2006年11月04日 11:30 [Edit]

群盲成長をなでる

そのとおり。

山形浩生 の「経済のトリセツ」  Supported by WindowsLiveJournal - 経済成長の意味。
が、それより重要なこととして、そうした人々の多くは想像力が欠如していること。経済成長ってことの意味がまったく理解できていない。

しかし、我々が理解していないのは、経済成長ではなく、成長ということそのものではないのか?


山形浩生 の「経済のトリセツ」  Supported by WindowsLiveJournal - 経済成長の意味。
ぼくたちが経済成長するということは、別にぼくたちがお金を貯め込むということではない。たくさん生産して、その分たくさん買うようになるということだ。

しかし、ここでは「いくら買うか」ということは問われても、「何を買うか」ということは全く問われていない。「一兆円モノを買いなさい」と言われて、中国から製品を買うのか、インドからソフトウェアを買うのか、合州国から飛行機を買うのか、はたまた日本国内でアクアラインを買うのか(この場合5000億円ほど足りないけど)。

私が問題にしているのは、そこなのだ。

そしてもう一つの問題は、お金そのものは「虚」、すなわち我々の想像力の産物であるにも関わらず、経済を遠して「実」に密接にリンクしているということだ。バブルの頃は、よく「日本の土地でアメリカが四つ買える」などという話が出たが、そういう「空想」が「現実味をもって感じられる」ほど、お金という「空想」には「現実味」があるのだ。

面白いことに、お金というのは質量=エネルギーのような保存量ではないにも関わらず、ミクロではあたかも保存するように扱われる。私があなたから100円で買ったら、あなたの財布はきっかり100円多く、そして私の財布はきっかり100円増えないと経済は成り立たない。しかし、マクロでこれが成り立つとしても、経済というのはまた成り立たない。それでは経済成長がありえないことになってしまうからだ。

山形浩生 の「経済のトリセツ」  Supported by WindowsLiveJournal - 経済成長の意味。
去年の自分と今年の自分を比べて、少しは成長したと思わないだろうか。多少は仕事がうまくなった、多少は手際がよくなった、多少は知恵がついた、多少はいろんな面で腕をあげたと思わないだろうか。それは必ずしも無理強いされたものじゃないはずだ。かなりの部分は自分から喜んで向上させた技能のはずだし、それが実現できたときは本当にうれしかったはずだ。

要はその「成長」を計る指標として「経済」、というより「お金」というのはどの程度適切か、ということだ。腕を上げた結果残業時間が減って給料が減ったなんていうの今ではざらだし、その逆に腕が上がらないあまりそれを勤務時間でカバーし、その結果残業手当が上がるなんてこともままある。ミクロではこんな感じだが、マクロではその経済をどの通貨で計るかという問題がある。国内通貨で計った数%程度の経済成長が、為替で簡単に「吹っ飛んだり」する。

日本はプラザ合意の途端に急成長したのか?あるいは逆にピークの80円のころから逆成長したのか?どちらも否ではないのか。

多くの人が経済学をイマイチ信用できない理由が、ここにあるのではないか。

あなたや私の成長を、経済学は適切に計ってくれているのだろうか?

私は、「お金」というスカラー量では不十分だという仮説を立てている。

あなたはどうだろうか?

Dan the Economic Animal


この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
現代の経済学者の多くは、的外れなことを言う宿命にある。その理由は、文字通り彼らの分析の的が外れているからだ。 経済学を支配する基本的な概念は「需要と供給」である。人が何かをほしがる「需要」と、それを生み出す能力「供給」がうまく噛み合った場合に、経済的な....
失われてない15年−6.経済学者が的外れなことを言う理由【ぺったんぺったん】at 2008年04月07日 08:35
失われてない15年−前篇 「情報」に注目して近年の日本経済を見てみると、圧倒的な先進性を示す証拠は至る所に見つかる。日本人の情報への欲求は異様なほど高い。もう気味が悪いぐらいに。それを端的に示すのは世界最高のインターネット環境だ。 日本のブロードバン....
失われてない15年−中編1【ぺったんぺったん】at 2008年03月23日 11:40
今月2日、3日とDan Kogaiさんのエントリを取り上げてまいりましたが、ふまさんのご示唆でwebmasterにもポイントがつかめたような気がします。 #これも誤解だったら、というおそれはありますが、とりあえず申し訳なく思っています。 例えば、弾さんは次のようなことを書いて...
[economy]価格への信頼=市場への信頼【bewaad institute@kasumigaseki】at 2006年11月05日 05:01
bewaadさんの11/3のエントリへのコメントです。コメント欄が込みあってるようなのでTBにしときます。 小飼弾さんとのやりとりが続いているのですが、以下の昨年の記事を見ると、どうも弾さんは経済学の入門書すらロクに読む/Q
弾さんの経済学理解【cloudyの日記】at 2006年11月05日 01:55
この3つに共通するのは、無限の成長への無邪気な信奉だ。知の無限の発達、成長、「より速く、より高く、より強く」のオリンピック、経済成長が無限の豊かさを保証するというGDP。
20世紀の3大遺物〜ノーベル賞、五輪、GDP【佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン】at 2006年11月04日 22:20
Blog Not foundより 経済成長が必要かどうかは失業者の有無で決まるのではないだろうか?・失業者が多い場合 彼らに職を与えるような政策が必要。 失業者が職につけば自然と経済成長率が上がる (cf 60年代のソ連の経済成長についての記述のエントリー) ・労働者が100%...
経済成長 part2【enchanting an air of joyous bliss】at 2006年11月04日 21:39
この記事へのコメント
政府インフレ率?
http://blogs.yahoo.co.jp/fumadayo/8836336.html
Posted by ふま at 2006年12月16日 10:33
トラックバックがちゃんとうてたためしがありませんので、コメントで失礼します。

