2006年12月01日 00:45 [Edit]

人もまた沈黙せず - 書評 - 神は沈黙せず

たった今読了。


神は沈黙せず(上・下)
山本弘

今年読んだ本の中で、間違いなく最高傑作!

いや、ほんとだまされたと思って読んで欲しい。面白くなかったら私が買い取ります、ってぐらい面白いから。


本書「神は沈黙せず」はフィクションである。フィクションであるが、実は75%はノンフィクションで構成されている。本書は一応、ではなく掛け値なしに一級品のSci-Fiであるが、実は山本弘のメッセージである。本書の舞台は20世紀末から近未来までだが、そのテーマは最も古いものの一つである。そして本書は神の本であり、人の本であり、「正しく生きる」の意味を問う本である。

私はそう信じる。

かつてこんな言葉で締めくくられたSci-Fiがあっただろうか?しかも、他ならとにかく著者山本弘は「と学会」会長でもある。懐疑のプロである氏が、この「信じる」という三文字で本書を締めくくったのは、意外でかつ当然である。

なぜそうなのか、そして誰が何を「そう信じる」のかは、是非手に取って確認していただきたい。

本書のテーマは、荘子、いや有史以来人々の脳裏を離れない一つの疑問である。

荘子 - Wikipedia
荘周が夢を見て蝶になり、蝶として大いに楽しんだ所、夢が覚める。果たして荘周が夢を見て蝶になったのか、あるいは蝶が夢を見て荘周になっているのか。どちらともわからぬ、どちらでもかまわない。

実はこれ、神と人との関係にもあてはまる。我々は神の見た夢なのだろうか、それとも神は我々の見た夢なのだろうか。そして現在はそれにさらに電脳によるシミュレーションが加わる。果たして電脳空間の人工生命にとって我々は神なのだろうか。

このテーマ自体はSci-Fiのもっとも古典的なテーマであると同時に、実は「夢オチ」でもある。ちょっとでも手を抜けば、それは簡単に駄作になってしまう。なにしろ、この世界は神の見た夢ということにしておけば、何でもアリになってしまうのだから。

ところが、本書はいきなりこの世は神のシミュレーターである、ということから話がはじまる。これは大変すごいことだ、いきなり「本書は夢オチです」と最初、とまでは行かないまでもかなり早い段階で種明かしをしてしまうのである。ところが、これがネタバレにならないのだ。本書が凄いのはそこからである。

もし我々が神の夢にしかすぎないとしたら、正しく生きようとすることに意味があるのか?

実は、本書はフィクションの形を借りた、この設問に対する山本弘による証明でもあるのだ。それも実に美しい。本書は二重の意味で美しい。まずこの難解な設問に、正面突破というより「反対突破」というか、一種の帰納法を導入したというテクニック。それにも関わらず、読解が実に優しいこと。易しいというより優しい。

特に後者は大きい。この点で本書はEganを確実に超えている。

もちろん、わかりやすさには多少の犠牲も伴っている。本書の重要な登場人物である加古沢のホームページのアクセス数が月50万とか100万とかというのはちょっとありえない。本blogですらそれくらいあるもの。ユニークユーザー数であればすごいと思うけど。あと、セルラーオートマトンの実装第一号としてラングトンを上げているのは微妙な所。自己複製の定義にもよるが、ライフゲーム(game of life)でも、一般的なS23/B3ルールではなく、B1357/S1357だと自己複製ルールになる。

