2006年10月22日 13:30 [Edit]

聞系と履系

学として最も自由で広大な「数学」(Mathematics)が、ここまで卑小化されて誤解されている上に、その誤解を誤解とも気がつかない人が多いのは「数」が悪いのか、それとも「学」が悪いのか、はたまた受験が悪いのか。

Logical Sebastian:再考:理系と文系 - livedoor Blog(ブログ)
数学は、経過はどうあれ結論は同じ。
ならおのずと選択肢も限られる。
それを大勢でやる意義が感じられない、というのが一番の理由です。
「自明のこと」の証明が嫌いなのは、これに起因します。

数学をそう呼ぶのは、「将棋はたかだか有限種類の局面しかない、先手必勝ゲームなのだからつまらない」というのも同じだ。ましてや数学が扱う「空間」というのは、他のどんな学問より広いのだ。極論してしまえば、他の学というのは数学の単なる一分野に過ぎない。

404 Blog Not Found:Thinking Mathematically
その全順序にのっとってリケーを整理すると、まず「好学」の一部門として「物理学」がある。「好学」のうち、たまたまこの宇宙の秩序と合致する物をそう呼んでいる。うち電磁気力が支配する領域を研究する学問を、我々は「化学」と読んでいる(英語では"Nuclear Chemistry"という言葉は生きているようだが、日本語ではもはやあまり「核化学」とは言わない。さらにその一部門として「生物学」と「地学」があり....という具合だ。
ブンケーにだってちゃんとこれは適用できる。Mathematicsの下の論理学(Logics)の下の言語学(Linguistics)という具合に。

「ディアスポラ」の旅の終わりに、Yatimaが

In the end, there was only mathematics.

と万感の思いをこめるのも、一旦mathematicsの味を知ってしまうと、ただうなずくしかない。

だから私は「文系」「理系」を問わず、「数学」を「理系」扱いされた時点でorzとなってしまうのだ。

しかし、なぜ「数学」が「理系」に分類されがちなのかはわかる。

それは、mathematicsをmathematicsたらしめている、全順序に対する姿勢だろう。「全順序?ハァ?」な人は、是非「数学的思考法」を読んで欲しい。たた二枚の図で見事に説明しているから。

「理系」は、全順序に対して忠実だ。全順序があるからこそ、先人の肩に乗ることができる。理系にとって全順序というのは、先人の肩にのり、そして後人を肩に乗せる、歴史を超えた壮大な肩車の一環なのだ。

そしてそれがため、理系というのはどうしても謙虚になりがちだ。彼らは自分の業績が自分だけの業績でないことをあまりに知っているのだ。

これに対して、「文系」というのは、あまり先人の肩をあてに出来ない。全順序をあてに出来ないからだ。肩かと思って乗っかると、そこはみぞおちで先人のうめき声が聞こえたりというのがむしろ普通なのではないか。

当然その裏返しとして、業績に対する姿勢も傲慢になりがちだ。なにしろ先人はあまりあてにならないのだから、業績に占める自分の分け前は、心の中で大きくならざるを得ない。同じ10の貢献を上げた場合でも、理系は90あったところに10を加えて100にしたという感慨を持つのに対し、文系は1だったものを10にしたという感慨を持つことが多いように思う。

にも関わらず、文系の方が「先人」という言葉を多く使いたがるようにも感じる。なぜだろうか。「先人」を使うことにたけては理系の方がはるかに頻繁なのに。

一つには、理系が先人を使う時には、「先人」という十把一絡げの言い方ではなく、具体的に「ニュートンのF=ma」とか「アインシュタインのE=mc2」という言い回しを好むからだと思う。それが空気のように当たり前なので、空気のように見えない、というわけだ。

そしてもう一つには、理系は単に先人の言葉を引用するだけではなく、それを実際に使っているということがある。「子曰く」で議論して、議論そのものが仕事とみなされる文系と、F=maにしたがって乗り物を設計したら、mやaに間違った数字を代入してしまって、それが事故った時には責任をとらされる理系。先人の肩が堅牢なだけに、それを踏み外したときにずっとイタイ思いをするのも理系である。

とはいえ、「文系」も「理系」も数学を母と持つことに変わりはないし、文系も「理」をもって考え、「理系」も「文」をもって考えを伝えるのだから、「文系」「理系」という呼び方は、文にも理にも失礼なような気がする。

