件は「職務遂行中に職務を放棄したことに対する処罰 VS その職務命令が不当である」だと思います。これが職員の飲み会で君が代を歌うことを強制され、それを拒否したために処罰されたのならまったくもって不当なのですが。
Posted by blackghost at 2006年09月23日 21:39
国のために働くことを自分の意思で決めたのに、国を大事にしないというのはそもそも矛盾しているし、公務員でありながら国の方針に疑問を持つなどという思想や行為は許されるべきではない。教育の現場は生徒を力でねじ伏せてたたき上げる場所なのだから、上の方針に逆らっても良いという印象を与えかねない行動を取った教員は排除すべきである。

と思ってますので、私は弾さんをちょっと嫌いになりました。ごめんちゃい。

ちなみに私の通っていた小中学校では、教師が自分の思想について語りそうになったとき、「これより先は私の思想が入ってしまうので説明できません」とはっきり断られていました。おそらく言いたいことがあったのでしょうが、それが右にしろ左にしろ偏った精神を教育することが間違っていると先生は知っていたのではないでしょうか。
Posted by しみず at 2006年09月23日 20:24
ところで「君が代」って「簡単な曲」って
いっちゃっていいんだろうか?

E=MC^2
って簡単な式だね。

っていうのと似ていないか。
Posted by どうでもいいことですが、 at 2006年09月23日 17:50
個人的にはこうして意見が割れるのはいい傾向なのではないかなと思います。
近隣に共産主義な政府が2つ、3つとありながらも、
世界でも類を見ない平和ボケ国家として戦後を過ごしてきたわけですから。
そして自由主義が行き過ぎれば欧州の某国のように大量の移民のために
自国民ががんじがらめになりますので、、、
かといって極端なナショナリズムに染まると、いきつく先はまた
「勝ち目の無い戦争を始めること」ですしね。
Posted by hama at 2006年09月23日 15:13
子供は親を選べません。
親は子供が親をどう考えているか内心までコントロールすることはできません。
でも「一般的に」家族愛というものが存在し、他人のそのような関係と心情を
理解・尊重することを教える義務は親にあるのです。
もちろん「教えない」という立場をとる親もあるでしょうが、それは「子供の自由」の
尊重ではなく「学習の機会」を奪う行為なのです。
教えることを子供がどのように受け取るか、そこはコントロールすべきではないですが、
学習機会を奪うのは教育者としては最低だと思います。
Posted by shio at 2006年09月23日 12:11
自分もどっちかってえと強制はいけないと思う。
切り口的には「表現の自由」ですが。

自分じゃ絶対にやりませんし、
目の前でやられたら、そいつを2、3発ぶん殴ってやるでしょうけど
敢えて書きますが、

例えば誰かが日本国の国旗を大衆の前で燃やしたりしても
思いっきり周りの人は不快な思いをするし、そんな事をした当人も
常識の無さを疑われる事間違い無しでしょう

が罪には問われるべきじゃない。
Posted by とおりすがり at 2006年09月23日 01:28
会社が不自由な存在ならばやめればいい、というのは、
弾さんだから言えることで、普通の人にはそんな自由ないですよ。
生活に対する縛りという意味では、会社の方が国より強いし、
その意味では社歌を歌わせる方が権利の侵害度合いは
大きいんじゃないかなと。

国家権力の横暴を叫ぶ人は散見されるけど、
会社が権力を濫用する(パワハラかな)ことを指摘する人は、
その発生度合いを考えると、あまりに少ないと思う。
Posted by aaa at 2006年09月22日 23:56
社員が会社をやめるができると同じように、公務員が都職員としての職を辞することは
可能と思うのですが。

国民が簡単に国という船から下船することはかなり困難であるがために、
もし今回の件が都職員ではなく国民であれば弾さんの意見と同様の意見を持っています。

#私は公務員になったことが無いので都職員を辞することが難しいということであれば申し訳ありません。
Posted by azuma at 2006年09月22日 23:41
s/株主の選任されて/株主に選任されて/
じゃないでしょうか。

公のために働くと決めた人が、公の決めたことに反対できる権利を持たないということはないだろうけど、それを処罰するのが違法というのもちょっと違うような。
Posted by samai at 2006年09月22日 22:36
経済は小さい政府指向でも、思想信条については強権的になる、
逆もしかりですけど。

http://money4.2ch.net/test/read.cgi/eco/1138102915/l50

なんでですかね。

自分は、都が教員お処分までするのは、やりすぎだと
思いますが、国旗の意味や、掲揚する意味を教えてあげるのは、
教育としては意味があると思います。

たとえば、自国の国旗だけを揚げるときと、
訪問国の歓迎のときのポールの揚げ方の違いとかね。

あと、日の丸のたたみ方とか。
(おそらく、今回の判決に憤怒している人でも、
自分で日の丸を畳んだことのある人はそういるまい)

全く実用的ではないけど、
基本的にこういうこと(掲揚や斉唱)は、
忠誠とか強制とかではなくて、
相手への「敬意」とまわりへの「感謝」ってことなんだなって、
なんとなく考えたりしました。


Posted by acute at 2006年09月22日 17:41
>それは、「属する組織を選択する自由」だ。
自発的な意思を持って、都教員(公務員)になったのでは。
「社員」程にはやめる動機は強くなりにくいですが、命がけでもないですし。
Posted by Do at 2006年09月22日 17:40
憲法は国家権力を規制するためにあるので、会社が従業員に社歌を強要しようが、元々関係ないと思うんですが。。?
Posted by I. S. at 2006年09月22日 16:27