2007年02月01日 11:30 [Edit]

JASRAC vs. デサフィナード

せめて本blogでも、とりもあえずは論調抜きで「切り抜いて」おくことにする。

読売新聞2007年1月29日 (切り抜き画像)

レストランでピアノ演奏 - 「著作権侵害なし」ネット中継で証明

和歌山 - 使用料巡り訴訟 あす判決

著作権を侵害しているとして日本音楽著作権協会から申請された仮処分で、ピアノなどの演奏を差し止められた和歌山市内のレストランが、著作権使用料@を払う必要のないクラシックやオリジナル曲だけを演奏していることを証明するため、ネットで協会に演奏の中継を始めたところ、仮処分の抗告審では演奏を認める異例の決定が出された。協会はこれを不服として提訴。攻防が続いた訴訟の判決は、30日に言い渡される。

レストランは、和歌山市の「デサフィナード」。協会が2004年6月、著作権の管理を委託されている曲を演奏しているとして著作権使用料を求めたところ、経営者の木下晴夫さん(56)が「演奏のほとんどは著作権に触れないクラシックやオリジナル曲」と拒否した。

 協会は同10月、大阪地裁に仮処分を申請。木下さんは「使用料の必要な曲は今後、一切演奏しない」と約束したが、地裁は05年4月、「演奏内容を確認するすべがない」と演奏を差し止める決定を出した。 これに対し、木下さんは曲目に問題がないことを示すため、店に音声付きモニターカメラを設置。演奏の様子をネットで流し、協会側にパスワードを知らせて常時確認できるようにした。

 結果、抗告審では、大阪高裁が「曲を確認できる状態になった」として仮処分決定を取り消した。

 協会の担当者は「演奏中止の仮処分が退けられたケースは聞いたことがない。オリジナルと称している曲も元の曲をアレンジしただけで、使用料は払うべきだ」と主張。翌10月、演奏の差し止めと、著作権侵害による損害金約250万円の支払いを求める訴えを大阪地裁に起こした。 木下さんは「仮処分決定が取り消されたのに、改めて演奏差し止めの提訴をするのは納得いかない。司法には正しい判断をしてほしい」と訴える。

@ 著作権使用料 音楽などの著作物を利用した場合に著作権の官吏団体に支払う料金。映画を除く著作物の保護期間は原則として著作者の死後50年までで、クラシック音楽のほとんどは不要だ。日本音楽著作権協会は歌謡曲など約720万曲の著作権を管理しており、カラオケ店の9割と使用契約を結んでいるが、生演奏で曲目を把握しにくいライブハウスやジャズ喫茶との契約は、5割強にとどまっている。
読売新聞2007年1月31日 (切り抜き画像)

損害賠償金190万円やピアノ撤去命じる - 生演奏著作権訴訟

 ピアノの生演奏をしながら著作権使用料の支払いを拒否するのは違法として、日本音楽著作権協会が和歌山市のレストラン「デザフィナード」経営者の木下晴夫さん(56)を相手に演奏差し止めなどを求めた訴訟の判決が30日、大阪地裁であった。田中俊次裁判長は「将来的にも著作権侵害行為を続ける恐れがある」として演奏差し止めやピアノ撤去、損害金約190万円の支払いなどを命じる判決を言い渡した。

ところでこのニュース、なぜか読売新聞、それも紙の方にのみ報じられているようだ。読売オンラインのサイト内検索Google Newsもこのとおり空っぽである。ネットだけではリテラシーは確保しきれないということだろうか....

Dan the Quoter

追記:

判決文へのリンクはこちら。

はてなブックマーク - seiyuDBのブックマーク / 2007年02月01日経由。ちなみにこの判例、「判例検索システム>検索条件指定画面」の全文検索に「デサフィナード」と入れたら出てきた。覚えておこう。

追記^2:

被告の店のホームページを見つけたのでこれもリンク。一応原告のそれも。

原告
社団法人日本音楽著作権協会 JASRAC
被告
Desafinado
デサフィナードは、 音楽を愛する人々が集うお店です。 わが国の音楽文化の発展を 阻害しているJASRACと 戦っているお店です。

