2007年01月15日 20:30 [Edit]

書評 - 技術の伝え方

これは、伝わる。

「伝える」ではなく、「伝わる」。


本書「組織を強くする技術の伝え方」は、失敗学関連の書籍で有名な畑村洋太郎が、タイトルどおり技術の伝え方を説いた本である。

  • 序章 「技術」とは何か
  • 第1章 なぜ伝えることが必要か
  • 第2章 伝えることの誤解
  • 第3章 伝えるために大切なこと
  • 第4章 伝える前に知っておくべきこと
  • 第5章 効果的な伝え方・伝わり方
  • 第6章 的確に伝える具体的手法
  • 第7章 一度に伝える「共有知」
  • 終章 技術の伝達と個人の成長
  • 「技術を伝える」を巡るおまけの章

しかし、本書の要諦は、「技術は伝えられない」と喝破した事にある。

P.52
技術というのは本来「伝える」ものではなく「伝わる」ものなのです。結果として相手の頭の中に伝えたい内容を出来させないと意味がないし、そうでなくては伝えたことにはなりません。この時に伝える側が最も力を注ぐべきことは、伝える側の立場で考えた「伝える方法」を充実させることではありません。本当に大切なのは、伝える相手の立場で考えた「伝わる状態」をいかにつくるかなのです。

本書のエッセンスは以上である。

だとするとそれを抜き出してしまった私は常識的な範囲での引用を逸脱した著作権侵害者ということになってしまう気すらするが、本書はまたエッセンスだけ抜き出しても「伝わらない」こともちゃんと指摘している。どころかエッセンスのみを見せて「伝えたつもり」になることを一冊まるごと使って戒めている。なので私としても安心してエッセンスを見出しにすることが出来る。本書はわずか189ページ。私は5分で読み終わったが、今後何度も読み返すことになるだろう。良著である。

引用が適切なことを示した上で(笑)、それでは「伝わる状態」を造るにはどうしたらよいか。これまた著者は実に簡潔にまとめてくれている。

p.76 他
  1. まず体験させろ
  2. はじめに全体を見せろ
  3. やらせたことの結果を必ず確認しろ
  4. 一度に全部伝える必要はない
  5. 個はそれぞれ違うことを認めろ

「他」と書いた。実はこの箇条書きはp.102にも登場する。200ページ弱の新書に二度である。それだけではなく、見ての通り引用部分に太字箇所が見られるが、これは私がそうしたのではなく、本書の表記がそうなっているのである。これが読み物であれば、これは本の内容を薄くしてしまうものだし、たとえプレゼンであってもしつこければ飽きが来てしまうが、本書は不思議とそれを感じない。こうしたプレゼン技法が実に快く感じるのは、著者の主張が首尾一貫しており、「一度に全部伝わらなくても充分伝わるように」著者が配慮した結果であるからだ。

極めつけなのが、図版。本書に出てくる図版というのは、誰にでも描けるような、本当に簡単な図版である。人はそれこそ頭に○を書いて手足に棒をつけたもので、サルにも描けるものだ。しかしそれが実に的確なポンチ絵になっている。さすがにこれは引用できないが、このポンチ絵を眺めるだけでも本書は買いである。

まじめな話、社内研修で下手なマニュアルを作るより、本書を人数分用意して、本書を軸にマニュアルそのものを作成した方が「伝わる」社内研修となるだろう。

何かを伝える必要があるすべての人に

Dan the Communicator

See Also:

