2007年01月29日 22:00 [Edit]

有能な経営者を期待したら負けである

私自身は、残業代やボーナスは払った事はあってももらったことはない。

アンカテ(Uncategorizable Blog) - 残業代を払えない経営者は無能である
「残業代が出ないなら、ボーナスを貰える会社に移ればいいのに」
と言ったら、現代のマリー・アントワネットだろうか。

その一方で、暮れ正月にでる「今年の賞与平均」とかを見ると、「これって月給じゃないのか」と思うのも正直なところである。


アンカテ(Uncategorizable Blog) - 残業代を払えない経営者は無能である
  1. 労働が価値を生まないのは労働者が無能であるから
  2. 労働が価値を生まないのは経営者が無能であるから
個別には労働者が無能だから価値が生まれないケースもあるだろうが、日本全体の問題として考えるなら、大きな要因は2である。

ワカッテない。

有能な経営者とは、誰の事か?

有能な労働者を雇用したり、ましてや労働者を有能にする人々のことではない。

たとえ有能でない労働者を雇用しても、利益を上げる人々のことである。

同じ仕事を、熟練労働者でなくてもこなせるようなシステムを作る人々のことである。月給50万円の人の仕事を、月給15万円のパートタイマーや月給5万円のオフショア労働者、そして月給を要求しないロボットに移管する人々のことである。

これは定理ですらない。公理なのである。関係法規にそう書いてあるのだ。営利企業を経営するとはそういうことだ。雇用はそのための手段であって目的ではないのだ。

かつてはこの公理は曖昧だった。有能な経営者とは労働者と喜びを分かち合うものだという幻想が常識だった時代もあった。その共同幻想こそが競争力だとすら思われていた時代すらあった。

しかし、今やこの公理ははっきりとした形をとって世界中を覆っている。もし月給50万円の先進国人と月給5万円の発展途上国人がいたら、前者をクビにして後者を採用するのが今どきの経営者の義務なのである。もちろん現実はここまで単純ではないのだが、しかし労働者の権益よりも企業の利益という公理が、100円ショップから10万円台のパソコンに至るまで、かつては金持ちでないと手に入らなかったものを普通の人々が手に入れることを可能にした。

経営者が有能になればなるほど、モノは安くなるが労働対価も安くなり、いわゆる格差はますます大きくなる。経営者のパラドックスとでも言おうか。

アンカテ(Uncategorizable Blog) - 残業代を払えない経営者は無能である
だから、労働者は無能な経営者の元を去るべき。

そして有能な経営者が経営する派遣会社から派遣されて正社員との待遇の差にあえぐか、有能な経営者が経営するフランチャイズの店長となって自分に残業代を払うのも億劫になるか、はたまたその店長の下でフリーターとして時給を受け取るか....そろそろ有能な経営者の正体に労働者諸君は気がついてもよさそうなものだが、それを労働者に気づかせないのも有能な経営者というものなのだろう。

どこへ行っても無能な経営者ばかりなら、経営者を変えるべき。

そもそも経営者を変える権利を持っているのは、労働者ではなく資本家という公理を思い出せないのだから暢気だとしか言いようがない。

日本人は、政治家と経営者を尊敬しない癖に、変に政治家と経営者に期待をする。

だから搾取され、そして搾取されてもそれに気がつかない。もし日本の経営者が優秀でないとしたら、このように労働者が「優秀」すぎてそれに甘んじていたということなのだろう。

勝海舟は、幕府の偉い人に「アメリカとはどんな国だ」と聞かれて、「我が国と違って、賢い人が将軍になる国でございます」と答えたと言うが、今でも「シリコンバレーとはどんな所だ」と聞かれたら、「我が国と違ってバカには社長が勤まらない所でございます」と言うしかない。

ワカッテない。

その時はバカとしか思えない人でも社長になれるところが、シリコンバレーのシリコンバレーたるところなのだ。一心不乱にバカになれない奴に創業などできない。もちろん創業期を過ぎて、起業バカでは会社が回らなくなった時に社長を外から買って来れるという、「経営のモジュール化」がなされているのももう一つの秘訣であるが、一番大事なのは、バカに寛大なことなのである。

はっきり言おう。

経営者が有能か無能かを判断できるほど賢くなるのは後でいい。なるべく若いうちに「バカ力」を発揮しておくべきだ。なあに、「バカ力」がなくなれば、いやでもそれを補うかのごとく賢くなるものだ。はじめから賢くしようとすると、結局どんな仕事を見てもバカに見えてしまい、「働いたら負けだと思う」ようになってしまう。負けと思うだけで耐えられないものが、どうやって勝ちを手に入れられるというのか。勝負しない者には不戦敗はあっても不戦勝はないのだ。