もっとも、こうしたディテールの過誤は、「証明」の「正しさ」をいささかも損なうものではない。少なくとも私は本書の結論を信じることが出来た。

すべての被造物たちに。

Dan the Dream of Yours, or the Dreamer that Dreams of You

追伸:でもこれも星雲賞とってないの?信じられなーい。


この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
早川書房井出様より献本御礼。 地球移動作戦 山本弘 「地球に異星衝突」という、それこそSFでは使い尽くされたネタのはずなのに、きちんと21世紀に通用する作品になっているというのが素晴らしい。また、この手のネタではハードSFにきちんとなっている(はず--まだ...
古き良き最新 - 書評 - 地球移動作戦【404 Blog Not Found】at 2009年09月21日 21:53
「人もまた沈黙せず」を読んですぐ入手して、あまりにすごいのですぐには書評できず、[文庫版が出たら書評]の脳内タグを貼っておいたのに、3月に出ていたとはorz。 アイの物語 山本弘 現時点における、マイベストフィクション。 本書を読まずして、もはや物語は....
感無量 - 書評 - アイの物語【404 Blog Not Found】at 2009年08月01日 19:32
季節の変わり目のせいか、長女と私がダウン。 で、ダウンしている間にやってみたのが、こんなこと。
VM in VM【404 Blog Not Found】at 2008年09月03日 23:48
神は沈黙せず〈上〉 作者: 山本弘 出版社/メーカー: 角川書店 発売日: 2006/11 メディア: 文庫 読んで溜まっているのがあるんだけど 読んですぐの本の方が書きやすいので逃げてしまった。 久しぶりにSF小説を読んだのだが・・・クソッ!と感じた。 言っておくが、悪い意味で
[読書] 神は沈黙せず 上【むぎメモ】at 2007年07月17日 01:16
404 Blog Not Found:神は沈黙せずで大絶賛だった山本弘『神は沈黙せず』*1をようやく読了。おもしろかった。宗教ネタ、オカルトネタ、人工知能ネタ、歴史修正主義ネタなどがてんこもりだが、知識ひけらかしとかになってないのがすばらしい。 ただ、宗教=救済という文脈でし
[SF][哲学・思想・宗教]神は沈黙せず【もろ式: 読書日記】at 2007年03月28日 10:11
というわけで参加して。というか参加していたのだけど初めて申し込んでみた。 404 Blog Not Found:神は沈黙せず - nikuさんのコメント本が好き!(β) http://www.buzz-pr.com/book/menu/ 参加すれば?
本が好きなら「本が好き!」【404 Blog Not Found】at 2007年02月05日 18:38
読了しました。なるべくネタバレしないように書きます。 昔、人口生命に興味を持って、GAとか使って色々やっていたことが懐かしくなりました。 もういちどやってみようかなと思わせるSF小説です。 筋金入りのリチャード・ドーキンスファンにはオススメです。 これ以上は...
『神は沈黙せず』読了【kiyoka日記】at 2007年01月22日 00:59
とあるブログで面白い!と書いてあったので、「神は沈黙せず」を読んでみました。ノンフィクションなのですが、どこまでがフィクションでどこまでがノンフィクションなのか分からなくなるほど良く出来ていて、色々な問題がちりばめられていました。キーワードとしてざっ...
神は沈黙せず を読みました【kobblog@livedoor】at 2007年01月05日 21:27
暫く放っておいたら、いわゆる、『積ん読』が増えてきてしまったので、 1つずつ読ん...
『神は沈黙せず(上)』【NOBODY:PLACE - MUTTER】at 2007年01月05日 13:03
この世の中は、中国語の部屋であり、我々はサール の悪魔なのだそうだ。まあ、SFの中の話であるが。 キリスト教を信じる人にとっては、怒り心頭の話かもしれない。ただ、私にはすんなむЙ牁
神は沈黙せず【SadayukiのBlog】at 2007年01月04日 21:45
いや、ほんとだまされたと思って読んで欲しい。面白くなかったら私が買い取ります、ってぐらい面白いから。 404 Blog Not Found:神は沈黙せず 弾さんに此処まで言われたら読まないわけにはいかない。 最初に結論。 「私たちは”神”のシミュレーションなのか」というような...
[本]神は沈黙せず【煩悩是道場】at 2006年12月19日 09:46
CGM、CGMとうるさいですが 本で言うとレビューとかで、amazonはCGMの好例にあたるのでしょう。楽天やlivedoorブックスのレビューよりはかなりの差があるのではないでしょうか。さて、では本のレビューはどこで見るべきなのか?やっぱりamazon??? 結論から申し上げえると
amazonがmixiに殺られる理由【Student magazine】at 2006年12月02日 01:14
Blog Not Found より 追伸:でもこれも星雲賞とってないの?信じられなーい。 山本弘さんはSF作家というよりライトノベル作家やゲームクリエータとしてのイメージが強いからではないでしょうか? 少なくとも私のなかでの山本弘のイメージは TRPGのリプレイの面白さを世に広めた...
神は沈黙せず【enchanting an air of joyous bliss】at 2006年12月01日 12:58
この記事へのコメント
まぁこんな批判(URL参照)もあるわけですが。著者はケツまくって逃げたみたいですけどね。
Posted by どうせ買い取ってくれるわけ無いので買いませんがw at 2007年01月16日 12:18
随分お勧めでしたので買ってみました…が、買い取りお願いできます?(^^