この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
「今年の新入社員は馬鹿が多いんじゃないか?」噛み砕いて説明しても説明してもわからない生徒たちを抱えた課長が愚痴をこぼしていた。「数をとると一定数理解がすすまない人はいると思いますが、全般にレベルが低いということは考えにくいですね。....
「分かりやすい教え方」の技術(書評・感想)【blog50-1】at 2009年03月28日 16:22
あたた。失敗してしまった。 失敗は予測できる 中尾政之 何がって、今年08月20日発行の本書を、今ごろになって書評する羽目になったことが。 これは、失敗する可能性がある人であれば誰もが目を通すべき一冊である。
失敗学ドリル - 書評 - 失敗は予測できる【404 Blog Not Found】at 2007年11月25日 23:43
この本はdan kogaiさんのブログ404 Blog Not Foundで紹介されていました。著者の畑村さんは「数に強くなる」でとても好感を持っていて、しかも404 Blog Not Foundで紹介されていたので読んでみたいと思いました。 404 Blog Not Foundで紹介されている本はほとんどはずれがな
[気になった本]書評「技術の伝え方」【システムとは何か?】at 2007年05月08日 00:25
最高! 数に強くなる 畑村洋太郎 間違いなく、畑村洋太郎の最高傑作。「面白い」と「ためになる」を双方満足させる本としては、この一年、いや数年で最高の本かも知れません。
書評 - 数に強くなる【404 Blog Not Found】at 2007年02月27日 23:32
組織を強くする技術の伝え方 組織を強くする技術の伝え方 (新書) 畑村 洋太郎 (著) 企業の2007年問題を乗り越える鍵がここにある!!「わかる」とはどういうことか、から始まって、身につけるべき知識や、記録の付け方まで著者の知的生産の技術を一挙公開!...
books/2007-01-13【LaTeX memo (PukiWiki/TrackBack 0.3)】at 2007年02月14日 17:26
「技術の伝え方」。失敗学でもおなじみ、畑村先生の本です。前回から1週間ほど空いてしまいましたが・・・6/200冊。このペースでは間に合わない(苦笑)。 「伝わる」技術 組織を強...
技術の伝え方 畑村洋太郎(著)【創造マラソン】at 2007年01月25日 10:55
伝えることって難しい。というか、いらいらする。 なんで、こんなことも分からないの...
組織を強くする技術の伝え方【qonyz】at 2007年01月17日 18:58
この記事へのコメント
こういう能力はぜひテレビタックル
かなんかで大槻教授の前で実演してもらいたいものです。
Posted by ヨムヨム at 2007年01月18日 20:23
> ってことは一分で36ページ、約2秒で1ページなんて
> どうやって読むのですか。

> 神がかってますね。すごい。
たった5分で読んでこれだけ書評が書けるなんてすごすぎです。
僕にもその能力があればいろんなことが学べるのに…。うらやましい。
悪魔に魂売ってでもその力が欲しいw
Posted by nanasi at 2007年01月18日 01:59
aiさんへ

>>189ページ。私は5分で読み終わったが

>ってことは一分で36ページ、約2秒で1ページなんて
どうやって読むのですか。

>神がかってますね。すごい。

ヒントその1.テレビでたまにやっているパラパラ何回か見れば分かるという速読はウソ。

ヒントその2.弾氏のスルー力。

ヒントその3.とばし読み。

以上、余計なお世話でした。
Posted by カイワレマソ at 2007年01月16日 23:18
はじめまして。時々読ませていただいてます。私は最初の人と違って、買って読んでみようかなと思いました。私が伝えたいのは技術ではありませんが、いえ技術ではないからかな?自分なりに理解したいと思ったからです。つまり、「伝わりたい」?のかな。いや、「伝えたい」のか。突然失礼しました。
Posted by ggg123 at 2007年01月16日 20:40
よく出来た本っていうのは目次を見るだけで大体の内容が把握出来るものです。
昔から「技は見て盗め」と言いますがまさにそのとおりです。実験の技術なども見て盗まないことには上達しません。P.76の1−5に関して言えば私は2134の順で教えます。5は教えるときの心構えみたいなもんですよね。
Posted by bob at 2007年01月16日 14:30
>189ページ。私は5分で読み終わったが

ってことは一分で36ページ、約2秒で1ページなんて
どうやって読むのですか。

神がかってますね。すごい。
Posted by ai at 2007年01月16日 12:49
このエントリーを、すべて読んだ上で言うのだが、
俺はそのエッセンスで「お腹いっぱい」になってしまったぞ。

自分の中のさまざまな経験が、そのエッセンスを軸にきれいに収まった。モヤモヤしていて表現できなかったものをそのエッセンスは見事に表現してくれたぞ。だから著書を買う気がちょっとしない。お布施としては買ってもいいのだが。

いろんな分野の書籍を紹介してくれるのはうれしいのだが、今回はちとやりすぎではないのかな? キモの部分を第三者がここまで紹介していいのか? 「伝わる状態」の部分は立ち読みでもすんでしまうんじゃないのか?
Posted by foo at 2007年01月16日 04:15