2007年03月02日 00:00 [Edit]

書評 - 数に強くなる

[初出2007.02.27; 暫くトップページに表示]

最高!

間違いなく、畑村洋太郎の最高傑作。「面白い」と「ためになる」を双方満足させる本としては、この一年、いや数年で最高の本かも知れません。


本書「数に強くなる」は、技術の伝え方に関しては横綱である畑村洋太郎が、さらに具体的で生活密着度が高く、それでいて難しいとされる「数」に挑んだ本。「数学」ではなく「数」というところが一段難しい。類書は数多いが、その中では本書が最高得点かも知れません。

岩波新書 数に強くなる

この本を読んでほしい人

  • 「数字なんて大ッキライ」という人
  • 数字を見ると、ジンマシンが出てくる人
  • ビジネスマンの人(できるなら逃げたいが、仕事で数と向き合わざるをえない人)
  • 家庭の主婦(数学は苦手だったけど、数の世界には少し気がひかれる人)
  • 中学生、高校生、大学生(本当の「わかる勉強」がしてみたいと思う人)
  • 学校で算数や数学を教えている先生
  • 数や数学に、すっかり自信を失ってしまった人

駄目ですよ、岩波さん。本書のマーケットは、そんなに狭くありません。本書は、上の逆の人々、すなわち

  • 「数字大好きっ」という人
  • 数字を見ると、ヨダレが出てくる人
  • ニートの人(できるならこのままでいたいが、世の中の空気と向き合わざるをえない人)
  • 負け犬(数学は得意だったけど、それ以外の世界に少し気がひかれる人)
  • 子供と老人(本当の「わかる勉強」がしてみたいと思う人)
  • 学校で算数や数学以外を教えている先生
  • 数や数学に自身を持っている人

も立派な対象です。早い話、

日本語を読める人全て

が対象です。

ITmedia Biz.ID:複利計算を“暗算”で行う」とか「Life is beautiful: ソフトウェアの仕様書は料理のレシピに似ている」とか「〜のまとめ」とか一生懸命ぶくマしているみなさん、その手を休めて本書を手にしてみて下さい。こういった「数の知恵」がぎっしり詰まってますから。しかもこちらは満員電車でもトイレでも読めますし、新書なので片手でも読めます。

気合いが入っているのは著者だけではありません。岩波新書編集部の方もそうです。岩波というと、内容はきっちりしているけど小難しくて高飛車だという印象があります。こんな感じですか。

Horror&SF - coco's bloblog
iwanami-san

しかし、本書はこんなです。

Horror&SF - coco's bloblog

COCOさん、無断使用失礼しました。

そう。すごくいい意味でハジけているのです。畑村ポンチ絵はあいかわらずですし、そして「蛇足」コーナーには、足の生えた蛇のアイコンが必ずまちうけています。これがかわゆい。立ち読みするとなんか光文社新書とかを彷彿とさせますが、表紙はまぎれもない岩波新書。ただし新装版です。おそらく本書は新装版岩波新書のキラータイトルとなることを最初から期待されていたのでしょう。「組織を強くする技術の伝え方」をはじめとする一連の畑村シリーズが、講談社現代新書のキラータイトルとなっているように。岩波新書GJ!

