2007年01月30日 19:00 [Edit]

リテラシーに「期待」してはいけない

うんうんとうなずいてしまいそうな意見だが、実は本末転倒なのではないか。

池田信夫 blog テレビに「期待」してはいけない
先日の「あるある」も今回のNHKの事件もそうだが、視聴者や取材相手にリテラシーがなく、テレビを信用しすぎていることが間違いのもとだ。

理由その一。TVというのは、同じ内容の事柄を「理解」--または「誤解」--するのに要するリテラシーが最も低いメディアであること。TVの利点というのはそれに尽きるといってもいいぐらいだ。字を読むためには、文字通り literate でなければならない。耳で聞いてもその言語がわからなければ文字通り話にならない。写真を見ても時系列まではわからない。しかし視覚と聴覚という二つの感覚器に訴えるTVなら、illiterate(文盲)の人でも理解できる。目の見えぬ人でも音声は追える。耳の聞こえぬ人でも映像と字幕は追える。これより必要リテラシーが低いのは、現場にいることそのものだが、これはゼロメディアなので議論の対象外だろう。

理由その二。TVには視聴者と制作者の間に、圧倒的な非対称があること。一つの番組の制作に携わる数は100人、多くても一桁多いオーダーだろう。しかしそれを見る人は数百万から数千万。同じリテラシーを高めるのであれば、制作者のそれを高めた方がよっぽど効率的ではないか。

理由その三。TVの役割というのは、そもそも視聴者のリテラシーを高めることにあったのではないか。本音はとにかく建前上はそういうことになっている。ましてやNHK教育というのは、その建前が最も強く反映されていることを視聴者も期待し、また番組制作者もそのように振る舞っていたのではないか。

なぜTVの品質が他のメディアより厳しく問われるべきかといえば、それが最も理解しやすく、最も視聴され、それゆえ最も期待されているメディアだから。相対的に地位が下がっているというのは、品質低下の言い訳にならない。日本人がコメをあまり食べなくなったからといって、コメに麻薬や覚醒剤を入れていいということにはならない。メディアの側(池田氏がそうだというつもりはない)が視聴者のリテラシーにケチをつけるのは、牛乳を飲んでいたと思ったらそれが牛乳味のウンコで(食事中の方失礼!)、それを咎めたら「お前の舌がバカだ」というのに等しい無礼ではないか。

私個人は、TVを巡る諸法規は食品衛生法と同程度に厳しくてしかるべきだと考えている。「文句があるなら消せばいい」というのは「文句があるなら食わなきゃいい」というのと同義だ。無料だというのはいいわけにならない。なるなら公園の水道水を子供が飲んで腹を壊したとしても、管理する自治体は免責されなければならない。

TVには業務停止命令というのはないのだろうか?あったとしても一度も活用されたことがないのは確かなようだが....特定の局ならとにかく、それでTVというメディアそのものがなくなるとは思えない。毎年どこかの旅館や食堂や食品会社が食中毒で業務停止命令を食らうが、それで食そのものがなくならないのと同じだ。

