2007年01月21日 09:30 [Edit]

学校で教えてくれるグッドラッパー英語#0

これ、学校で教えると思う。少なくとも私が塾の講師をしていた20+年前には教えた記憶があるぞい。

いやなブログ - 学校では教えてくれないバッドノウハウ英語 #6: in practice
学校では教えてくれないバッドノウハウ英語の6回は、"in practice" を取り上げたいと思います。ソフトウェアの設計に関する議論などで役立つ表現です。

例:

You wouldn't say "bad know-how" in practice.

ちなみに「バッドノウハウ」に一番近い表現は、"Round Tuit"、もっと略してtuitsかな。"Get around to it"という表現がなまったもの。OSCONのThe Perl Foundationのブースでもこれを配ってました:-)

TAKESAKO @ Yet another Cybozu Labs: YAPC::Asia 2006 Tokyo 1日目「Introduction to Pugs」の翻訳
最初 "Pugs is caching in the tuits." の意味が分からなくてAudreyたんにメールで教えてもらいました。

そんなこともあったっけ。こんなことも

"good wrapper"の方は....うーん、こちらの方は"bad know-how"より自然に聞こえるけど、Geekしか言わなそうな気もする。

Dan the Tuit Cacher


この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
>cashin けりをつける
cache in ためこむ
ソラメでは?
Posted by web散歩 at 2007年02月01日 21:59
cashin けりをつける
the tuits つまるところは、やらないといけないこと

で、ただ単に「あとでやろう、時間ができたらやろう」という
ことにさっさとケリをつけられます、ということじゃないのかなあ?

「利益を得る」という意味でのイディオムはcash in on 〜 で
cash in とは違うのでは?
Posted by Kimball at 2007年01月22日 23:16