確かにこのゲームはフェアではない。しかしそれは不戦敗を正当化するものではないのだ。

Dan the Self-Employed


この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
そう。実は答えは明らかだ。 404 Blog Not Found:有能な経営者を期待したら負けである - マルクスさんのコメント 「経営者のパラドックス」への答えは、大昔に出されていますよ。 労働者よ団結せよ。 しかし、なぜこの答えは人気を失ってしまったのか? 赤の女王とお茶...
万国の労働者は団結できなくなったわけ【404 Blog Not Found】at 2007年01月31日 10:04
残業代を払えない経営者は無能である 有能な経営者を期待したら負けである なかなか面白くなってまいりました。 経営に関することは御大二人にお任せするとして、私はこれを一種の「理系哀歌」モノとして読みました。 ですが実は、日本の技術者や研究者の社会的立場がいつま
日本の理系が敗北するたった一つのシンプルな理由【赤の女王とお茶を】at 2007年01月30日 13:02
404 Blog Not Found:有能な経営者を期待したら負けである 私は「経営者が無能であることに怒れ」と言ったけど、「有能な経営者を期待しろ」とは言ってない。特にそれを事前に判定せよとは言ってない。 経営者が有能か無能かを判断できるほど賢くなるのは後でいい。 404 Blog
グーグルが従業員を子供扱いするために発生する雇用、あるいは、There’s more than one way to live your life.【アンカテ(Uncategorizable Blog)】at 2007年01月30日 11:22
有能な経営者を期待したら負けである:404 Blog Not Found 同じ仕...
残業代で損をするのは誰だ?【Junnama Online (Mirror)】at 2007年01月30日 04:12
最初、自分の中ではっきりしなかったが、少し考えてこんな風に思った。残業代を払えない経営者は無能で ...
労働の価値を生み出すのは「バカ力」である【feel the wind】at 2007年01月30日 00:49
早くからIT立国を目指した小国アイルランドは 人口が少ないにもかかわらず、一人当たりの国民所得は世界一の水準である。 (小国アイルランドの成功話は とっても有名な話なので、 私個人は たいていの人はご存知かと思っていたが、そうでもなさそう(?)なので、私のブ...
IT立国アイルランドは一人当たりの国民所得は世界一。【貞子ちゃんの連れ連れ日記】at 2007年01月29日 23:37
【残業代という概念を無くす新しい労働法制】 ホワイトカラーエクゼンプションこと、「残業代ゼロ法案」があいかわらず各所で盛り上がりを見せているようですね。 404 Blog Not Found 言う
[FreeTalk][×][▲]残業代ゼロ制度は成果主義という白昼夢を見るか? ピラミッド型組織からネットワーク型組織へ【hamastaの日記 ??Pythonで学ぶプログラミングの世界??】at 2007年01月29日 22:40
この記事へのコメント
「はっきり言おう」以下だけしか中身なくても
トラックバックするためのこじつけ
Posted by もう at 2009年11月14日 14:02
>有能な経営者を期待したら負けである
その通り
あなたを見てるとよく分かるよ
Posted by ナッシング at 2008年07月25日 22:13
一日8時間以上の労働を完全禁止してくれるなら、
喜んでこの世界で頂点を取った能力を発揮致しましょう。

「有能な兵は、尊敬に値する将にのみ仕え、真の能力を発揮する」

(本当の意味で有能な経営者である未来工業の経営者談)
Posted by CC at 2007年09月19日 09:28
新黄門の風車の弥七を検索していたらなぜかここに辿り着いたので、せっかくなんでコメントを。

それぞれ経営者の有能さの定義が違いますね。
アンカテさんの所は、労働者にとって快適な環境を提供し、かつ企業を守る経営者、
こちらは、いかに企業にとっての利益を上げられる経営者であるか。
要するに別の事について述べているわけで、話がかみ合っていない事になります。
定義が違うので、言い争う意味もないという事になりますね。
自分が労働側であれば前者、経営側であれば後者の立場である、というだけの話です。

