2006年12月01日 15:00 [Edit]

ブッダ―大人になる道

希望のしくみを読んで、これはスマナサーラさんの単著も読まなくてはと思って買ったのがこちら。

期待は、全く外れることはなかった。


本書「ブッダ―大人になる道」は、「生」仏教とは、これほど痛快なものだったのか。

日本テーラワーダ仏教協会長老、アルボムッレ・スマナサーラが、飯能市にある自由の森学園中学校・高等学校で行った授業を本にまとめたもの。

あとがき
えっ、これって仏教の本?

というぐらい、「仏教」臭くない。そこには線香の匂いもお経の意味不明さも一切ない。

この本で説明した内容は、お釈迦様の言葉を分かりやすく説明したものです。分かりやすくとことさら言わなくても、お釈迦様の言葉はわかりやすいし、実践しやすいし、格好いいし、超現代的でもある。この本を読まれた方が仏教が怖くて難しい話だ、仏教というのは木魚を叩きながらニャーニャーギャーギャーとわけの分からないお経を上げることだ、という固定概念を捨てて欲しかったのです。

という本である。実に単純で明快で痛快である。

まさに

404 Blog Not Found:即読法
原典ほどやさしい入門書はない

を地でいっているという感じだ。

しかし、それと同時に思わずにはいられない。

これほど単純で明解で痛快なブッダの教えは、なぜ日本伝来までのこれほど複雑で難解で安穏としたものになってしまったのだろうか、ということ。これはキリスト教にも言えることだけど、それでも仏教はまだブッダの言葉が「鮮度を失わず」保存されている。始祖の言葉の鮮度が高いといえば、イスラム教もそうだ。しかしキリスト教より古い仏教が、イスラム教と変わらぬほどの鮮度を保っていることは驚きに値する。

そしてもう一つの謎は、仏教は本国では滅んでしまったことだ。キリスト教もこの点はある程度共通しているが、キリスト教の場合は理由はある程度はっきりしているし、そして「本国回帰」の動きも何度もあった(今ももちろんある)。

まあでもそのあたりの「むずかしい」話はあとまわしでもいい。ブッダの教えは、「今そこにある悩み」を説くためにこそあるのだから。今、そこに悩みがある人であれば、必ず何か得るものはあるのだろうか。

それがわかった上で、今のところは

404 Blog Not Found:希望のしくみ
しかし、私はアマノジャクなことに、仮にブッダになれる(少なくとも仏教はだれでもその素質はあると言っている)としても、今のところは煩悩から開放されるより、煩悩をいじくりまわしていたい。托鉢とて俗人がいてはじめてなりたつのだ。

というスタンスは維持して行きたい。ブッダはちょうど今の私の年頃に悟りを開いたのだけど、私はまだ悟りを必要としていない、というより煩悩を充分味わっていない。幸いブッダの時代のインドほど、今の日本は「切羽詰まって」いない。悟り急ぐ必要はないだろう。

それでも、いつでもそこにブッダの言葉があるというのは、実に力強い。皮肉かも知れないが、慌てる必要がないのもまさにそのおかげなのかも知れない。こういうのを、本当の「お守り」というのではないだろうか。

Dan the Agnostic


この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
宝島社の柳氏に、この場を借りて献本御礼。 仏教は心の科学 アルボムッレ・スマナサーラ それにしても何というタイミングだろう。 極東ブログ: 仏教の考え方の難しいところ日本の仏教者はダライ・ラマの教説を否定するだろうか。そしてその否定のしかたは、「そ....
書評 - 仏教は心の科学【404 Blog Not Found】at 2007年04月23日 16:54
この記事へのコメント
読みました。ブッダの教えは面白い!日本の仏教は面白くない!でも、日本の仏教界が歴史的に生きていくための事情があったんでしょうか
Posted by greenden at 2010年04月28日 06:46
「原典ほどやさしい入門書はない」とは大抵の場合は正しいと私は考えますが、仏教には原点はあっても原典がない。
そして原点を座標軸にもっていると思っている日本の仏教という方程式は、原初仏教のそれとはまったくベツモノだというのが認識できないと、スマナサーラの著作を読んでも仏教としては正統ではないと思うでしょうね。 
Posted by Peter at 2009年08月18日 13:35
・ゴキブリと人間が喋ることになったら、ものすごい喧嘩になると思います。(134ページ)

確かに喧嘩はいつも人間とゴキブリの間で行われている。お互いに自分は人間で、相手をゴキブリだと思ってると戦争になる。

自分をゴキブリだと思っていれば、相手が人間なら逃げるだけ。相手もゴキブリなら仲良くなれる?
Posted by haineko2003 at 2006年12月01日 18:09