2014年04月06日 09:00 [Edit]

書評 - The End of Poverty

もっと早く読んでおくべきだった。

2007.02.22 初出
2014.04.06 邦訳文庫版上梓につき再掲

まだ読んでいない人は、原著でも邦訳でもいいので読んで欲しい。


本書「貧困の終焉」、"The End of Poverty"は、同じ"The End"でも The End of History and the Last Manとは対極にある。このEndは、「終わり」という自動詞ではなく、「終わらせる」という他動詞である。何を終わらせるか?貧困である。実に単純にして明解だ。

p.1
This book is about ending poverty in our time.

日本語にすると、

死んでしまったら私のことなんか誰も話さない: ジェフリー・サックス「貧困の終焉」
ジェフリー・サックス「貧困の終焉」は、「私たちが生きているあいだに世界の貧困をなくすことについて書かれた本である。」

ということだ。著者のSachsは、それが今可能であり、具体的にどうしたらそれが可能になるかを本書で呈示している。400ページ弱の本だが、その主張が単純にして明解で、すこぶる読みやすい。邦訳(本entry現在4,513位)だけではなく原著(4,585位)の売れ行きもよいのはそのためだろう。

本書では、その費用はOECD諸国がGNIの0.7%であり、充分可能な数字であると説いている。もちろんこれは必要条件の一つであって、一万円のうち70円を援助にあてればそれでおしまいというわけではないことは本書に詳しく書いてあるが、その費用が意外と小さいことは注目に値する。

本書がなぜ400ページ弱もあるもう一つの理由が、懐疑論にきちんと答えていること。「援助しても無駄に終わるのではないか」「自国の貧困も終わっていないのに、他国の貧困を終わらせる余裕はあるのか」「9.11のテロリストたちは裕福な家庭で育った。貧困の終焉はテロリズムの終焉にならないではないか」....こうした懐疑論にきちんと受け答えするのには、これだけのページが必要だったのだ。

しかし、本書のエッセンスは一ページどころか一段落に収まるほど簡単で、強い。貧困を終わらせる事はできるか?Yes.貧困を終わらせるのに必要な資金は捻出できるか?Yes.貧困は終わらせるべきか?Yes.

ただし、最後の主張、「貧困は終わらせるべきか」に関しては、もう少し解説して欲しかったようにも思う。「そんなの当たり前」というなかれ。「貧困は悪」というのは確かに多くの社会で通念となっているが、自明とまでは言い切れない。「貧困が人を強くする」という精神論や、「貧困は個人の能力の結果」という意見も根強い。

私は、「貧困は悪だから終焉させる」という道徳論より、「貧困を終焉させることで、持てるものの活路も広がる」という利益誘導の方が、貧困の終焉への近道だと思う。Sachsは特にアメリカ人に対して、テロリストと戦うよりも貧困と戦った方が安全保障上も有利だと説いて、一応の「利益誘導」はしている。確かに合州国の問題は最大の問題ではあるのだけど、国外の読者としては少々物足りない。

それでは、日本が貧困の終焉に対して投資額を大きくする理由はあるのか?充分すぎるほどある。こうした極貧国が成長過程に入れば、その投資効果は先進国に対するそれよりも大きいのだ。早い話、国内で公共投資するより、これらの国に公共投資してそこから利潤を得た方が効率がいいのだ。

日本が投資すべき金額は、0.7%とすると毎年3兆5000億円。これは小さからぬ金額であるが、年金の積立金は、厚生年金が138兆円、国民年金が97兆円もあるのだ。この運用のごく一部を回すだけで、日本の負担分は間に合ってしまう。

もっとも、日本に対する提案が不足しているのは、本書の欠点では全くない。それは日本人の仕事であってSachsの仕事ではないのだから。本書が重要なのは、その仕事を、今する価値があるということを説いた事にあるのだ。

p.368
Let the future say of our generation that we sent forth mighty current of hope, and that we worked together to heal the world.