私の意見を述べれば、労働者の扱いはアンカテさん寄りですが、それよりも現代は広告イメージがほとんど収益を左右するので、そこを外さないかが経営者の有能無能の境目になる、という所ですかね。
Posted by AAA at 2007年07月13日 13:29
労働者と経営者と政治家と貿易とかって話広がってくのかな。
あんま良く知らないんで楽しみに見てます。
Posted by フリーター at 2007年04月25日 21:49
やはり情緒的なコメントの流れに・・・。
これは教育から見直さないと無理かも。
Posted by 面白い at 2007年04月16日 13:55
面白い見解だ。
だがしかし、このやり方は持続的に可能なものではないので
問題先送りして短期的に利益をあげるだけに過ぎない。
一時は各所にあった余裕(労働者の質等)がある限り
それを実質削る形でそのやり方が可能であるだけだ。
単純製造業等の分野ならそれでもまだ結構できるだろう。
だが、知的労働というものは育成等の労働者との共同作業
同じようにはいかない。
だから日本の大手ITの多くが崩壊しかかってるのでしょ?
Posted by 一労働者 at 2007年04月16日 13:16
金さえ払えば良い人材が喜んで働くなんて思ってたら非効率極まりない。
Posted by ファン at 2007年02月01日 02:23
人の価値を数字でしか表すことの出来ない、可哀相な有能な経営者視点ですね。
自分トコさえ良ければいいというエゴ経営。
企業は社会の一部ということを忘れています。
時代を逆行してますよ。
Posted by 通りすがり at 2007年01月31日 17:11
あなたが言う「労働者」には研究開発職や技術職の人は含まれていませんよね?
Posted by 理系 at 2007年01月31日 11:11
残業代を払えない経営者は無能でですが
残業代を払わない経営者はバカです。

いくらこれでもかなり出しているぞとごまかそうと
辞めたら派遣かフリーターになってしまうぞと脅そうと
バカの元には人は集まりません。

あなたの会社には他所には行く所のない無能か
それこそロボットみたいなやつだけが残る。
将来はないですな。
ワンマンでがんばってください。シリコンバレーでは即死でしょうけれどね。
Posted by 井の中の蛙 at 2007年01月31日 10:14
今どきの若い人で恐縮ですが,概ね同意です.

同意なんですが,コメント欄で「今どきの若い人」と一くくりに言われるのがちょっと腹立たしい.
そんなこと「わかってない」のは底辺だけですよ.
20代半ばくらいでもっと給料あげるために転職する人は多いです.
Posted by   at 2007年01月30日 23:38
期待値が低いと分かっていても宝くじも買わないと当たりませんよね。
働いたら負けだと思っている人は当たるわけないからと宝くじを買わない人。
Posted by bob at 2007年01月30日 14:39
勝ち組のお言葉ありがとうございました。
身にしみました。
Posted by 勝ち組でもなく負け組でもない at 2007年01月30日 13:50
若い人たちと話していると、「グローバル競争」だの「起業ブーム」だの「超富裕層と貧困層への二分化」だのが、【人類史上初めて発生】したかのように勘違いしている人が多いと感じますね。
人類は、そういうことを1800年代に散々経験し、痛い目にあって、「むき出しの競争主義は、上手く行かない」ことを悟り、1900年代はその反省の上に運営されてきた訳だけど、1900年代を100年もやっていると、1800年代を忘れてしまって、「むき出しの競争主義」に回帰しているように感じます。
1800年代に発生した都市貧困がどういう原因で発生し、その後どうなったか、誰かまとめてくれるとありがたいですね。
Posted by マルクス at 2007年01月30日 13:18
「経営者のパラドックス」への答えは、大昔に出されていますよ。

労働者よ団結せよ。

まあ、今の若い人に言っても、なぜ自分の給料が低いのか、わかんないだろうけど。時代は、第一次世界大戦前に回帰しているように見えますね。
Posted by マルクス at 2007年01月30日 10:30
たぶん意図的にやっていらっしゃるのだと思いますが、アンカテで引用されてる勝海舟の言葉の中にある「バカ」と弾さんの言う「バカ」は違うものを指してるので煙に巻かれてる気分。
Posted by ogijun at 2007年01月30日 09:49
同感。
Posted by sakurada at 2007年01月30日 07:26
弾さん こんばんは!
この記事 とっても面白かったです!
あまりに激しくアグリーしてしまって 共感の嵐の中で読んでしまったということで、面白かったです。

確かに優秀な経営者はITシステムとロボットが大好きです。


ただ日本国内の新興企業の経営者の場合は、どちらかというと、はてなの近藤社長タイプの人間も実際に生まれてきておりまして、とにかく生産性を上げて、資本家(出資者)への配当もさることながら、労働分配率をも是非とも上げたいと熱望している『新しいタイプの経営者』も一部では(大変マイナーではありますが)生まれてきております。なにとぞ その点にもご理解いただきたいと 思います。

おやすみなさいませ。
Posted by 貞子ちゃん at 2007年01月29日 23:32