本書を読むと強くなるのは数だけではありません。ものごとを楽しむ力も強くなるのです。

強くなりたい人、是非一冊。強くなれます。もう強い人も、ぜひ一冊。やさしくなれます。

Dan the (Browse|Read|Use)r


この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
この本もおもしろかったなー。
[本]数に強くなる【Bugle Diary】at 2010年07月25日 11:13
ろぐすけは数とか計算とか数学にめっぽう弱いです。 学生時代色々習いましたけど、今出来る事は四則演算だけですな。 そんな数に弱いろぐ...
「数に強くなる」【読書の花道。】at 2010年05月21日 08:12
基本情報技術者の勉強をしてるなかで、「数」に関わる分野(コンピュータ基礎科学など)の勉強に苦労しているもので「数」関係の本を読もうの..
畑中洋太郎『数に強くなる』【Stay Hungry, Stay Foolish】at 2009年08月13日 22:34
数に強くなる (岩波新書 新赤版 1063) 作者: 畑村洋太郎 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 2007/02 メディア: 新書 404 Blog Not Found:書評 - 数に強くなる で絶賛されていたので購入。 結論を先に。 こんなに面白いとは思わなかった。 「数に強くなる」というタイトルは
[本]「数」恐るるに足らず!【shimozappaの日記】at 2008年06月04日 21:54
数に強くなる (岩波新書 新赤版 1063)(2007/02)畑村 洋太郎商品詳細を見る 数は最高に抽象的になれる道具だと思う。数をもっと知ることによって、...
数に強くなる (岩波新書 新赤版 1063)【hobo-sickboy-】at 2008年04月21日 06:47
双方とも、ディスカヴァー社一同より献本御礼。 ビジネスマンのための「発見力」養成講座(右) ビジネスマンのための「数字力」養成講座(左) 小宮一慶 うーん、困った。 両書ともなかなかの好著で、しかも両方併せて読むと1+1≪2となってますますいい。 のだけ....
ペア書評 - ビジネスマンのための「(発見力|数字力)」養成講座【404 Blog Not Found】at 2008年03月27日 08:23
あたた。失敗してしまった。 失敗は予測できる 中尾政之 何がって、今年08月20日発行の本書を、今ごろになって書評する羽目になったことが。 これは、失敗する可能性がある人であれば誰もが目を通すべき一冊である。
失敗学ドリル - 書評 - 失敗は予測できる【404 Blog Not Found】at 2007年11月25日 23:43
こちらはかなり楽しめた。 食い逃げされてもバイトは雇うな 山田真哉 はっきり言ってさおだけ屋よりよっぽど面白い。
書評 - 食い逃げされてもバイトは雇うな【404 Blog Not Found】at 2007年05月16日 08:50
数に強くなる 畑村洋太郎 岩波書店 算数や数学と聞くと「・・・」と腰が引け気味になる人は多いと思うが、私もその一人。 数字があって平明で楽しい解説がつけられていると楽しめるが、実際に数字を扱うとなると...
【本】数に強くなる/畑村洋太郎【特別-the blog-】at 2007年05月06日 21:03
これ見て「本が好き!」を見たらまだ在庫があったので申し込んだら... 暗算の達人 A. Benjamin / M. Shermer / 岩谷宏訳 [原著: Secrets of Mental Math] 煩悩是道場 - 暗算の達人そんな私がこの本に出会う事によって暗算を楽しいと感じるようになっ...
書評 - 暗算の達人【404 Blog Not Found】at 2007年03月16日 02:00
数に強くなる 優秀な経営者やリーダーは自分の中に独自の計算感覚を持っているという。 計算できない(|しない)人は東京ドーム何杯とかというレベルじゃなくて 身近な単位で計算してみなさいと。 ちゅーことで通勤電車でやってみた。 1両に(7人掛け座席×3+3人掛け座
[読書] 数に強くなる【WE ALL GET OLD - Naskin Diary】at 2007年03月15日 00:42
僕が数学で落ちこぼれたのは、高校時代。 高1の「不等式の証明」でチンプンカンプ...
畑村洋太郎:数に強くなる【わりとよくあるタイプのブログ】at 2007年03月04日 02:06
この記事へのコメント
いまだ数に強くならず。がんばります。
Posted by blog49 at 2007年06月29日 10:30
弾さん、本当に数学書好きですね。これ、面白そうなので是非読みます。
私もときどき惚れる数学書に出会うのですが、一番は、講談社現代新書の
『数の不思議/草場公邦』
でした。って、まあ、何か間違い記述があっても私の数学力じゃ、
わからないし、1983年と古いこともあってどこにも書評がないので書評欲しいなー、
と思ったりします。
一昔前の数学の新書を探索するのも、結構楽しいですよ〜
Posted by 読者a at 2007年02月28日 06:37
失敗学のという冠が要らないくらい多様に活躍されている畑村さん。数学系の本は私と同じ考えも多いのでではありますが、素数の気持ち悪さとか、回りくどくてうんざりされるところもありました。しかし、そこは岩波新書直接的で癖がすくなく仕上がってそうですね。

殿様が召し上がる秋刀魚くらい、油が抜かれていても畑村氏の数学論は灰汁が強いので。
Posted by 坂本多聞 at 2007年02月28日 01:42