2006年11月24日 19:00 [Edit]

「ダウンロード、海賊版は禁止」は実施可能か?

あきれた。

asahi.com:ダウンロード、海賊版は禁止 政府、著作権法改正を検討?-?社会
政府の知的財産戦略本部(本部長・安倍首相)は、音楽や映像を違法コピーした「海賊版」をインターネット上からダウンロードすることを全面的に禁止する著作権法改正に着手する。27日に開く知財本部コンテンツ専門調査会に事務局案を提案。罰則も設け、08年通常国会に提出をめざしている改正案に盛り込む。海外でも人気が高い日本のマンガやアニメなどの権利保護を強め、コンテンツ産業の育成を促す狙いがある。

ここまでアホだと、πの値を3と法律で定めたどこかの政府を笑えない。

なぜなら、デジタル情報においては、閲覧することはコピーそのものだからだ。「閲覧」しているというのは実は我々の感覚に過ぎず、実際はオリジナルと全く同じ情報がメモリー上にコピーされ、それがディスプレイやスピーカーに「投影」されているに過ぎない。今あなたがお読みになっている本文も、あなたが見ているのは「オリジナル」ではなくあなたの電脳に複製されたコピーである。

デジタル情報に、正規版と海賊版の違いは存在しない。

これは、デジタル情報を扱う上で真っ先に押さえておかなければならない事実である。常識ではない。事実である。事実である以上、法律で「そうでない」と言った所で、間違っているのは法律であることは、πの値を3とする法律と何ら変わらない。

道徳やしつけの根拠を自然科学に求めるべきではない
「道徳やしつけの根拠を自然科学に求めるべきではない」

とはいうものの、自然科学に反した法律やしつけというのは本来ありえない以上、少なくともある法律が自然科学的に機能するのかのチェックというのはなされるべきなのではないか。法律、すなわち「人理」は、物理を超えることはできないのだから。

話をトンデモ著作権法改正案に戻すと、「正規版と海賊版の違いは存在しない」こと自体は誰のせいでもない。誰のせいでもないものを、誰かのせいにすることは、法律では最もやってはならないことなのではないか。

デジタル情報の「海賊版」の配布を押さえたかったら、根源的な方法は「配布しない」しか実は存在しない。しかし「配布しにくく」したり、「コピーしてもそのままでは閲覧できなくする」ことは可能であるし現在もなされている。海賊版対策にはまだまだ技術的余地が存在するし、そもそも「知的財産」の財産性そのものが定義されなおすべきという意見もある(私の意見もそう)のに、著作権だけいじってなんとかなると思っている方がばかげている。

いっそ私が収めた税金も私の財産から政府が勝手にコピーした海賊版なのだから知的財産戦略本部に取り締まってもらうか。

See Also:

A Copy of Dan the Man


この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
インターネット上では YouTube 、ニコニコ動画などの動画配信関連サービス、画像掲示板、アップローダ、ファイル交換ソフトなどによる著作権侵害行為が横行している。こうした著作権侵
ニコニコ動画は有料動画をタダで見させてくれる神様【自称ゲーム作家グウジのブログ】at 2007年09月10日 18:01
とんでもない会社があるようです。わざわざ著作権のあるファイルをダウンロードさせて、ダウンロードした人を逮捕させようとしてるようです。どうやらアメリカの著作権団体であるMPAAやRIAAの使いっパシリのようで、日本で言うとJASRACの手先といった所でしょうか。 詳細....
わざとダウンロードさせて違法コピーで逮捕する企業が現れた!【らばQ】at 2007年07月05日 04:10
「ダウンロード、海賊版は禁止」は実施可能か?(404 Blog Not Found)を読んで、閲覧と複製の法的意味の微妙な違いをまとめてみた。微妙すぎて微妙である。 著作権法は複製について「印刷、写真、複写、録音、録画その他の方法により有形的に再製すること」と定義してい....
閲覧と複製の違い【ナガブロ】at 2006年11月25日 07:31
どうやら知らないうちに、政府はトンデモ法案を検討しているようだ。 ダウンロード、海賊版は禁止 政府、著作権法改正を検討 ○音楽や映像を違法コピーした「海賊版」をインターネット上からダウンロードすることを全面的に禁止する著作権法改正に着手 いやあ、こ....
ダウンロードしても違法というトンデモ法案に関して、4つの事例を考えてみた。【アホ理系青年の主張〜スーパー無責任委員会〜】at 2006年11月25日 05:13
asahi.com:ダウンロード、海賊版は禁止 政府、著作権法改正を検討 - 社会 政府の知的財産戦略本部(本部長・安倍首相)は、音楽や映像を違法コピーした「海賊版」をインターネット上からダウンロードすることを全面的に禁止する著作権法改正に着手する。(中略) 現行の著
「ダウンロード、海賊版は禁止」はこういう姿ではなかろうか。【犬が目覚めた日】at 2006年11月25日 04:40
あきれた。 asahi.com:ダウンロード、海賊版は禁止 政府、著作権法改正を検討?-?社会  政府の知的財産戦略本部(本部長・安倍首相)は、音楽や映像を違法コピーした「海賊版」をインターネット上からダウンロードすることを全面的に禁止する著作権法改正に着手する...
複製技術時代の著作権【Kazuho Oku's Weblog】at 2006年11月24日 23:12
この記事へのコメント
あのー、納税はコピーでは無くムーブでは?
Posted by 通りすがりですが at 2007年10月08日 09:42
まぁ、どこぞの内閣もどっかの「海賊版」だったりするしぃ
Posted by nono at 2006年11月27日 19:48
役人や政治家にITの知識がないんでしょう。
もしくは著作権ヤクザことJASRAC様に金で操られてるのかな。

