2007年03月12日 00:00 [Edit]

書評 - 学者のウソ

初掲載2007.02.11; 追記あり

本書のタイトルは間違っている。

本書の本当のタイトルは、「学者のウソとマコト」である。

献本に感謝すると同時に、このタイトルのまま本書を上梓してしまった関係者に猛省を促す。


本書「学者のウソ」のウソは、最近とみに増えた「ウソ」本とは一線を画している。これらの「ウソ」本はいずれもウソの鑑定、ウソの告発、そしてウソの批判に終止しているが、本書は違う。本書は「ウソまみれのこの世界に、どうやってマコトをもたらすか」を正面から本気で提案した本である。

目次
  • 序章
  • 第1章 学者のウソ
    1. 住基ネットワークのウソ
    2. ゆとり教育のウソ
    3. ダム論争のウソ
    4. 理系学者のウソ
    5. 文系学者の大ウソ
    6. ウソが生まれる背景
  • 第2章 本来の学問
    1. 自然科学の方法論
    2. 自然科学の困難
    3. 文系学問の困難
    4. ポストモダンの学問
  • 第3章 学歴エリート社会の罠
    1. マスコミエリートの倫理破綻
    2. エリートによる「弱者ごっこ」論法
    3. 利己主義の暴走
    4. 既得権益としての学問エリート
    5. 道具化する倫理
  • 第4章 ウソを見破る手立て
    1. 学歴エリートに騙されない方法
    2. 言論責任保証の試み
    3. 新たな技術が社会を変える
  • あとがき

確かに目次だけ見ると、類書と変わらないように見える。右の理系を両断し、左の文系を粉砕するといった趣きだが、本書が類書と最も異なるのは、以下の姿勢である。

p.9
われわれは、何かを信じなければ生きていけない。だから、疑うことを勧めるその次に、何を信じるか、あるいは信じられる社会を作るにはどうすればよいのかという点について理性的な指針を与えることが重要になる。そこを誤ると、既存の価値をすべて疑うように仕向け、その上で新たな教義を刷り込む新興宗教と同じ過ちを犯すことになる。

そうなのだ、「ウソ」本は、信じるものは騙される、騙されるものは愚かだ、愚かにならぬためにはこうしなさいという「疑う方法」は書いてあっても、「信じる方法」は書いてない。しかし、著者の掛谷英紀が言うように、われわれは、何かを信じなければ生きていけないのだ。懐疑至上主義では人間コスト割れなのだ。

率直に言って、本書は「読ませる」本ではない。学者らしく理路整然としてわかりやすい文章なのだが、華と毒に欠ける。このあたりは「世間のウソ」などと比較するとかわいそうなぐらいだ。

しかし著者の志の高さと、そしてそれを実現しようという心意気は、それを補ってあまりある。とはいえ、志だけならなんとでも騙せる。それでどれだけの善男善女たちが騙されてきたことか。掛谷英紀がすごいのは、その志を保証するための仕組みを作ってしまったことにある。

それが、本書の本当の主題である「言論責任保証」。そう。本書は文字通りの保証付きなのである。言論責任保証の仕組みに関しては是非本書を読んで各自ご確認いただきたいが、著者が言論責任保証協会を作り、その協会を通じて本書の言論の一部を保証しているのは本当である。

言論責任保証協会 - 06A0001
言責保証の対象にするのは、山田昌弘氏が著書『希望格差社会』(筑摩書房)で述べた20年後のフリーター博士の数の予測について、具体的数値をもって反論した部分である。

もちろん、この試みは、他にも数多く存在するはずの「信じることを保証する方法」の一つに過ぎず、言論責任保証協会という試みもかなり荒削りではある。見てのとおりWebサイトもはっきり言ってしょぼい。また本書の言論のうち保証となっているのはほんの一部であり、仮に著者が「負けた」としても、失うのは印税の20%、それも経費を控除した後である。大した割合ではない。そもそも印税10%というのは、今日の技術書の世界では滅多にないことで率直に言ってちょっぴりうらやましい。

しかし、この程度の思いつきすら、他はやっていなかったのである。

改めて驚くのは、著者の志の高さと反比例するかのような著者の立場の低さ。著者の掛谷英紀は筑波大学の講師。まことに失礼ながら、「たかが講師」がこれだけの重荷を背負っているのに、言いっぱなしでよしとするもっと偉い先生方はことごとく恥を知るべきだろう。

いや、まだ駆け出しで若かったからこそ出来たという意見もあるかも知れない。しかし、本書を「若さ故の過ち」にしてはならない。こういった志をそのように冷笑し蔑視し破棄してきたことこそ、今の浮世をウソだらけにしてきた一番の原因なのだから。保証なき品格も美しい国もクソくらえである。