この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
判決文を読んで、興味深い一文があったので引用します...「しかし、上記認定のとおり、P4 が演奏した 24 曲中、不明曲 5 曲を除いた 19 曲中 15 曲が管理著作物であり、著作権の保護期間??.
著作権の切れていないクラシック作曲家一覧【life@aka】at 2007年02月12日 10:47
404 Blog Not Found:JASRAC vs. デサフィナード うーん、同感です。 言葉がでません。。。 帰りたいです 原点に・・・ 音楽 その語源はギリシア神話のミューズ(ムーサ) に遡る。 すなわち、「ミューズの恩寵にあずかる人間の営み」(音楽、詩作など)を意味するギリシア語
[Life][Music]音楽が好きです【ESSENCE - a monologue from a craftworker -】at 2007年02月06日 01:53
最近、和歌山のレストラン、デザフィナードとJASRACの訴訟が話題です。しかし、JASRACの主張を認めたら、口笛を吹いただけで逮捕。アレンジでもオリジナルにちょっとでも似ていたらダメ。そういうことになってしまいます。JASRACはいったいどういう世の中にしようとしている...
君のくちびるを逮捕!―デザフィナード事件を考える【情報学ブログ】at 2007年02月04日 13:33
呆れて声も出ないとはこのことか...。少し前には、バーでハーモニカを吹いていた老人に多額の著作権料を請求したというニュースもあった。
もう誰か JASRAC 潰してくれー【へ〜たのめも】at 2007年02月02日 06:06
さすがにこれは横暴すぎるのでは? ■JASRAC vs. デサフィナード(404 Blog Not Found) ■ジャスラックに訴えられた生演奏店、「著作権侵害せず」とネット中継で証明するも「将来するかも」とピアノ撤去&賠償命令 (痛いニ
音楽文化衰退の兆し【今日のジャンク.txt】at 2007年02月01日 18:21
資料性の高い弾さんの記事が読売新聞に著作権侵害だと突付かれて消されかねない可能性を鑑み、とりあえず魚拓とっておきますた。 # Internet Archive に保存させるにはどうすりゃいい
デサフィナード事件【国民宿舎はらぺこ 大浴場】at 2007年02月01日 14:56
色々と物議を醸し出しているJASRACの著作権使用料の徴収方法なのですが、今回の件はあまりにも酷すぎるので、取りあえずアップしておきます。 JASRAC vs. デサフィナード:404 Blog Not Found 以下読売新聞から引用   著作権を侵害しているとして日本音楽著作...
JASRACの横暴!【映画プロデュース会社:取締役の妄想日記】at 2007年02月01日 14:18
拝啓 JASRAC 様  著作権侵害の撲滅にお忙しい今日このごろ、いかがおすごしでしょうか。  近年、他人の作曲した曲を無断で演奏する輩があとをたたないと聞き及びます。つきましては、私的演奏補償金制度を設立されてはいかがでしょう。私的録音補償金と同様に、楽器...
私的演奏補償金制度のご提案【Kazuho Oku's Weblog】at 2007年02月01日 13:59
404 Blog Not Found:JASRAC vs. デサフィナード
404 Blog Not Found:JASRAC vs. デサフィナード【oryzaの環境備忘録】at 2007年02月01日 13:37
この記事へのコメント
> 通りすがり
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%BB%E5%83%8F:Don%27t_abbreviate_as_Wiki.png
Posted by なめこ at 2007年02月02日 01:38
こーゆー輩は「将来的にも誤審行為を続ける恐れがある」から
とっとと首にした方がいいと思うよ。いつ自分が訴えられるか解らないし。
wikiによると、よくわからないけど裁判官弾劾裁判所への訴追とやらが必要らしい。
Posted by 通りすがり at 2007年02月01日 21:53
ジャスラックはいったいなんの権利があってこんな無茶苦茶できるんだ?
現在も過去も演奏してねえのに、未来に演奏できるかもしれねえから有罪ってどんな圧制国家だよ。手塚治虫の漫画かよ!
Posted by 浩二郎 at 2007年02月01日 21:34
JASRACの次なる一手は、声帯狩りと見た。
Posted by 路傍の石 at 2007年02月01日 20:22
「将来的にも恐れがある」

何にでも乱用可能ですな。
鼻歌が著作権を侵害する恐れがあるから人頭税とか(笑)
読売の編集という事はないのかな?
Posted by トリル at 2007年02月01日 20:04
何もしないで金入るんだったらJASF@*Kに入社しようかしらんw
Posted by nanasi at 2007年02月01日 18:16
まさしくJASF@*K!!
Posted by nanasi at 2007年02月01日 18:09
こういうの、すごく怖い事だと思うんですが、一般人の私たちには、なにもできないのでしょうか。
Posted by 音楽好 at 2007年02月01日 13:06