作者の影が臭くて臭くて、エンタテイナメントとしてはダメでした。
のっけから本筋とは直接関係ない「南京大虐殺」関係プロパガンダを登場人物に語らせるなどの手法が目立ち、ストーリーに没入できません。
「懐疑のプロ」の自認やトンデモさんを見る作者の視線が丸見え―と少なくとも私には感じられたので小説としてはランク外。
オウムは実名で出てたが、その他にはあの人のこととか、あのサイトのことだろうなという実在人物等の評価をノンフィクションのなかにゴチャゴチャ入れ込まず、評論がしたければフィクション内に逃げずにして欲しいもの。
Posted by 買いました at 2006年12月07日 02:01
すみません、大変見づらくなってしまいました。
http://bewaad.com/
上のサイトのページ左上の「サイト内Google検索」で
"神は沈黙せず"で検索してみてください。

ひとつ前のコメントは、できれば削除をお願いします。
Posted by no-name at 2006年12月01日 19:17
Danさんは絶賛ですが、こういう意見もあります。
http://www.google.com/custom?hl=ja&lr=lang_ja&ie=euc-jp&oe=euc-jp&q=%BF%C0%A4%CF%C4%C0%CC%DB%A4%BB%A4%BA&sa=%B8%A1%BA%F7&cof=T%3A%230c0c0c%3BLW%3A250%3BL%3Ahttp%3A%2F%2Fwww.bewaad.com%2Fpics%2Fbewaad.png%3BLH%3A60%3BBGC%3A%23cccc99%3BAH%3Aleft%3BAWFID%3A01d472b85eb144ca%3B&domains=bewaad.com&as_sitesearch=bewaad.com
ご参考までに。
Posted by no-name at 2006年12月01日 19:13
本が好き!(β)
http://www.buzz-pr.com/book/menu/

参加すれば?
Posted by niku at 2006年12月01日 08:44

神じゃないのに沈黙せずw

Posted by kogaiの夢 at 2006年12月01日 08:42
ハードカバーで出た時に読んだんですが、この小説のコアとなるネタである「遺伝的アルゴリズム」の扱いが、ちょっと……(大学時代に多少かじった者としては)
遺伝的アルゴリズムを自分の研究で使ってる人間は、「進化のシミュレーション」と言う意識はあんまり無くて、あくまで計算手法(最適化法)の一つと割り切ってる(計算結果を出す為には、進化論的に有り得ねぇ拡張を平気でやったり)し、欠点や従来の数値計算法と変わらない所(メモリ/時間を食う。局所的最適解が出るのは保証できるが、全域的最適解がでるとは限らない)だと思ってるものが山本弘氏には見えてない(言及は有るが、山本弘氏には欠点として見えていない)ような印象を受けたんで、イマイチ違和感が有ります。
Posted by 長 高弘 at 2006年12月01日 08:02
http://d.hatena.ne.jp/ryosuke321/
弾ちゃん。H.E.L.P
Posted by 大勲位鈴木亮佑 at 2006年12月01日 06:14
九龍さん、
いつもありがとうございます。
しかし「本署」とは。トンデモとはことえりのことかもとひとのせいにしてみるテスト。
あと、と学会へのリンクをはっておきました。
Dan the Typo Generator
Posted by at 2006年12月01日 01:50
読みます :)
Posted by 買います at 2006年12月01日 01:31
本署は一応×
本書は一応○

あと、「著者山本弘はと学会会長でもある」
文節の区切りがよくわからないのですが、
「と学会」?
Posted by 九龍 (校正人) at 2006年12月01日 01:26