こういう直截的なメッセージは、本当は経済学者ではなく政治家から聞きたかった。

貧困を終焉させたい人も、そんなことは不可能だと思っている人も、貧困という言葉に対して何かしら感じるすべての人に。

Dan the Wishful Thinker


この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
早川書房より献本御礼。 地球全体を幸福にする経済学 Jeffrey Sachs / 野中邦子訳 [原著:Common Wealth] 邦訳はずいぶんと大風呂敷なタイトルであるが、賄えないほど大きすぎる風呂敷でもないし、確実に元がとれる風呂敷でもある。 しかし、未だ存在していな....
Common Wealth - 書評 - 地球全体を幸福にする経済学【404 Blog Not Found】at 2009年08月12日 17:08
とてつもない。 貧困のない世界を創る Muhammad Yunus / 猪瀬弘子訳 [原著:Creating a World Without Poverty] すごい人だとは知っていたつもりだったが、すごいを通り越してとてつもない人だとしか言いようがない。よって本書はスゴ本ではなく、トテツモ本であ...
四半世紀後のために、今日読んでおくべき一冊 - 書評 - 貧困のない世界を創る【404 Blog Not Found】at 2008年11月25日 05:51
日経BP川口様より献本御礼。 最底辺の10億人 Paul Collier / 中谷和男訳 [原著:The Bottom Billion] サバイブSNS第1回オフ会当日に届いた。なんというシンクロニシティ。 現時点において、最貧国問題に対する処方箋としてはもっとも説得力のある一冊だと感じた...
救われたかったら、救え - 書評 - 最底辺の10億人【404 Blog Not Found】at 2008年06月29日 23:53
404 Blog Not Found:書評 - The End of Poverty
404 Blog Not Found:書評 - The End of Poverty【oryzaの環境備忘録】at 2007年02月22日 13:12
この記事へのコメント
財源に関しては、消費税を1%上げるというのはどうでしょうか。徴収された税金の投入先を政府が1月毎に発表していけば、我々の税金が世界に貢献している実感を国民が得ることができ、国民の支持も得ることができると考えます。国民1人当りにかかるコストを考えると我が国の格差是正に必要な投資より、貧困国に投資した方が投資対効果が大きいことから、将来の日本経済の発展にも寄与すると考えます。
Posted by ptfe at 2007年03月02日 09:15
通りすがりさん、
Thanks, fixed.
Dan the Typo Generator
Posted by at 2007年02月24日 20:45
and the we work → and that we work
Posted by 通りすがり at 2007年02月24日 14:26
私は、現実はそれなりに合理的だから、今現に貧困があるということも、それなりの理があってのことなのだろうと思います。仮に貧困がない状態が達成されたとして貧しい人々がそれを維持できるでしょうかね。私は彼らはそうして(せっかく?)手に入れた貧困のない状態を自らの意志で誇り高く唾棄し元の貧困へ嬉々として帰っていく気がします。善し悪しは別として。
Posted by bun at 2007年02月24日 11:51
ジェフリー・サックスのアドヴァイスに耳を傾けたばっかりにソ連解体後のロシア経済が大混乱になったのを弾さんは、ご存じないんですか。失敗の前科のある経済学者なんですよ。
『強奪されたロシア経済』(日本放送出版協会、2003年)を弾さんはお読みにならなかったのですか?
Posted by miwako at 2007年02月23日 11:21
この本を読みましたが、ちょっと自慢話が多すぎて冗長なのは良いとしても、いくら一般向けに書かれたものであってももっと具体的な指針が必要だったように思います。ロンボルクと似た性格の名著・迷著のように思います。
Posted by Stingray at 2007年02月23日 11:09
サックスの「中央集権的アプローチ」が貧困を終わらせるかどうかは疑問ですね。TBが飛ばないようなので。

http://blog.goo.ne.jp/ikedanobuo/e/c9e74e9f589a742cd30e4c14be374368
Posted by 池田信夫 at 2007年02月23日 09:15
まだ読んでないので悪しからず。
このようなタイトルの本を書いたご本人が、ロシアを含め多数の国々の貧困を生み出していたことについて、日本では研究もされていないのだろうか。
Posted by とおりすがり at 2007年02月23日 01:51
一年で出せば3.5兆でしょうが、35年なら年1000億、10年でも3500億で、国家予算規模からすると端金ですね。
人道援助・インフラ・借款・安全保障、と名目分けて攻めることも考えると、不可能ではあり得ないとおもいますが。(勿論簡単だとは言いませんが)
Posted by sw at 2007年02月22日 22:42
本筋とは関係ないですが…
国民年金の積立金は9.7兆円ですね。
Posted by あと3年の命 at 2007年02月22日 21:18
日本の富裕層は大雑把に140万人。
年間250万円「寄付」していただければ解決です。
Posted by MAT.N at 2007年02月22日 17:20
3兆5000億というと、ちょっと前もめた道路特定財源の国庫分とほぼ同額。さて、実際問題弾さんならどうやって捻出しますか?

自民党では無理。民主のマニフェストに入れさせられますか? それが無理なら暖冬ならぬ「弾党」を作って国政を牛耳りますか? それ以外の方法で運用益の一部を振り向けられればいいのですが...

いずれにせよ、絵に描いた餅ではなくそこへいたるロードマップも欲しいところです。
Posted by ふにゃ at 2007年02月22日 12:54