友人の岡村さんという計量経済学者の手紙をブログに載せました。もう、旬の終わったお話と思われるかと存じますが、読んでいただければ幸いです。

http://d.hatena.ne.jp/osakaeco/20061211/p1

あと、ずいぶんたってしまいましたが、以前、トラックバックしていただいたエントリに関連して、次のエントリを書いています。もしまだお読みになられていなければ、目を通してもらえれば幸いです。

http://d.hatena.ne.jp/osakaeco/20061130/p1

Posted by osakaeco at 2006年12月11日 15:27
さあ始まるよ!

教養の経済学でもわかる貧困と市場の問題
http://d.hatena.ne.jp/osakaeco/20061116/p1
Posted by 出発 at 2006年11月17日 00:46
>ひょっとしたら何億年後か知らんが地球上で
>経済活動が行われなくなっても、宇宙全体で
>経済成長するかもなw

宇宙人のことかな?w
Posted by あほのふまへ at 2006年11月09日 08:09
経済成長は、時間的にも地域的にも異なる。

ひょっとしたら何億年後か知らんが地球上で
経済活動が行われなくなっても、宇宙全体で
経済成長するかもなw

一体、何を信じてるのか、そもそも不明なん
だが?
Posted by ふま at 2006年11月09日 01:59
おまいらほんとふまが好きな。
Posted by を茶 at 2006年11月05日 23:56
>経済成長はしたほうがいいと思うが、経済成長するとは信じない
だからなんで?理由は?なんで成長しないの?

>経済成長すると予想することもあるし、しないと予想することもある
予想?ってのは短期中期での予想?
で、長期的には結局成長するってことでいいのか?

>これが普通。普通でないから宗教みたいだねっていうお話
少なくとも有史以来数千年間”経済成長”し続けていると思うのですが、
どうしてそれがストップしてしまうのが「普通」なのですか?
そういう思想の方がよっぽど宗教じみてる。
Posted by あのさ at 2006年11月05日 23:52
経済成長はしたほうがいいと思うが、経済成長するとは信じない

経済成長すると予想することもあるし、しないと予想することも
ある

これが普通。普通でないから宗教みたいだねっていうお話
Posted by 夫馬には関りたくないんだが at 2006年11月05日 22:57
>因みに言わずもがなと思いますが「経済成長はしないよりはした方がいいと考える」ことと、「(いくらでも、あるいは、プラスの)経済成長をすると信じる」ことは別ですよね。

いや、両方。
経済成長は、しないよりしたほうがよくて、かつ、プラスの経済成長(ができること)を信じてます。

じゃあさ、逆に「経済成長するよりしないほうがいいと考える」理由と、「プラスの経済成長はできないと信じる」理由を言ってみなよ。
Posted by 夫馬アホダラ経へ at 2006年11月05日 21:21
山形マクロケーザイ教 V.S. 夫馬アホダラ経

どっちも関るのは御免だなw
Posted by あほくさ at 2006年11月05日 21:07
残念なら、変えればいいじゃない。
あなた自身の信仰でしょ、それ?