業務停止命令により、
現在放送を停止しております。
視聴者の皆様には
ご迷惑をおかけしております。

という画面を一度見てみたい。ひょっとしたら、これがもっとも手っ取り早い信用回復手段なのではないか。

Dan the Media-Illiterate


この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
関西テレビの歯切れが悪いもうひとつの理由 より 権力を持つものは腐敗するといいますが、第四の権力といわれたジャーナリズムも腐敗してしまったのでしょうか? 今回のあるある騒動は視聴者側のリテラシーだけでなく、ジャーナリズムの体質そのものも問われなければいけない...
第四の権力【enchanting an air of joyous bliss】at 2007年02月01日 12:41
働かなくても食っていける社会がもうすぐやってくるよGoogleやSkypeを例に出して超高効率の仕事(ケーキ)を発見したアリは単にそのケーキを食べ切れないので無料で他人に譲る。そんな感じでサービスはどんどん無料化すると。最終的には食料もただ同然になる。これを阻止する...
【ニュース拾い読み】 社会を感じる【森蔵オフィシャルブログ】at 2007年01月31日 23:24
テレビに「期待」してはいけない (池田信夫 blog さま) リテラシーに「期待」してはいけない (404 Blog Not Found さま) 目標はリテラシーの高度化ではない (worldNote さま) 先日の「ある
視聴者側のメディアリテラシーの「底上げ」は必要だと思うよ。【国民宿舎はらぺこ 大浴場】at 2007年01月31日 10:41
404 Blog Not Found:リテラシーに「期待」してはいけない なるほど、TVというのは、理解のために必要なリテラシー能力が最も低いメディアである。映画だって中学生レベルで理解できるように作るのがハリウッド流だが、テレビは、出演者がいて、フレンドリーに親しみやすく...
目標はリテラシーの高度化ではない【worldNote】at 2007年01月31日 01:33
「放送内容の捏造問題」について、DAN氏のブログ404 Blog Not Foundのエントリの意見に魅かれるところがあり、エントリをUP。 DAN氏のエントリは、池田信夫氏による『テレビに「期待」してはいけない』という意見への反論としてまとめられたもの。前半部分では、池田氏...
放送法:「行政処分」に期待してはいけない・・・かも【コンサルタントのネタモト帳+(プラス)】at 2007年01月31日 00:03
この記事へのコメント
品質低下は、テレビ「局」って存在には競争原理があまり働かないことも原因の一端となっているような…
Posted by emanon at 2007年01月31日 13:06
 マスメディアも、政府による統制が嫌なら、読み手である視聴者からのフィードバックに対して積極的に応じることを考えた方が良いでしょうね。

 公教育がどんどん切り詰められる今日この頃、カナダやヨーロッパのように学校で子供の頃からメディア教育が受けられるようになるとは思えません。

 また、意図的に騙した方に責任を問わず、騙された方の責任ばかりを問うても現状追認で終わってしまうでしょう。

 騙された人からではなく、騙されなかった人からのフィードバックが現場に影響するようであれば、改善の見込みはあります。苦情の電話、手紙、ファックスって、メールより効果的です。
Posted by rijin at 2007年01月31日 10:40
騙した側だけを一方的に責めることで、騙された側が「自分たちには全く非がない」と思い込んでしまうことも心配ではあります。
騙された人は被害者でもありますが、同時にその存在が扇動や詐欺の温床になるという点において加害者とは言わないまでも、問題の原因の一端になっているのではないでしょうか。
Posted by ntr at 2007年01月31日 08:47
影響を考えると、ずっと内容の訂正情報とお詫びを流させる方が見ている人の為になるような気がします。
もう少し軽い罰則で、CM枠は全て内容訂正を流させるとか。
Posted by 半日庵 at 2007年01月30日 21:58
【続き】

リアル住人のテレビに対する信頼は非常に高いものがあります。韓流ブームだって、ベッカムブームだって、カリスマ美容師だって、テレビが噛まなければ、あそこまでのブームにはならなかったでしょう。

納豆を宣伝すれば日本中から納豆が消える。特定の化粧品を紹介すればそれが店頭から消えると、テレビは圧倒的な影響力を持っています。

「嫌なら見るな」とか「訂正すればそれでOK」というネット社会の論理はテレビには許されるべきではないでしょう。
(アルファブロガーの数千倍、新聞の数十倍の影響力がテレビにはあるわけですから)
Posted by 弾支持2 at 2007年01月30日 20:51
テレビはアルファブロガーとされる人(1日ユニークアクセス1万人と定義)の最低1000倍、最高5000倍近い視聴者数を誇っています。

それは内容に支持がある、というより、そこに載せさえすれば自動的に1000万人から3000万人程度の視聴者数を獲得できる全国ネットの電波を独占的に使用しているからです。
Posted by 弾支持1 at 2007年01月30日 20:49
「ま」さん、
ありがとうございました。
ちなみに「毒者」はここのblog主のことを指します:)
Dan the Typo Generator
Posted by at 2007年01月30日 19:40
/市庁舎/視聴者/
Posted by ま at 2007年01月30日 19:12