もしこの人がドン・キホーテなら、私はサンチョ・パンサになってもいい。この本には、そう思わせるだけの力がある。

何か--特に学者--を信じたい、全ての人必携。もちろん、2024年に著者の間違いを嗤いたい人も。

Dan the Skeptic Believer

See Also:


この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
404 Blog Not Found:書評 - 学者のウソ
404 Blog Not Found:書評 - 学者のウソ【】at 2012年01月16日 23:06
子供のころ、以下を徹底すると早々行き詰まる。その時に思い出すべきことがら。 成長する子供がまず知るべき事実
成長が止まった大人が思い出すべき事実【404 Blog Not Found】at 2007年11月06日 16:39
学者のウソ掛谷 英紀ソフトバンク クリエイティブ735円Amazonで購入livedoor BOOKS書評/社会・政治_uacct = "UA-918914-3";urchinTracker(); とても刺激的な本だ。書名だけを見て、「けしからん」と怒る学者・研究者もいるかも知れないが、本書は単なる学者・学界批判だけ...
掛谷英紀「学者のウソ」【知られざる佳曲】at 2007年05月19日 00:04
ちょーさん熱く語る。 なぜ株式投資はもうからないのか 保田隆明
書評 - なぜ株式投資はもうからないのか【404 Blog Not Found】at 2007年03月20日 01:06
 孫引きになります、すみません。404 Blog Not Found:書評 - 学者のウソによると、掛谷英紀『学者のウソ』の9頁からの引用とのこと。 われわれは、何かを信じなければ生きていけない。だか
「洗脳」というキャッチーな用語の罠【モヒカンダイアリー「アップル通信」】at 2007年03月12日 23:08
『Not Found:書評 - 学者のウソ』 懐疑論的視点からも「何をどう信じるか」というテーマは奥深く難しいものです。 よく誤解されるものの、現代の懐疑主義者(哲学的懐疑論などを打たない者)は、何も信じないわけではありません。何もかもを疑うのならば、それはむしろ「猜
[ニセ科学][懐疑]何をどう信じるか【Skepticism is beautiful】at 2007年03月12日 15:45
学者のウソ 作者: 掛谷英紀 出版社/メーカー: ソフトバンク クリエイティブ 発売日: 2007/02/16 メディア: 新書 本日読了。 エリートたちは既得権益を守るため、自分たちの主張を通すため データを都合のいいように解釈し、自説・持論に使用しているという。 まぁ、みんなウ
[読書] 学者のウソ【WE ALL GET OLD - Naskin Diary】at 2007年03月09日 00:21
本日到着。早速読了 水はなんにも知らないよ 左巻健男 面白かった。少なくとも 水からの伝言の6.0221415 × 1023倍は面白い本だと思う。ちなみに「水からの伝言」、一応(ブックオフで)立ち読みしてみたけど、とても金出して買う気にはならなかった。
書評 - 水はなんにも知らないよ【404 Blog Not Found】at 2007年03月02日 16:45
 以下はhttp://blog.livedoor.jp/dankogai/archives/50761422.htmlより。私も献本を受けた一人として論評したい。著者の問題提起は「信じられる社会を作るにはどうすればよいのか」のようである。問題提起自体は同感である
信じられる社会を作るにはどうすればよいのか【マスコミ情報操作撃退作戦 メディアリテラシー研究会】at 2007年02月21日 09:05
INTER-GATE運営事務局です。いつも使っているタブブラウザが「よくフリーズ...
第72回目はネットのお役立ち情報??タブタブ【INTER-WEB】at 2007年02月13日 19:38
INTER-GATE運営事務局です。いつも使っているタブブラウザが「よくフリーズ...
第72回目はネットのお役立ち情報??タブタブ【INTER-WEB】at 2007年02月13日 19:37
毎日のニュースが盛りたくさん
今日の毎日ニュース【今日の毎日ニュース】at 2007年02月12日 06:55
書評 - 学者のウソ(404 Blog Not Found)本書のタイトルは間違っている。 本書の本当のタイトルは、「学者のウソとマコト」である。 献本に感謝すると同時に、このタイトルのまま本書を上梓してしまった関係者に猛省を促す。 本書「学者のウソ」のウソは、最近とみ...
本のタイトルは、「ウソ」でもよいのか?【ある編集者の気になるノート】at 2007年02月11日 16:43
この記事へのコメント
たしかに題名が2割引。
Posted by blog49 at 2007年06月29日 10:28
とても示唆に富む本だと思いました。いいと思おうが悪いと思おうが、ともかくこの本読んでこういうトピックについてみんなが考えてくれるといいですね。
Posted by SomeTwo at 2007年03月13日 23:35
すみません。トラックバック飛んでましたね。
前回飛ばなかったもので、今回もダメだったと即断してしまいました。
Posted by lets_skeptic at 2007年03月12日 15:55
なぜかトラックバックが飛ばないようなので、コメント欄に失礼します。
『何をどう信じるか』というエントリで、本エントリに言及させて頂きました。
http://d.hatena.ne.jp/lets_skeptic/20070312
Posted by lets_skeptic at 2007年03月12日 15:48
http://homepage3.nifty.com/kinmirai/essay07/0227.html
http://grape.astron.s.u-tokyo.ac.jp/pub/people/makino/journal/journal.html
からきました。