あ〜あ、信仰って自分の意志では
変えられないもんなんだね。なる
ほど、納得♪
Posted by 煽りで〜すw at 2006年11月05日 18:37
因みに言わずもがなと思いますが「経済成長はしないよりはした方がいいと考える」ことと、「(いくらでも、あるいは、プラスの)経済成長をすると信じる」ことは別ですよね。
Posted by ふま at 2006年11月05日 18:19
山形さん、ってロマンティストなんですね。他人のそういうところを
からかう方でそういう人じゃないと思ってたんですよ。これは失礼。

私自身は

>>生きとし生ける者すべてが(略)愛に満ちた世界を獲得する

なんてことは全く信じてない訳です。せいぜいが『より多くの
人が…』とか比較の問題なら反対はしませんが。

基本的に平均の問題と個別の問題がごったになってませんか?
私なら、

経済成長は、ぼくたちの努力や成長の『平均的な』総和でしか
ない。

と強調したいところですがね。
Posted by ふま at 2006年11月05日 18:10
>「それが信じられないというならご愁傷さま」だってさ、何これ?

>これって何かの宗教か?
>経済成長を信じなければ駄目だ。信じれば自分も幸せになって、他人も幸せにできる。信じない奴は、勝手に地獄に落ちなさい。
>可哀相に、だってさw

残念ながら、そういうことだ。
もしかするとあなたみたいな人には「何かの宗教」に思えるのかもしれない。
重要なのは、何が、どうなって、どういう理屈で地獄イキなのかってことだ。
詳しい話はその文章を穴が開くほどよく読んで。

さて、ところで、だ。
世に住む、生きとし生ける者すべてが、平和に、平等に、明るく、楽しく、美しく、幸福と善意とやさしさと愛に満ちた世界を獲得するため、
あなたは、経済成長を信じないならいったい何を信じようというの?
Posted by ふま氏へ at 2006年11月05日 17:07
>マクロではその経済をどの通貨で計るかという問題がある。

経済成長率という時系列の指標を見る場合、その問題はありません。国内通貨で計るに決まっています。

GDPを為替レートやPPPで外国通貨建てに変換するのは、たとえば、日本も世界と仲良くする程度の経済力は確保しなくちゃ、という問題意識を持った人が、中国、インド、米国など外国との経済力の比較を行いたい場合に限られるでしょう。

>あなたや私の成長を、経済学は適切に計ってくれているのだろうか?
>私は、「お金」というスカラー量では不十分だという仮説を立てている。

お説ごもっともですが、宵越しの金を持たないとのたれ死にするのではないかと不安な人がいるから成長ではなく「癒し」が必要だ、という当初の問い掛けとは別の話になっているような・・・。
Posted by 暇人 at 2006年11月05日 16:13
>いや、ぼくだってそれが理解できない訳じゃない。セリーヌ読むと
>そんな気分になるし、しばらく前は ATR をきいて "Destrooooy!!"
>とか叫んでいたことでもあるし。でもぼくは反経済成長論者が本気
>でそこまで気骨あるペシミズムを本気で抱いているとはとても思え
>ないのだ。

後から付け足したから、少し変な感じになっちゃったね。
これだと、山形さんが感じた気分は気骨あるペシミズムだけど
君達のはまだまだ甘い!、みたいな何言ってんだか良く分かん
ない話になってる。別にいいけど。
Posted by 少し恥ずかしい山形ちゃんなのでした♪ at 2006年11月05日 12:52
フマさんは昔から精神疾患だから
Posted by kurihara at 2006年11月05日 11:13
>信じない奴は、勝手に地獄に落ちなさい。可哀相に、だってさw

鏡を見てみなよ。そこに約1名ほど「可哀相」なのがいるじゃないか。
Posted by t_f at 2006年11月05日 02:54
>ぼくたちが経済成長するということは、別にぼくたちがお金を
>貯め込むということではない。(……)そして相変わらずろく
>でもない状況のアフリカのものだって、少しはおおめに買って
>あげられて、かれらも少しはましな状態になっていたかもしれ
>ない。それはある意味で、経済大国の責任でもある。

これって何かの宗教か?

