2006年11月13日 00:05 [Edit]

書評 - そして殺人者は野に放たれる

日垣さんの出世作、「そして殺人者は野に放たれる」がついに文庫化された。

文庫化されてすぐに入手したのだが、すぐに書評できなかったのは、やはりオビにもある

本書は、愉快な書物ではありません。あまりにも深刻な事件が多すぎて、ご気分を害されることもあるでしょう。

という、その強烈な苦さにある。この私でも、毎日少しずつ読むという読み方を選ばざるを得なかったほどに。しかも単行本の方を前に一度読んでいるにも関わらず、である。


以下を見るだけで、その苦さが伝わるのではないか。日垣節の魅力はその苦みにあるのだが、氏の他の著書がコーヒーなら、本書は救命丸か青汁か。

目次
  • 序章 通り魔に子を殺された母の声を
  • 第1章 覚醒剤使用中の殺人ゆえ刑を減軽す
  • 第2章 迷走する「責任能力」認定
  • 第3章 不起訴になった予告殺人
  • 第4章 精神鑑定は思考停止である
  • 第5章 二つの騒音殺人、死刑と不起訴の間
  • 第6章 分裂病と犯罪の不幸な出合い
  • 第7章 日本に異常な犯罪者はいない?
  • 第8章 闇に消える暗殺とハイジャック
  • 第9章 心身耗弱こそ諸悪の根源
  • 第10章 判決に満悦した通り魔たち
  • 第11章 刑法四〇条が削除された理由
  • 第12章 日本は酔っ払い犯罪者天国である
  • 第13章 もう一つの心神喪失規定「準強姦」
  • 第14章 女性教祖「妄想」への断罪
  • 第15章 家族殺しが無罪になる国
  • 第16章 人格障害者という鬼門を剥ぐ
  • 終章 古今東西「乱心」考
  • あとがき
  • 文庫版あとがき
  • 解説 斎藤 環

しかし、この苦さは、本書が良薬であることの何よりの証しである。その効用は、「プロ」である斎藤環をして、こう言わしめている。

文庫版解説より
しかし、およそどんな誤解の余地もないほど公正かつ明晰に書かれた本書に、果たしてどんな「解説」が必要でしょうか。

とはいえ、文庫版がオリジナルより口当たりが少しよくなっているのは、値段が手頃になったことだけではなく、この斉藤環氏の解説も大きい。本編よりも解説の方を先に読む読者も少なくないようなのだけど、もし本書の苦みをいきなり飲み干すのが辛いなら、この解説から先に「口にする」のもよいかも知れない。

オビより
けれども、「正常と異常の境界線はどこにあるのか」「なぜ人は罪を犯すのか」は、おそらく人間にとって大切なテーマだろうと思います。

もし上記に異論がないなら、本書を必ず手が届く場所に備えておいて欲しい。なぜ殺人者たちが野に放たれてきたかの理由は、間違いなく本書のテーマから我々が目を背けてきた結果でもあるのだから。

Dan the Sinner but not Criminal, Weird but not Insane


この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
どんな誤解の余地もないほど公正かつ明晰に書かれた本書に解説は不要    目次 •序章 通り魔に子を殺された母の声を  •第1章 覚醒剤使用中の殺人ゆえ刑を減軽す  •第2章 迷走する「責任能力」認定  •第3章 不起訴になった予告殺人  •第4章 精神鑑定は思
「そして殺人者は野に放たれる」 2  【営業の良識を問う】at 2012年09月25日 11:24
出版社より献本御礼。 裁判官に気をつけろ! 日垣隆 2003年刊行の単行本に、裁判員に関する序章を増補した上で文庫化したものだが、裁判が「他人事」ではなくなる今年にあって、本書の価値はかつていないほど増している。市民必読の一冊だ。
過度に発達した司法は茶番と区別がつかない - 書評 - 裁判官に気をつけろ!【404 Blog Not Found】at 2009年06月05日 16:50
ハードカバーということで買うのが後回し後回しになってしまったが、もっと早く読んでおくべきだった一冊。 累積障害者 山本譲司 ただし、読むのが実に辛い一冊でもある。まるで本書を読むことが、保釈無し終身刑の受刑者として、出口のない監獄に入っていくよう....
返す言葉が見つからない - 書評 - 累犯障害者【404 Blog Not Found】at 2008年01月08日 22:36
これを見て、「またか。でも法治国家だからしょうがない」と思っているあなた、それは違う。 livedoor ニュース - <5人殺傷>車ではねた被告、心神喪失で無罪 大阪地裁判決大阪府茨木市で04年、5人を車ではね、2人を殺害、3人を負傷させたして殺人などの罪に問われ....
刑法三十九条は世界の非常識【404 Blog Not Found】at 2007年03月01日 17:46
私の感想は、タイトルどおり。 裁判官が日本を滅ぼす 門田 隆将 ITmedia News:Winny開発者に有罪判決P2Pファイル交換ソフト「Winny」を開発し、著作権法違反(公衆送信権の侵害)ほう助の罪に問われていた金子勇被告の判決公判が12月13日、京都地裁であった....
極めて不当かつ想定の範囲内の判決【404 Blog Not Found】at 2006年12月13日 14:47
小飼弾のブログのエントリ「404 Blog Not Found:そして殺人者は野...
そして殺人者は野に放たれる【くりす流】at 2006年12月05日 23:39
まあ何とハシタナイタイトルであることか。 すぐに稼げる文章術 日垣隆 このタイトルに耐えられるだけの書き手はそうはいない。 そう、日垣隆ぐらいでないと。
すぐに稼げる文章術【404 Blog Not Found】at 2006年12月02日 21:33