2007年01月21日 01:00 [Edit]

今は2007年1月21日

偶有性のグルがこういっては、興ざめというものである。

茂木健一郎 クオリア日記: 今は明治。
日本に限って言えば、今は「明治」だと思うと、なぜだか本当に勇気とやる気とエネルギーがわいてくる。

茂木健一郎 クオリア日記: 今は明治。
まだまだこの不思議の国日本の中にはわけのわからない社会的制約がある。

そのわけがわからない社会的制約の多くが明治に成立したことをお忘れか?そしてなぜわけがわからないかといえば、今が2007年だからだ。当時はそれなりに意味があったのであるが、今その意味は失われている。失われているのに法律や社会的制約は生きている。それが問題なのだ。

もういいかげん「激動の時代」とやらを明治にたとえるのはやめないか?これでも長いので以下「明治病」と呼ぶ事にする。明治病は老眼と同じで精神が老けると必ず訪れるものなのだろうか。私が言ってもせいぜいあるある大事典程度の信憑性しかなさそうだが、明治病に一番効くのは、今を今として生きることではないか。

もちろんたとえ話をする以上、昔ばなしは避けられない。それを認めてもなお、梅田望夫は福澤諭吉ではない。福沢翁が「学問のすすめ」を書いたのは、慶応義塾を作った後である。梅田氏を卑下するわけではないが、梅田氏に同様の業績は、ない。福沢翁に例えるならば、むしろjkondoだろう。

それでは梅田望夫は何に例えるべきか。あるいは誰を目指すべきか。

勝海舟なのではないか。「こちら側」に「あちら側」を無血開城させる役割を負っているという意味で。

いかんいかん。私にも急性明治病の初期症状が表れてきたようだ。たとえ話はこれくらいにしておこう。

今は2007年である。明治でも大正でも昭和でもない。平成ではあるようだがピンと来ない。梅田望夫は梅田望夫であって、福沢諭吉ではない。茂木健一郎は茂木健一郎、小飼弾は小飼弾、そしてあなたはあなたである。

Dan Kogai


この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
そうですね。
Posted by ラン at 2007年01月21日 16:34
レギュラーさん、
確かにそのとおり。どちらも見ない故配慮が足りなかったかも。
反省の上訂正。
Dan the Man to Err
Posted by at 2007年01月21日 16:02
晒しママは勝手だが、レギュラーに失礼では?
Posted by レギュラー at 2007年01月21日 15:42
そうなんですぁ
Posted by 通ったら at 2007年01月21日 12:01
通りすがりさん、
あ、そうなのか。娘達が「あるある探検隊」と時折のたまうので、
TVを見ない私は体がそう覚えていました。
己の信憑性の欠如のとてもよい証拠なので、このまま晒しておくことにします。
Dan the Man to Err
Posted by at 2007年01月21日 03:01
「発掘!あるある大事典2」ですね。「あるある探検隊」はお笑いコンビのネタですよ。
Posted by 通りすがり at 2007年01月21日 02:47