経済成長を信じなければ駄目だ。信じれば自分も幸せになって、
他人も幸せにできる。信じない奴は、勝手に地獄に落ちなさい。
可哀相に、だってさw
Posted by 爆笑 at 2006年11月05日 00:03
はいはい
> 経済成長を願うのは、人の成長能力を信じ、そしてその潜在力を
> 思い切り発揮してくれることを願う、信頼と希望の表明でもある。
> それが信じられないというならご愁傷さま。

「それが信じられないというならご愁傷さま」だってさ、何これ?
Posted by 爆笑 at 2006年11月04日 23:49
>日本は何でも成長するんだ出来るんだと皆が信じれば信じるほど、日本が
>経済成長しちゃうんだよね。日本の脳内経済成長かな

これはいったい誰が言ってるのか?
少なくとも山形浩生は言ってない。
Posted by ぶぁかふま at 2006年11月04日 22:27
>低成長が予想されるから、それに相応しい金融政策を行うんじゃんかったのか?
そのとおり。

>高成長が予想されるときと対応は違うんだよね。同じですか?
高成長に相応しい金融政策を行なわなきゃな。
対応は違うが、「相応しい金融政策を行なう」という意味では同じだ。

>できるだけ正確な予想はしなくていいの?
正確な予想もしなきゃな。

>何でも成長を信じちゃうんですか?
は?誰が?
Posted by ばかふま at 2006年11月04日 22:25
>官僚がテレビに出て云うには、毎年2%成長するのだから
>35年後には2倍の生活になるんだから、いいでしょだった。

いまどき官僚のレトリックを信じるようなバカは
サイレントマジョリティ。
Posted by とおりすg at 2006年11月04日 20:23
「成長すると信じること」と「成長すること」は別のことだけど。でも、
日本は何でも成長するんだ出来るんだと皆が信じれば信じるほど、日本が
経済成長しちゃうんだよね。日本の脳内経済成長かな

おお、これって虚の経済学じゃん。すげ〜!
何だ、山形さんこそ虚の経済学の推進者なのでした♪www
Posted by ふま at 2006年11月04日 19:32
あれれ?

低成長が予想されるから、それに相応しい金融政策を
行うんじゃんかったのか?
高成長が予想されるときと対応は違うんだよね。同じ
ですか?
できるだけ正確な予想はしなくていいの?
何でも成長を信じちゃうんですか?
Posted by ふま at 2006年11月04日 19:16
官僚がテレビに出て云うには、毎年2%成長するのだから
35年後には2倍の生活になるんだから、いいでしょだった。
そうすると35%の受給率でも今の50数%よりお得なのかと
納得してほくそ笑んでいたのだけれど、
成長には苦労が伴うなんて一言も云ってなかったけど
官僚には当たり前かと思いつきました。
Posted by 年金の話だって分かるでしょうが at 2006年11月04日 18:55
>で、今度は

>成長を信じよう。成長することは僕たちの責任なんだ

>だもん。何これ?

とりあえずオマエがバカな事だけはわかった。
Posted by ばかふま at 2006年11月04日 18:15
ちがうでしょ。
低成長の時には成長に導く金融政策が、高成長の時にはそれがバブル化しないための金融政策が必要だって、それだけのことでしょ。
なにいってんのこの馬鹿。
Posted by を茶 at 2006年11月04日 17:35
>日本の未来の生産力がいまに比べて相対的に低くなると予想
>すべき根拠ってなんだろう。答はすぐにわかる。人口構成だ
>ね。日本の出生率は低下してるし移民はない。するとこの先
>数十年は、労働力は増えるどころか減っちゃう。生産性が向
>上しない限り、たとえばこの先 15 年とか 20 年とかの潜在
>的な産出――モデルでの y* ――はまさにいまのキャパシテ
>ィより低くなる。さらに、人口が高齢化するので労働力は人
>口より落ち方がはやい。だから、将来的にいずれ、一人あた
>りの生産キャパシティが本当にいまより低くなると論じるの
>はすごく簡単だ。
http://cruel.org/krugman/japtrapj.html
Posted by 参考 at 2006年11月04日 15:44
弾さんも記憶にあるかもしれないけれど、この人って前は盛んに
日本は低成長になるからそれに相応しい金融政策が必要だ、って
言ってたんだよね。

で、今度は

成長を信じよう。成長することは僕たちの責任なんだ

だもん。何これ?
Posted by ふま at 2006年11月04日 15:43
複素数じゃなきゃいけない理由ってあんの?
カネとはちがう価値がある、と言いたいなら
なんで素直にベクトルじゃだめなの。
そもそも虚軸上の「なにか」をどうやって定量化
するの?
なんでそこにiくっつけたがるの?

あ 、I か
オレオレだもんな〜(w)

オレ軸上ではかるのか。

Posted by はみでるトンの経済 at 2006年11月04日 14:58
夫馬で〜す。

成長をなでる「盲」ってだぁれ?
http://d.hatena.ne.jp/wlj-Friday/20061104/p1

山形ちゃん、またですか。ほんとに世話が焼けますね
http://blogs.yahoo.co.jp/fumadayo/5045633.html
Posted by チクリます。 at 2006年11月04日 14:10