牧野さんのコメントにマジレスしていて、ぶっちゃけ講師止まりなのは当たり前のような気がしました。内田風にいうなら「問いの次元」が違うの。

あともう一つ。子飼さんの書評を信頼していない人もいることにもう少し敏感になるべき。むしろ評価している本については「評価しているからこそ、この本ダメだな」と思うような私のような人もいるわけで、上の質疑応答その2なんかは、子飼氏の名前が出てきた瞬間に「あ〜〜」ってな感じでしたね(第2段落で終了(笑))
Posted by 通る人 at 2007年03月10日 11:00
>「騙される側の騙されない(メディアリテラシー)能力を高める」しか方法はないと考えるからである

そこで「つっこみ力」ですよ。
Posted by そふ at 2007年02月21日 01:31
私も献本を受けた一人として論評したい。著者の問題提起は「信じられる社会を作るにはどうすればよいのか」のようである。問題提起自体は同感である。しかし、方法論には賛同できない。「言論責任保証」は言論側に責任を負わせることのようであるが、私はそれよりも「騙される側の騙されない(メディアリテラシー)能力を高める」しか方法はないと考えるからである。また国家・国民の命運を左右する可能性の高い、いや現実に甚大の害毒を及ぼしているイデオロギー問題を回避しているように見えるところが気にかかる。しかし、著者の試みが結果としてメディアリテラシー全体への関心を高め、ひいては「騙される側の騙されない(メディアリテラシー)能力を高める」ことに繋がることになれば喜ばしい限りである。
Posted by 知足 at 2007年02月20日 11:17
「しかし、この程度の思いつきすら、他はやっていなかったのである。」
という荒っぽい論法に驚いた。これで納得しちまうような人は、
小泉劇場の「この程度の郵政改革ができないようでは...」という
荒っぽい言い方にもころっと納得しちまったんだろうね。
大衆政治家にはふさわしい言葉遣いだが、小飼さんにはふさわしくない。

信じるものを選ぶという営みは、もっと命懸けのことだと思う。
ちょっとした金を賭ける、というような小細工が、真摯に考えることの
代用になるとは思えない。冒頭に引いた口舌を真似るなら、
「この程度の思いつきがうまく行くならば、太古の昔からそうしていた筈だ」

本質的には「無責任な言論」を罰したいと思っている人達が、さすがに
正面から言論の自由を否定するわけにはいかないから、心情と憲法との
妥協の産物として「言論責任保証」というマヌケなものを発明したので
はないか、と僕は疑っている。
Posted by Kei at 2007年02月18日 14:22
ご紹介された書籍はとてもすぐれたものでした。またブログの志が高く、卓越した意見に満ちていますね!

最近本物が少なくなり、学者やマスコミ、コンサルタント、コメンテーター等々の机上の空論だらけ。でも最近話題の、客が客を呼ぶ集団感染の仕掛けっていう書籍、タイトルはあえていかがわしいにおいを漂わせているのですが、中身はめずらしく本物でした。志が高く、エゴの破壊、求道っていう感じでした。本のタイトルは本当に難しいですね
Posted by 志 まことのこころ at 2007年02月18日 09:17
自分がこの本のタイトルを任されて、
学者のウソ と出来るかどうか・・・

学者のウソとホントあたりのニュアンスの
ものにしてしまいそうです。
Posted by 。 at 2007年02月15日 11:34
「ウソとマコト」としたとたんに
タイトルとしてのインパクトが
著しく損なわれるわけで…

新書は特にタイトル勝負ってことで。
Posted by runbini at 2007年02月12日 11:08
この本、おもしろそうですね。
買ってみようかな、、、
Posted by sato-kichi at 2007年02月11日 16:19
マコトへ至る道はウソへ至る道を熟知することである。
Posted by ファン at 2007年02月11日 13:37