いっそ「聞系」と「履系」というのはどうだろう。「聞いただけでわかったつもりになる系」と「履行してみなければわからない系」というわけだ。

その意味においては、我々のほとんどは「9割聞系」で、「1割履系」なのだろう。履系に憧れつつも、聞系なしに物事を割り切るには世の中ややこしすぎ、忙しすぎるということなのだろう。

それでも、聞で間に合うのは、他のだれかが履してくれたおかげということは忘れないようにしておきたい。

Dan the (Frequent Sayer|Occasional Doer)


この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
昨日は、息子2人を連れて、有明にある「松下電器産業(株)が有明のパナソニックセン...
RiSuPiaに行ってきた(+日本の理数系人材戦略の未来)【isologue】at 2006年10月23日 20:31
つい半月前まで学生だった者からの視点として書いてみる. 参考: 再考:理系と文系
文系および理系【* .fridge shell developers blog】at 2006年10月23日 02:29
404 Blog Not Found(http://blog.livedoor.jp/dankogai/)からリンクをたどって 読んだブログの記事(http://blog.livedoor.jp/sebastianus0884/archives/50768303.html)に目を通した. ちなみに俺は,昔数学科の学生,今システムエンジニアです. 理系というのは既存の理論や
[理系と文系]【m_konnoの日記】at 2006年10月22日 23:36
Logical Sebastian:再考:理系と文系 - livedoor Blog(ブログ) なんとなく言いたいことわかるよ。 僕も数学嫌いだもの。 数学は、経過はどうあれ結論は同じ。ならおのずと選択肢も限られる。それを大勢でやる意義が感じられない、というのが一番の理由です。「自明のこと
[日常]数学嫌いで何か悪いのか?【蛙君との楽しい毎日】at 2006年10月22日 20:47
ちょっと軽いものを。 私が文系である理由(10月22日、追記)。 文系にする理由としてよく挙げられるのは「数学ができない」です。 私も理系の人間と比べれば明らかに数学ができない部類に属するでしょう。 私の数学はできる科目、できない科目が偏っています。 ...
再考:理系と文系【Logical Sebastian】at 2006年10月22日 18:39
追記:院レベルでやってみると判るけど、数学って実は文系の学問ってハナシはもしかしたらちょっと違うのかも〆 (cf.404 Blog Not Found:聞系と履系 cf.Logical Sebastian:再考:理系と文系 この先は理系の方にとって、かなり不愉快で無神経にかんじられる内容が含まれ...
『数も読めない理系が』 09/23/06〆【【THE FOOL ON THE HILL】】at 2006年10月22日 18:25
この記事へのコメント
前にも書いておられましたが、将棋は先手必勝ではないです。
というか、先手必勝かもしれないですが、証明されていないし証明されることも人類が滅びるまでありえないでしょう。
Posted by berk at 2006年10月24日 13:15
思考を表現する為に用いるモノの違いかなと思ってた時期がありました。
Posted by nameless at 2006年10月24日 01:45
DB世代様

単純な変換ミスです。確認したとき気がつきませんでした(´∇`;)
ご指摘ありがとうございます。
Posted by bob at 2006年10月23日 11:47
理系と芸術系にいた自分にはどうでもいい話だが
しいて言えば
オシャベリは死ねよ系かも。
Posted by 踊るアホ系 at 2006年10月23日 06:06
「好学」ということなら、了解です。紛らわしいですけどね。
Posted by I. S. at 2006年10月23日 00:25
え、数学が論理学の一分野だと認識していたんですが、違いましたっけ?
Posted by I. S. at 2006年10月23日 00:17
bob様

>明治
→明示は、釣りですか。私も理系…。
Posted by DB世代 at 2006年10月22日 23:26
文系は、数学が苦手な人が仕方なく選ぶものだと思っていたけど、ちがうのかな?
Posted by sima at 2006年10月22日 20:03
理系の私から説明を。
米国とかにかかわらず、一般的に物理系の論文を書くときにはIntroductionで先人たちがどこまでを明らかにし、自分の論文ではそれに何を付け加えたのかを明示するのが標準的な書き方です。自分の業績に関しては最大限アピールするようにしますが、それ以前にどこまで明らかになっていたかも明治するという点では謙虚なのかも知れません。
Posted by bob at 2006年10月22日 15:42
> 理系というのはどうしても謙虚になりがちだ。
単純に功績を説明するのが下手だとも言えると思いますが。
詳しくないのですが、米国などでも理系はそうなのでしょうか。
Posted by 名無しさん at 2006年10月22日 15:01