合法か不法利用はともかく著作物利用の機会が増えてるのに、合法利用のハードルを下げずに不法利用の罰則強化など笑止千万。「しむらー、逆逆。」と言いたい気分。もうね馬かと鹿かと。

もしこの改正案が通れば、促進どころか日本の文化は寂れる(私の何倍も賢い人々がなぜわからぬ)。コミケの実態とか同人誌知らんのだろう。ネット文化も知るはずもないね。

日本のIT産業も役人と政治家がボロボロにしてくれたが、今度はコンテンツ産業を破壊するのか。もういい加減にしろ。
Posted by ワロス at 2006年11月26日 11:26
批判する前に提案してみてはいかがですか?
Webの現状が著作者とってあまり好ましくないのは事実なのですから。

法案が強行採決されたのならまだしも、まだまだ検討段階です。
文化は技術のように常に進歩するものではありません。
政府や権力の介入によって、その表現が大きく制限されてしまいます。

大きな資金を必要とするエンターテイメントの著作権が守られようとするのは
当然のことです。
ぜひ、他山の火事と思わずに一緒によい方法を考えてみましょう。
Posted by よっこん at 2006年11月25日 16:59
上のコメントでも書かれている通り、デジタル情報においてオリジナルとコピーに違いがないのは自然科学的な事実ですが、そこから「正規版と海賊版の違いは存在しない」という認識に至るのは飛躍のしすぎではないでしょうか?
Posted by CWQ at 2006年11月25日 11:54
> デジタル情報に、正規版と海賊版の違いは存在しない。

デジタル情報だけ見ても違いは存在しませんが,その情報がそこに置かれるまでの過程に違いがありますし,区別することも可能ですよね.
Posted by K.Tsuchiya at 2006年11月25日 00:26
確かに。
自然科学で決まっていないことを法律や道徳で規定するのは構いませんが、自然科学に反する法律を作られては全人間が犯罪者ということになってしまいます。
Posted by bob at 2006年11月24日 23:32
明らかに海賊版なデジタル情報の事例を無理矢理想像してみました。

>映画館に持ち込んだビデオカメラで映像と音声を撮影してWinnyとかにアップしてある場合
Posted by 三郷 at 2006年11月24日 22:50
弾様

お世話になっております、門倉貴史と申します。
本日、南アの講演においでいただき、ありがとうございました。
このブログを書かれている弾様がテレビでよく拝見する弾様とは思ってもみなかったのですが、今日、はたと気がついた次第です!!大変驚きました!
きちんとご挨拶できず、大変失礼いたしました。

機会がありましたら是非一度ご挨拶させていだければと思います。

今後とも、ご指導・ご鞭撻のほどどうぞよろしくお願い申し上げます。

門倉貴史拝
Posted by 門倉貴史 at 2006年11月24日 20:41